孤高の1MC・1DJユニット「Creepy Nuts」とは?

この2人なら、なんかワクワクすることをやってくれるんじゃないかと想像できる1MC・1DJユニット、Creepy Nuts(クリーピーナッツ)。

彼らの作る楽曲は、まずその超独創的なリリックに衝撃(笑撃!?)を受けることでしょう!

それでは、実際にどの様な楽曲がファンに愛されているのか、ランキングを通してCreepy Nutsの世界観を楽しんでみてくださいね♪

R-指定 (アールしてい、1991年9月10日 - ) : MC
大阪府堺市出身。ULTIMATE MC BATTLE大阪予選では5年連続優勝(2010〜2014年)を果たし、本戦では大会初となる3年連続GRAND CHAMPION(2012〜2014年)を達成[1]。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/Creepy_Nuts

DJ 松永 (ディージェイ・まつなが、1990年8月23日 - ) : DJ
新潟県長岡市出身。作曲、ライブでのDJを担当。サンプラーなどのパッドでの演奏も行う。
HilcrhymeのTOCのライブDJを務めている[2]。
DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIPS 2016のシングル部門にて2位という成績をおさめた[3]。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/Creepy_Nuts

10位、「教祖誕生」

まずはEP「助演男優賞」の3曲目、「教祖誕生」です。

思わず酔いしれてしまいそうな曲調ですが、「指先ひとつで鬼退治」などの歌詞がじわじわと笑わせてくれます。

9位、「どっち」

9位はEP「助演男優賞」の2曲目、「どっち」です。

とにかく「ドンキ/ヴィレバン/ドンキ/ヴィレバン」と、何とも身近に感じるショップの名前の入った歌詞がたまりませんね♪

8位、「リライト」

8位は、ASIAN KUNG-FU GENERATION(通称アジカン)のトリビュート・アルバム「AKG TRIBUTE」の5曲目、「リライト」です。

アジカンの名曲「リライト」を、Creepy Nutsがさらにリライトした、大変面白い楽曲に仕上がっています!

【Creepy Nutsのおすすめ人気曲ランキングベスト10】ファンが選んだ必聴曲の数々を紹介!の画像

7位、「中学12年生」

7位はEP「たりないふたり」の4曲目、「中学12年生」です。

リズミカルな音に乗せて、結構刺激の強い歌詞が続いていくこの曲。

でも、それが中学12年生(!?)らしくも思え、なんだかニヤニヤしながら最後まで聴き入ってしまうでしょう。

6位、「みんなちがって、みんないい。」

6位はEP「たりないふたり」の2曲目、「みんなちがって、みんないい。」です。

これから事件が起きそうな曲調にドキドキしてしまうものの、曲調に添うように自分の中に潜む闇を上手く歌詞に入れてますね。

でも、「まーまー 要するに みんなちがって、みんないい!!」と、その闇を救い上げるようにも捉えられる歌詞がさっぱりして気持ちいいと感じてしまいます♪