山下さんが出演したドラマ『野ブタ。をプロデュース』主題歌『青春アミーゴ』

修二と彰として山下さんと亀梨さんがユニットを組んで歌っています。

堀北真希さんも出演していたドラマはヒットしましたが、曲もまた大ヒットとなりました。

こちらの記事では同曲の歌詞を改めて徹底解釈しています。

2005年に大ヒットした「青春アミーゴ」は、あのドラマの主題歌を担当していました。そのドラマについてや、歌詞の意味も解釈してみました!

山下さん主演のドラマ『クロサギ』で自身が主題歌を務めた楽曲『抱いてセニョリータ』

実は同曲は『青春アミーゴ』を歌った「修二と彰」の「彰」が歌っているという設定なんだそうです。

もちろん、歌詞に登場する「アイツ」とは「修二」のこと。

作詞者が同じということで世界観も共通したものとなっているようですね。

そんな気になる歌詞をこちらの記事では解説していますので、是非読んでみてください。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!

山下智久さんのソロデビュー曲「抱いてセニョリータ」は、デビュー曲なのにかなりセクシーな内容になっています。ヤンチャなアイツが恋をしたのは寂しがりの年上女性……。情熱的な歌詞の内容を情熱的に解説します!