野田洋次郎さんは楽曲提供に加えてコーラスとしても参加されております。
全て日本語で書かれた歌詞と、柔らかなメロディーとサウンド、
そしてAimerさんと野田さんの優しい歌声が楽曲全体を温かに包んでいると感じます。

この曲を最初に聴いたとき、
"蝶々結び"という言葉で一つの曲を作れてしまう事がとても凄いなと思いました。
単なる一つの作業に思える"蝶々結び"ですが、
作詞をされた野田さんは何を表現し、何を伝えたかったのでしょうか。

歌詞を区切りながら、その理由を解釈していきたいと思います。

1番

片っぽで丸を作って しっかり持ってて
もう片っぽでその丸の後ろを ぐるっと回って

間にできたポッケに入って 出て来るの待ってて
出てきたところを迎えにきて 「せーの」で引っぱって

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-160914-130

どうやったら蝶々結びが出来るか、
という説明のような歌詞になっています。

輪っかのことを"ポッケ"と表現したり、
"迎えにきて"と言ったり。
慣れている人にとっては数秒で終わる蝶々結びですが、
"せーの"という掛け声を入れたりすると、
なんだか壮大なことのように感じますね。

実際の蝶々結びは一人で出来ることですが、
この歌詞は2人でやる共同作業として書かれていますね。

はじめはなんとも 情けない形だとしても
同じだけ力を込めて

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-160914-130

結ぶ前はただの糸。
同じ力で両方を引っ張ることで、
きれいな蝶々結びになりますよね。

羽根は大きく 結び目は固く
なるようにきつく 結んでほしいの

腕はここに 思い出は遠くに
置いておいてほしい ほしいの

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-160914-130

サビの前半は今までのような蝶々結びを綺麗に作るための
"説明"になっていましたが、
後半部分は表現が変わっているように感じます。

今を見てほしい、思い出は置いてきてほしい、

という事でしょうか。

2番

片っぽでも引っ張っちゃえば ほどけちゃうけど
作ったもの壊すのは 遥かに 簡単だけど

だけどほどく時も そう、ちゃんと 同じようにね
分かってるよ でもできたらね 「せーの」で引っ張って

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-160914-130

片っぽを引っ張ったら簡単にほどけてしまう。
作るときは同じ力で引っ張らないと綺麗な形にはなりません。

作るのは難しいけど、ほどくのは簡単。

ほどくんだったら、
「せーの」
と言ってほしい。

同じタイミングでほどきたい、
というメッセージのようですね。

蝶々結びの作業は恋愛のよう


ここまでを見ると、
この歌詞は恋愛に例えられていることが読み取れます。

付き合うまではお互い相手の気持ちを探りながら
徐々に距離を縮めていく。

どちらか一方ではなく、
お互いが同じ気持ちで近づいていって、
結ばれる。

結ばれるまでに時間はかかるのに、
別れてしまうのは一瞬。

どちらかの気持ちが離れてしまえば、
蝶々結びのように簡単にほどけてしまいますよね。

ほどけやしないように と願って力込めては
広げすぎた羽根に 戸惑う

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-160914-130

離れたくない、結ばれたいと強く思うと、
変に考えを巡らせて、
空回りしてしまうこともあります。

そうすると羽が大きくなってしまうように、
どんどん形が崩れて、
距離が遠くなってしまうのではないでしょうか。

結果的に、
どうしていいか分からなくなってしまうこともあります。

羽根は大きく 結び目は固く
なるようにきつく 結んでいてほしいの

夢はここに 思い出は遠くに
気付けばそこにあるくらいがいい

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-160914-130

同じ大きさの大きい羽、
真ん中はしっかり結ばれていることが理想。

"夢"、とは未来の事とも取れると思います。
過去の思い出は遠くに置き、あなたと未来を見ていたい、
ということではないでしょうか。

黙って引っ張ったりしないでよ 不格好な蝶にしないでよ
結んだつもりがほどいていたり 緩めたつもりが締めていたり

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-160914-130

今までの歌詞の書き方とは少し違っていて、
主人公の相手に対する気持ちが強く表現されています。

黙って離れていってほしくない。
気づいたら不格好になっていたくない。

結ぶときは同じ力を込めて、
緩めたいときも同じ力を込めたい、

という感情でしょうか。