いいねして最新情報を受け取ろう!

2016年06月20日更新

聞けば必ず元気になる!今注目のバンド"WANIMA"の魅力に迫る!

今やロックバンド戦国時代とも言えるほど、次々に新しいロックバンドが生まれ、 互いに競い、高め合っている現代のバンドシーン。 その中でも、時代に流されることなく、激しいMUSICながらも良い意味で懐かしを感じさせる サウンドを奏でる3ピースバンド”WANIMA”の魅力に迫ってみました。

一度聞いたら耳から離れない!WANIMAの魅力

そもそも”WANIMA”とは?

WANIMA 公式HPより

熊本県出身の3ピースバンド”WANIMA”。
2010年に結成し、自主でのツアーを中心に活動してきた彼らだが、
2014年8月に彼らに転機が訪れる。
アーティストのKen Yokoyamaが代表取締役を務めるPIZZA OF DEATH RECORDSとのレーベル&マネージメント契約した事が発表されたことを皮切りに、

2015年は春から夏にかけて、PUNKSPRING、SATANIC CARNIVAL '15、京都大作戦、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015、SUMMER SONIC 2015、SWEET LOVE SHOWER、、WILD BUNCH FES、等の主要フェスに初出演し、年度末に開催されたCOUNTDOWN JAPAN 15/16にも見事初出演を果たし、2015年を締めくくった。


そんな今ノリに乗っている彼らの魅力を、大きく3つに分けて迫ってみた。

魅力① 思わずもう一度聞きたくなる!元気が出る軽快なサウンド!

WANIMAの魅力と言えば何といってもこれです。
まずはとにかく一曲聴いてみましょう。

TRACE/1st full ALBUM『Are You Coming?』収録。

3ピースながらも迫力のあるサウンドとどこか懐かしさを感じさせるキャッチーなメロディ。
筆者は一回聞いただけで心を掴まれました。

そして聞いているだけで、何だか元気になるような力強い歌声。

テンションを上げたい時やドライブで盛りあがりたい時はもちろん、
落ち込んで元気を出したい時にもぴったりな曲ですね。

魅力② 心に響くストレートな日本語歌詞

彼らの2つ目の魅力は、熱く真っ直ぐなメッセージがこもった歌詞です。
それではここでもう一曲。

1106/1st mini Album 『Can Not Behaved』収録。


この「1106」(いちいちぜろろく)は、ヴォーカルであるKENTAの祖父へ向けて作られた曲であり、
タイトルの”1106”は祖父の命日が由来になっています。
その祖父に向けた手紙とも言える歌詞がこちら。

拝啓、新しい生活に 慣れてきたところでしょうか?
心配な事はたくさんありますが そっちに海はありますか?

昔ながらのお菓子が好きでいつもの席縁側へ
日が差すタバコの煙さえも鮮明に覚えてる ah..

子守唄はトントン船の音 沖に向かう晴れの日も雨の日も曇りの日も
子守唄はトントン船の音 沖に向かう晴れの日も雨の日も曇りの日も

波に揺られて.. 遠くもろくほどに遠く 旅立つあなた遥か彼方
思うように歌えばいいと 思い通りにならない日を そう教えてくれたね.. 教えてくれたね..

声が聞きたくなって あなたの真似をして笑った
4時49分 ありふれた景色が変わった

子守唄はトントン船の音 沖に向かう晴れの日も雨の日も曇りの日も
子守唄はトントン船の音 沖に向かう晴れの日も雨の日も曇りの日も

波に揺られて 風は冷たく格子を揺らす 隙間風で冷えた体を
弱音ひとつ吐かず海へと向かう 平気なふりに何度助けられただろう

遠くもろくほどに遠く 旅立つあなた遥か彼方
思うように歌えばいいと 思い通りにならない日を
どこにいるかわかるように 気付くように手を振る 碇を降ろした場所からも 見えるように手を振る

出典: http://www.uta-net.com/song/173811/

「どうせ音楽をやるなら大切な人に伝えたい」とKENTA自身、以前出演していためざましテレビでも語っていました。
ちなみに、祖父が熊本県の漁師をしていたことから、PVは熊本の海上で撮影されています。
彼の祖父へ感謝の気持ちがひしひしと伝わってきますね。

また、現代のミュージックシーンに多い英語詞ではなく、日本語詞が多いのも彼らの魅力。
「僕らは日本人なので...英語も喋れませんし(笑)」

と話す彼ら。
日本語詞だからこそ、直球で私たちの心に響いてくるのも納得ですよね。

これからの曲も、素敵で愚直で真っ直ぐな歌詞に期待しましょう。

魅力③ 遊び心を持ちながらも格好良く!テーマは”エロ”!?

彼らの魅力に”エロカッコ良さ”は外せません。
エロカッコ良い曲を一曲聞いていただきましょう。

BIG UP/1st mini Album 『Can Not Behaved』収録。

筆者自身、彼らを初めて見たときらこの曲のイメージが彼らにぴたっとはまりました。


刺激的な歌詞や思わず口ずさんでしまうノリの良さ。

正に"エロかっこいい"ですよね。

このエロに関しても、KENTAは
「エロは誰もが持ってるもの。だったらおれが代表して歌ったろうかなと思った」
とコメントしています。

この曲の他にも、
1st full ALBUM『Are You Coming?』収録の”いいから”や”1CHANCE”は
めっちゃノリも良くエロカッコ良いので是非聞いてみてください!

今後もまだまだ”WANIMA”から目が離せない!

いかがだったでしょうか。

2016年もすでに、
4月29日30日に開催される「ARABAKI ROCK FEST.16」や5月に大阪と東京で開催される「METROCK2016」などの大型フェスへの出演も決定しており、彼らのさらなる飛躍が期待されますね。

一度はまったら中々抜け出せないので聴くときはご注意を!
そんな魅力が詰まった彼らの特集でした!

WANIMA 公式HPより

関連人気記事ランキング

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

マンガと音楽が幅広〜く好きです。マンガで特に好きなのはONE PIECE、音楽ではRADWIMPS。マンガと音楽を中心に、王道が好きな人の気持ちも、そうでない人の気持ちも書いてきます( ´ ▽ ` )ノ

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

おすすめの記事

新着の特集

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索