実在する公園を楽曲名にしたback numberの「西藤公園」って

back number楽曲「西藤公園」は、実在する群馬県太田市の公園が舞台になっています。

「西藤公園」の舞台になっている、群馬県太田市の西藤中央公園は広場や野球場などがある公園です。

back number「西藤公園」は、恋人同士がこの公園内を歩いた設定の歌詞になっていますね。

back numberのおもなメンバーは群馬県出身ということにちなんでいると、言われてます。

back numberの「西藤公園」ゆかりの西藤中央公園はファンの聖地

A post shared by も も の 花 (@monohna) on


好きなアーティストにちなんだ土地を、観光する方が多いと言われていますね。

back numberの主なメンバーは、群馬県太田市の出身です。

太田市は、back numberのファンがメンバーにちなんだ土地として観光する方が多いとか。

とくにインディーズ時代の名曲と言われる「西藤公園」にゆかりのある、西藤中央公園はファンの足が絶えないそうですよ。

back numberの名曲「西藤公園」の続編は「花束」?

back numberのインディーズ時代の名曲「西藤公園」。この楽曲に続編があることをご存じでしょうか。

back numberのファンの間では、やはり人気楽曲のひとつ「花束」だと言われていますね。

結婚式の披露宴などで披露されることの多い楽曲、「花束」。

永遠の恋人同士の幸せを意味する歌詞が、印象的な楽曲ですね。

back numberの「西藤公園」と「花束」はこうしてつながっています

A post shared by azusa (@te.to_te) on


back numberの「西藤公園」は、フレーズ"僕は君が"で終わります。

そして「花束」は、"僕は君が好きだよ"のフレーズで締めくくられています。

「西藤公園」の最後のフレーズの続きは、「花束」の最後の歌詞に隠されているのです。

back numberの「西藤公園」の歌詞を紐解いてみた

まるで女性の心をそのまま歌詞にしてしまったような、back numberの「西藤公園」

back numberならではのギターと男性ボーカルで、さらりと歌われています。

"女々しい"歌詞の曲と言われている、「西藤公園」の歌詞の意味を紐解いてみます。

僕でいいくらいは言わせてみたいのさ

僕がいいだなんて君は言わないかな
でも
僕でいいくらいは言わせてみたいのさ

出典: https://twitter.com/ren____basket/status/881437174494773256

back numberの楽曲「西藤公園」にあやかって、群馬県太田市の西藤中央公園にはデートを楽しむカップルが多いとか。

デート中、カップルはどのような会話をするのでしょうか。

公園の景色の美しさだけでなく、お互いの相手への気持ちも確かめたいものですね。

ときには、お互いの価値観も確認し合いたくなるものです。"僕が"でなく"僕で"というフレーズが、印象的です。

名づけた最後の一歩は きっと 最初の一歩