平井堅のノンフィクション、歌詞が意味深すぎる。。。

2018年01月17日更新

yonige『アボカド』の歌詞は〇〇?!気になる意味を徹底解釈!MVのモデルは誰?

yonigeの「アボカド」と言えばアボカドを喧嘩した彼氏に投げつけるという衝撃的な歌詞でも話題になりましたが、そんな歌詞に込められた意味とは...?歌詞だけでなく、この曲ができた背景、MVなど、様々な角度からyonigeの「アボカド」の魅力に迫ります。

yonigeの「アボカド」ってどんな曲?

yonigeの「アボカド」は2015年8月19日に発売されたファーストミニアルバム『Coming Spring』に収録されている楽曲です。


YouTubeで公開されているオフィシャルMVの再生回数は何と5,001,682 回(2018年1月17日現在)。


今回はそんな大人気の一曲、yonigeの「アボカド」を紹介します!

MVに出ているモデルが話題に!一体誰なの...!?

A post shared by 野崎智子 (@tomoconozaki) on


歌詞の世界観を表現したドラマパートとバンドメンバーが演奏しているバンドパートで構成された「アボカド」のMV。


実は今、このドラマパートに出演している子が誰なのかが話題になっているんです!


誰なのか早速発表しますが、モデルの野崎智子さんという方ですよね。


人気のモデルさんなので、知っている方も多いのではないでしょうか。


「NYLON JAPAN」や「mini」、「ViVi」など雑誌紙面での人気はもちろん、おしゃれなインスタグラムでも人気の野崎さん。


フォロワー数は現在211393人(2018年1月17日)でした。


しかし、どんなに可愛いモデルさんでも、歌詞の一節を表現している、アボカドを投げるシーンには迫力がありますね。


次はそんな衝撃的な歌詞が生まれた背景について迫っていきたいと思います。

yonigeの大人気曲「アボカド」は〇〇!?

yonigeの人気曲「アボカド」といえば彼氏と喧嘩をして壁にアボカドを投げつけたという衝撃的な歌詞が特徴ですよね。


実は、この「アボカド」の歌詞は作詞作曲も行なっているボーカルの牛丸ありささんの実話なんです。

「アボカド」が生まれた衝撃のエピソードとは...!?

「君に投げつけたアボカド」という歌詞通り、当時付き合っていた彼氏と喧嘩をしたありささんは怒りが爆発して実際にアボカドを投げつけたそうです。


アボカドは避けられ、彼には当たらなかったものの、すっきりしたありささんはそのまま眠りについたとか。


しかし、翌朝自分のバッグを見ると、バッグですりおろされ、ぐちゃぐちゃになったアボカドが...!


「こびりついている グチャグチャになったアボカド」という歌詞はその時の光景だったのですね。


翌朝冷静になってその光景を見たありささんは、ビジュアル的にも、彼の怒りの苛烈さからも、とてもショックを受けたことでしょう。


その喧嘩の後、彼と別れてからのありささんの日々はバンドメンバーのごっきんさん曰く、とても荒れていたそうです。


そして、歌詞には荒れていたという日々の後悔や彼への未練などの感情も歌詞には描かれています。


次は、そんな彼との喧嘩と、別れてからの日々の感情をストレートな言葉で描いた「アボカド」の歌詞を解釈していきます。

yonige「アボカド」の歌詞を解釈!

ここからはyonigeの「アボカド」の注目の歌詞をピックアップして意味を解釈していきます!


よりこの曲について深く知りたいという方は必見ですよ。

私と別れて充実している彼のSNSには、全く知らなかった一面が...!

私と別れて君はさ
モデル級の美人と付き合ったし
心が砕ける音がしたしね
それゃもう
バリバリ
バリバリバーーーーン
私とは別れて君はさ
毎日充実してそうだよね
そんなにアウトドア派だったのね?
それゃもう
バリバリバリバリバーーン
愛していたんだっけ?
今じゃもうよく覚えていないけど
今もあん時のことばっか思い出しちゃうの
バカだよね

出典: アボカド/作詞:牛丸ありさ 作曲:牛丸ありさ

SNSなどで、別れたばかりの彼氏や彼女が楽しそうな近況をアップしていたら、まだ引きずっている場合はかなり辛いですよね。


しかし、彼のアカウントをブロックしたところで、共通の友達などの投稿で見ることになるなど、SNSが発展したからこその辛さもあるのが現代社会。


この歌い出しでは、そんな「私」の心境が描かれています。


「私」と別れた「君」は、すぐに「モデル級の美人と付き合った」上、「毎日充実してそう」だということが、知りたくなくてもSNSなどで伝わってくる日々。


しかも「そんなにアウトドア派だったのね?」と言いたくなるくらいにキャンプやバーベキューなどを満喫している様子もアップされていたのでしょう。


付き合っていたのに「アウトドア派」だったことも知らないくらい彼のことを何も知らなかったということに気づいた「私」には、勿論寂しさもあるでしょうね。


そんな日々の中で、もはや「愛していたんだっけ?」と自分に問いかけてみても「今もあん時のことばっか思い出しちゃう」というのが答えです。


「あん時」とは例のアボカドを投げつけてしまった喧嘩の夜のこと。


そんな行動をとった自分のことも、後悔と「君」への気持ちに囚われている自分のことも「バカだよね」と自嘲するしかないのでした。

充実している元彼とは対照的に、抜け殻のようになってしまった私

君と別れて私さ
空っぽ抜け殻みたいになったし
毎日時間が過ぎて行くだけ
ただただ
ダラダラダラダラだ
君と別れて私さ
映画を見て現実逃避
映画のような口説き文句もね
今じゃ
バレバレバレバレだ

出典: アボカド/作詞:牛丸ありさ 作曲:牛丸ありさ

「君」に対して、別れてからの「私」が対照的に描かれているのがこの部分の歌詞です。


美人の彼女、アウトドアと充実している「君」とは違い「私」は「空っぽ抜け殻みたいになった」のでした。


「毎日時間が過ぎて行くだけ」で「ただただ ダラダラ」と過ごす姿が描写されている歌詞が痛々しいですね。


「映画を見て現実逃避」しようにも、付き合っていた頃の「君」の甘い言葉を思い出すのです。


しかし、 今思い返してみれば、何かの「映画」でも見てあんな「映画のような口説き文句」を言っていたんだろうなと「バレバレ」なのでした。


そんな風に、付き合っていた頃は知らなかったこと、気づかなかったことが別れてから見えてくるという歌詞がリアルですよね。


しかし、そんな発見を笑い話にできるほどにはなかなか吹っ切れることができなかった「私」の姿が描かれているのがこの歌詞ですね。

こびりついて離れないのは、ぐちゃぐちゃになったアボカドと、あの夜のこと

愛していたんだっけ?
君を一切合切
嫌いになりたい
愛されていたんだっけ?
君は一体全体
どうなの?

バイバイ サビついている
バイバイ 君泣いていた
バイバイ 気になってる
バイバイ 君待っていた
バイバイ バイバイ
バイバイ こびりついている
グチャグチャになったアボカド

出典: アボカド/作詞:牛丸ありさ 作曲:牛丸ありさ

自分が彼を愛していたのかを思い返すと、吹っ切ろうとしても嫌いになりきれない自分を認めざるを得ないのでした。


では、自分は彼に「愛されていたんだっけ?」と思い返すと、「君は一体全体 どうなの?」と心の中で問いかけるしかなく、答えは見つからないのでした。


しかし、そうやって「君」のことを思い返すと、思い出すのは喧嘩したあの日「君」が「泣いていた」ということ。


それはきっと、「君」が「私」を愛していたという証であり、「私」が「君」をあんなにも怒らせるくらい深く傷つけたということです。


だからこそ、そのことがずっと「気になって」、どこかで「君」が帰ってこないかと「私」は「待っていた」のですね。


しかし、寄りを戻す機会も、「私」が謝る機会もなく「君」は次の恋へ進んでしまったのでした。


「バイバイ バイバイ」と繰り返すのは「君」とは対照的にこの失恋に囚われ続けている自分から早く抜け出すためでしょう。


それでもバッグに「こびりついて」取れない「グチャグチャになったアボカド」のように、この失恋と、あの夜のことが頭に「こびりついて」離れないのでした。

おわりに

yonigeの「アボカド」を紹介しましたが、いかがでしたか?


歌詞には実話だからこそ書けるエピソードや感情がたくさん詰まっていましたね。


そんなリアルな感情を取り繕ったり、飾ったりせずにそのまま出している歌詞も、yonigeの楽曲の魅力の一つ。


実際、この曲で知って好きになったという方も多いようです。


まだyonigeのことをあまり知らないという人には、まず聴いてほしい一曲ですね。

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

24歳、音楽好きのライターです。
学生時代は某新聞の地方版でコラム連載していました。
文学部出身で留学中は広告学なども専攻していた関係で何かと分析をする癖があります。
気軽にツイッターフォローしていただけたら幸いです。

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索