ウジ(WOOZI)

【ウジ】SEVENTEENの楽曲を作詞作曲♪ボーカルチームリーダーも務める天才肌のエピソードを紹介の画像

“セブチ”こと、韓国の大人気男性アイドルグループ「SEVENTEEN」。

その歌の重要部分を担当しているのが“ウジ”

パッと見グループで一番小さくて真っ白で、真面目そうなイメージの彼。

しかし、その性格はセブチ1男らしい……!?

他にも、ボーカルチームのリーダーを担当していたり、楽曲の作詞作曲を行なっていたり。

もはや天才……?というほど才能溢れるウジくんについてご紹介いたします!

プロフィール

まずは基本的なプロフィールから見ていきましょう。

【ウジ】SEVENTEENの楽曲を作詞作曲♪ボーカルチームリーダーも務める天才肌のエピソードを紹介の画像

本名:イ・ジフン
生年月日:1996年11月22日
血液型:A型
身長:165cm
体重:54kg
出身地:釜山広域市
ポジション:ボーカルチームリーダー、リードボーカル
練習生期間:5年

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/SEVENTEEN_(音楽グループ)#WOOZI_ウジ

本名はイ・ジフン

そのため、ファンの間では“ウジ”の他に“ジフン”とも呼ばれています。

現在の年齢は日本では21歳、韓国では22歳です。

韓国は数え年なので、1〜2歳ほど差があります。

血液型はA型。

最近では血液型占いには信ぴょう性はない、というのが主流となってきました。

しかし、それでもなんとなくウジくんを見ると「ああA型っぽいな〜」となってしまいます。

実際、慎重で真面目なタイプなので、偶然にも当たっているのかも?

身長は165cmと意外と低くない

もっと小さいのかな?と思いきや、ちょっぴり小さい程度のようです。

他のメンバーの背が高すぎるんですね。

本人も比較されることが多く、苦労していることでしょう。

実際、そのパッと見の身長の低さから最年少メンバーとして見られがちのようです。

確かに私も最初は彼が最年少なんだと思っていました……。

【ウジ】SEVENTEENの楽曲を作詞作曲♪ボーカルチームリーダーも務める天才肌のエピソードを紹介の画像

釜山出身の男らしい性格

ウジくんはソウルではなく、韓国の南東部に位置する釜山(プサン)出身

そのため釜山の方言がたまに出ます。

ソウルで話される韓国語と釜山の方言は、日本語でいうと、標準語と関西弁くらい違うようです。

そんな釜山の方言は、男の人が話すと“男らしい”印象なのだとか。

その効果もあってか、ウジくんは意外にも“とても男らしい”性格をしています。

基本的な性格は、真面目でクール。

落ち着きがあってお兄さんらしい振る舞いも多いです。

そして仕事へのプロ意識や情熱は誰にも負けません。

実際、メンバーからも“1番熱心に仕事をするメンバー”として選ばれています。

まさに、釜山の“男らしい”男性ですね。

カッコいいです。

ボーカルチームのリーダー

【ウジ】SEVENTEENの楽曲を作詞作曲♪ボーカルチームリーダーも務める天才肌のエピソードを紹介の画像

ウジくんといえば、歌。

彼はボーカルチームのリーダーとしてSEVENTEENを引っ張っています。

ボーカルチームとは、ウジ、ジョシュア、ジョンハン、ドギョム、スングァンの5人で構成されているセブチ内のチーム。

略して“ボカチ”と呼ばれます。

名前の通り、歌のパフォーマンスに特化したチームです。

個性ある歌声が重なり合った時、とても美しいハーモニーが生まれます。

ファンからの人気もとても高いチームですね。

そんな素晴らしい歌声を持っている面々を取りまとめているのがウジくんです。

歌の実力から性格まで、全てを認められていないと出来ないポジションですよね。

メンバーからの信頼が厚さが窺えます。

ファンとしてもウジくんがリーダーなのは頷けます。

とても信頼の置ける、頼り甲斐のある素晴らしいリーダーです。

[M/V] SEVENTEEN(세븐틴) _ SVT VOCAL TEAM - '바람개비'

SEVENTEENの楽曲を作詞作曲