クリスマスは洋楽で決まり!人気&定番曲10選!

2017年12月07日更新

「椎名林檎/人生は夢だらけ」母の〇と娘の〇で着飾った姿が泣ける…!セルフカバー曲MVが解禁!

個性的な歌で私たちを魅了してくれる椎名林檎さん、知名度は抜群ですね。そんな椎名林檎さんがこのたびリリースしたのが、「人生は夢だらけ」です。感動する!と呼び声高いMVをぜひチェックしてみてください。

個性的な歌詞と歌声が魅力!椎名林檎ってこんな人


椎名林檎」、その名を知らない人などほとんどいないのではないでしょうか。


休業はあったものの、鼓膜を貫く独特の音楽性は、いつも私たちを椎名林檎ワールドに引き込んでくれます。


そんな椎名林檎さん、いったいどんな人物なのか見てみませんか。

基本的なプロフィール

椎名林檎さんは埼玉で生まれ、静岡県、福岡県で育ちましたが、音楽活動を始めたのは福岡県と言うことです。


高校1~2年生のとき、「ここでキスして。」や「ギブス」などをJASRACに著作者登録する際、著者名が必要となったため一時的に使用したのだそうです。


子供の頃は恥ずかしがり矢で、先生に挨拶をするときでさえ、顔を真っ赤にしていたことから、林檎という名前をつけたそうですが、諸説あるようです。


デビューのきっかけは東芝EMIの制作ディレクターの篠木雅博さんが、九州の宣伝マンから推薦を受け、現場を任せたことだそうです。


ただ当初は年配者には受け入れられないと言う意見と、拒否する製作側でもめたため、体制を立て直すことになりました。


椎名林檎さんの個性を生かすために、従来のやり方ではだめだと考えた篠木さんがベーシストの亀田誠治さんを紹介し、作業をゆだねたのです。

休業を経て…

椎名林檎さんは2001年から休業しています。


最初は産休と考えられていましたが、実は引退、家庭に入ることを考えていたそうです。


しかし契約や義務などを考え、周囲からも音楽活動を続けるよう求められました。


しかし椎名林檎さんはモチベーションが上がらず、バンド・東京事変を結成、ある程度の縛りを自分に与えます。


ちなみに辞めようと思った理由は、当時の日本では、椎名林檎さんの曲が彼女自身の思う方向に受け止められないということがあったようです。

あのときの女の子の存在

椎名林檎さんはその後リオ五輪の閉会式で、音楽監督などとしてかかわるなど活躍しました。


そんな椎名林檎さんの中には、常に「あのときの女の子」がいるといいます。


高校1年生の椎名林檎さんは、同い年の女の子が自殺したというニュースにショックを受けます。


もしかしたら時代の犠牲者だったのでは?自分と何が違ったのか?決定打があったのか?など自分と関係ないとは思えなかったそうです。


このショッキングな事件があり、引っ掛かりを覚えた椎名林檎さんは「消えたい」という女の子の気持ちを今の状況で考えたいと思うようになったのです。


そんな椎名林檎さんは、ネットで自分の評価などを見るとき、そのときの女の子がいるのではと思うのだそうです。

12月6日発売!「人生は夢だらけ」ってこんな曲

2017年12月6日発売の「人生は夢だらけ」は『逆輸入~航空局~』の1曲目に収録されています。


セルフカバー曲として話題の「人生は夢だらけ」ですが、いったいどんな曲なんでしょうか。

CMソング「人生は夢だらけ」

2016年に放送されたかんぽ生命のテレビCM「人生は、夢だらけ。」を覚えていますか?


高畑充希さんが出演、歌唱したことで話題を呼びましたね。


今回発売される椎名林檎さんの「人生は夢だらけ」は、そのセルフカバーなんですよ。

MV解禁!母の○と娘の○に注目

MVの監督は児玉裕一さんが務めました。


児玉さんは演出家として椎名林檎さんだけではなく、安室奈美恵さんやPerfumeらのMVを手がけています。


CGを自然と取り入れる技法が支持されており、今後も多くのアーティストのMVを手がけていくことでしょう。


「歌っているところを撮れば、それだけで本人の”今”を映し出せるだろう」と言い、そのリアリティをロックと表現したのです。

母の○と娘の○

MVでは椎名林檎さんが緑色のコートに長い首飾りを何重にも巻いています。


椎名林檎さんらしい格好だなと思う方もいるかもしれませんが、実はこのコートは椎名林檎さんのお母様から貰い受けたものだそうです。


およそ45年前に買った、いわゆるヴィンテージものなんですね。


さらにネックレスは、4歳になる椎名林檎さんの娘さんが、針と糸を使って作ってくれたのだそうです。


お母様の娘を思う気持ち、娘さんのママを思う気持ちを考えると、涙を流さずにはいられないでしょう。

ピアノをバックに始まる歌

歌詞情報はまだありませんが、MVは解禁されています。


MVでは椎名林檎さんの「大人に」の独唱に重なるようにピアノの伴奏が流れます。


まだ暗い空間ですが、徐々に明るくなっていくと、ピアノを弾いているのが実は小さな子供だと言うことがわかります。


ピアノの回りを歩いたり、ピアノに手をかけたりもたれたりしながら、歌はどんどん進んでいきます。


やがて都会の雑踏に紛れ込んでいく椎名林檎さんへシーンは変わり、タイトルが浮かび上がるのです。


背景にある建物から、場所は有明と言うことがわかるでしょう。


途中ドット柄の背景に変わるなど、いろいろありますが、途中からフルートやクラリネットを吹く人が映し出されます。


見た目は非常にシンプルでわかりやすいMVですが、監督が込めた思いがそのまま伝わってくるようです。

まとめ

椎名林檎さんの「人生は夢だらけ」のMVを見ると、2016年に放送されたかんぽ生命のCMを思い起こさせられるようです。


椎名林檎さんの素の表情を見るような「人生は夢だらけ」、ぜひ一度ご視聴ください。

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索