いいねして最新情報を受け取ろう!
ドロドロ不倫の歌特集【誰にも言えない禁断の恋】

2016年12月31日更新

MAN WITH A MISSIONの聴いておくべきおすすめ曲ランキング!

狼の頭と人間の体を持つ究極の生命体5人(匹?)からなるバンド、MAN WITH A MISSION。ただのイロモノバンドだと思ってなめてかかると怪我しますよ。彼らこそ、色物の仮面をかぶった、超実力派バンド!彼らから繰り出される究極の音楽は、聞く者の耳に食らいついて離れません。

MAN With A MISSIONのおすすめ曲ランキング第10位 Take What U Want

コンピレーション・アルバム「Beef Chicken Pork」収録


タイトルの意味は「お前が望むものを持って行け」といったところでしょうか。


何とも野性的で、ロックで、豪快なタイトルですが、かっこいいのはタイトルだけではありません。


全米デビュー向けのアルバム収録の曲で、歌詞は全編英語なので意味を理解するには辞書の力が必要ですが、


その圧倒的なロックサウンドは歌詞の意味が分からずとも聞くものを虜にし、


気づけば拳を突き上げています。


タイトルは「Take What U Want」ですが、


いつのまにか聞いてる者の心をMAN WITH A MISSIONがかっさらっていってしまうおすすめ曲です。

MAN WITH A MISSIONのおすすめ曲ランキング第9位 Dive

4thアルバム「Seven Deadly Sins」収録


「自分を縛るものから自分を解き放て!」


そんな強いメッセージが込められたおすすめ曲です。


歌詞は日本語よりも英語の方が多いのですが、


激しくも流れるようなメロディに、


初めて聞いた人でもついついサビを口ずさんでしまいます。


また、俳優の綾野剛さんが出演しているPVも必見です。

MAN WITH A MISSIONのおすすめ曲ランキング第8位 distance

1stシングル


タイトルの「distance」には「何か行動を起こすのにdisutanceすなわち距離は関係ない」というメッセージが込められています。


リズミカルに刻まれる歌詞や跳ねるようなドラムが特徴的なサウンドは、


「売れるため」ではなく「ライブで客をノせるため」に作られた証。


1stシングルからMAN WITH A MISSIONのカッコ良さがひしひしと伝わってくるおすすめ曲です。

MAN WITH A MISSIONのおすすめ曲ランキング第7位 Hey Now

配信シングル


2016年12月3日に配信された、MAN WITH A MISSIONの新曲です。


エモーショナルでメロディアスなサビから一転、グルーブ感あふれるラップへの転調がかっこよすぎます。


また、MAN WITH A MISSIONならではの映画のような世界観の歌詞も魅力的です。

MAN WITH A MISSIONのおすすめ曲第6位 Memorries

6thシングル


最初にイントロを聞いたときの感想が「あれっ、これマンウィズ?」


ここまで見てきたMAN WITH A MISSIONの曲はどれもアップテンポで、


ライブで盛り上がること間違いなしのおすすめ曲たちでした。


一転して「Memories」は感傷的なミディアムテンポのギターのリフから入ります。


曲のテーマは「若かりし日々への回顧」。


感傷的なメロディが青春への懐かしさを紡ぎ出しています。


英語の詞が多いマンウィズですが、


このおすすめ曲では日本語の美しさにも注目してください。

MAN WITH A MISSIONのおすすめ曲第5位 Seven Deadly Sins

4thシングル


タイトルはずばり「七つの大罪」。


人気アニメ「七つの大罪」のオープニングテーマです。


しかし、アニメや原作を知っている人はもちろん、


アニメ・原作を知らない人でもライブで聞いたら乗ってしまうこと間違いなしのおすすめ曲です。

MAN WITH A MISSIONのおすすめ曲第4位 FLY AGAIN

コンピレーションアルバム「Beef Chicken Pork」収録


全編英語の曲ですが尻込みすることはありません。


「音楽に言語の壁は関係ない」


このことを体現している曲です。


ツインボーカルはそれぞれビートに対して異なる乗り方をしているので、


転調の瞬間に不思議なグルーブが生まれ曲の中に引き込まれます。


また、ライブで披露されるサビの振り付けも必見です。

MAN WITH A MISSIONのおすすめ曲第3位 database feat.TAKUMA(10-FEET)

3rdシングル


これぞミクスチャーロックと言えるおすすめ曲です。


本格的なミクスチャーロックに飢えているオオカミな人に聞いてほしい楽曲です。


注目は10-FEETのボーカルのTAKUMAが参加していること。


それでいて、サビの盛り上がりや世界観などMAN WITH A MISSIONの魅力を損なうことのないおすすめ曲です。

MAN WITH A MISSIONのおすすめ曲ランキング第2位 Raise your flag

5thシングル


ライブで盛り上がること間違いなしのおすすめ曲です。


MAN WITH A MISSIONには珍しく、サビのほとんどが日本語なので一緒に歌いやすい曲です。


もっとも、さびが英語だったとしても思わず口ずさんでしまいそうなメロディです。


なぜマンウィズは英語の曲が多いのか。


自分たちの音楽に絶対の自信があるからなのかもしれません。

MAN WITH A MISSIONのおすすめ曲第1位 EMOTION

2ndシングル


MAN WITH A MISSIONのおすすめ曲の中でも、圧倒的な人気を誇る一曲です。


ライブで確実にのせてくれる完成度の高い楽曲。


英語中心の歌詞の中に効果的に表れる日本語の使い方。


狼が吼えているかのようなメロディライン。


まさに、MAN WITH A MISSIONを代表するおすすめ曲です。

まとめ

MAN WITH A MISSIONのおすすめ曲ランキングいかがでしたか?


「オオカミバンドっていわゆるコミックバンドでしょ?」


「マンウィズの曲って英語の歌詞でよくわかんない……」


そんな声もこのおすすめ曲たちをきけばなくなっているはず。


そして、MAN WITH A MISSIONの魅力は音源だけではなく、


圧巻のライブパフォーマンスにもあります。


興味を持った方は是非生の音を聞きに行ってください。


デジタル信号ではない、ある意味「素顔」の彼らの音楽が楽しめますよ。

関連人気記事ランキング

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

おすすめの記事

新着の特集

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索