TOKIOってどんなバンドなの?

TOKIOのライブが観たい!3年もやっていない理由は?2018年はいつ開催?動画&DVDも紹介♪の画像

TOKIOと聞くと「ザ!鉄腕!DASH!!」を思い浮かべる人が多いかもしれません。現在は個々のメンバーでの活動も多く、ニュースキャスターや俳優、司会者と幅広い顔を持ちます。

テレビで彼らの顔を見ない日はないと言っても良いのではないでしょうか。しかし、TOKIOの本業はロックバンドなのです。

地に足の着いたロックバンド

1994年9月21日、「LOVE YOU ONLY」でCDデビュー。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/TOKIO

TOKIOは1994年にデビューし、2014年に結成20周年を迎えた息の長いバンドです。

TOKIOの魅力は一言で言うと、人間味。矛盾しているかもしれませんが、アイドルなのにアイドルっぽくないところです。

彼らは、カラオケ伴奏で歌って踊る一般的なアイドルと違い、自分たちで演奏してファンと音楽空間を作り上げるバンドマンのスタイル人気を確立してきました。

代表曲として「宙船」「ひとりぼっちのハブラシ」「AMBITIOUS JAPAN!」がよく知られていますね。曲はメンバーが出演するドラマやCMにタイアップされることが多いです。

また、有名ミュージシャンから楽曲提供を受けたり共演する機会を得たりと、ミュージシャンからも慕われる存在なのです。

メンバーの音楽プロフィール

TOKIOのライブが観たい!3年もやっていない理由は?2018年はいつ開催?動画&DVDも紹介♪の画像

メンバーの担当楽器は次のようになっています。

メンバー
城島茂(ギター・ボーカル)
山口達也(ベース・ボーカル)
国分太一(キーボード・ボーカル)
松岡昌宏(ドラムス・ボーカル)
長瀬智也(ボーカル・ギター)

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/TOKIO

各人の魅力を手短に紹介しましょう。

城島茂はリードギターを担当し、リフやハードなソロフレーズを簡単そうに弾きこなすテクニシャン。コーラスで音を外しても許してしまえる、彼ならではの味を持っています。

山口達也は一般の4弦より弾きこなすのが難しいとされる5弦ベースを使用。メガネの奥に覗くインテリジェンスと、二の腕の筋肉美に悩殺される女性ファンが少なくありません。歌声も素敵です。

国分太一はキーボードとコーラスでバンドを支えます。バンドで演奏しているときの一体感が好きなんだろうなあ、というのが顔の表情から伝わってくる人ですね。

松岡昌宏はドラムとコーラスで縁の下の力持ちな役割です。長瀬の歌を支える軽快なフレーズを叩き出していきます。

そうる 透(そうる とおる、英表記:SOUL TOUL、1958年5月5日 - )は、神奈川県横浜市出身のミュージシャン、ドラマー。LUNA SEAの真矢やTOKIOの松岡昌宏などは弟子にあたる。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9D%E3%81%86%E3%82%8B%E9%80%8F

松岡はそうる 透というプロドラマーにドラムを習っていたようです。いつ観ても安定感のあるスティックさばきはここから来ているのかもしれませんね。

長瀬智也は感情の伝わるストレートな声の持ち主。ギターブルースハープも弾きこなし、お客さんを盛り上げるパフォーマー力はダントツ。小細工をしない、等身大な昭和の男を感じます。

このようにTOKIOはメンバーそれぞれが作詞作曲できるほどのしっかりした演奏テクニックを身に着けています。

そして、全員が演奏しながらコーラスするので、ビートルズのような強烈な一体感があります。

3年もライブツアーをしていない理由

TOKIOのライブが観たい!3年もやっていない理由は?2018年はいつ開催?動画&DVDも紹介♪の画像

20周年ライブ以降、ツアーをしなくなってしまったTOKIO。

なぜツアーが行われなくなってしまったのでしょうか?

もう音楽活動に力を入れる気はないのでしょうか?

音楽活動を続ける気はある

2015年10月28日 東京ドライブ 9位
2016年2月24日 fragile 7位
2016年11月30日 愛! wanna be with you... 4位
2017年8月30日 クモ 8位

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/TOKIO

このように、ライブツアーが行われない間にもシングル曲はリリースされ続けています

オリジナルアルバムこそリリースされていませんが、これまでのヒット曲を含めれば充実したライブとなるのは間違いないでしょう。

音楽活動を継続する気は十二分にあると思います。

若手アイドルの活躍を優先