そのまま好きでいたかった

chelmico【Highlight】歌詞を解説!退屈な日常…たまにはいいんじゃない?ハメを外してもの画像

見たことがあるかい?
人が恋に落ちる瞬間を
お行儀の悪いあの娘も
今日はキュートにキメるbaby girl
互いに酩酊してる
口説かれ待ちなのもわかってんでしょ
ぶっこわしてよ無我夢中で
君に溺れたいよ

出典: Highlight/作詞:Rachel,Mamiko 作曲:Rachel,Mamiko,ryo takahashi

ここでは置き去りにされた相手が独り悔やんでいるようです。

傍から見れば「落ちる」様子が分かるくらいの衝撃的な恋

落ちていくスピードは自分でもあっけにとられるような速さだったのでしょう。

普段はヤンチャをしていても、良い子に変えてしまうのが恋愛。恋は様々なことに影響を与えます。

お互いが「酩酊」するほど酔っぱらっているのなら、その勢いで好きと言ってしまえば結果は違ったのかも

ぶち壊すという強行策と自分も投げ捨てる恋をしたかった。

出会った「君」しか見えない恋がしたかったのでしょう。

また会えることを願うだけ…

chelmico【Highlight】歌詞を解説!退屈な日常…たまにはいいんじゃない?ハメを外してもの画像

拭う汗光る綺麗だね
今夜強く抱く術を知りたいよ
濡れた口奪うのはハイライト
一瞬でもいい いますぐ会いたいよ

あーなんだか いけない
こんなこと 言えない
あーなんだか あついね
こんな日は 抜け出そうよ

拭う汗光る綺麗だね
今夜強く抱く術を知りたいよ
濡れた口奪うのはハイライト
一瞬でもいい いますぐ会いたいよ

出典: Highlight/作詞:Rachel,Mamiko 作曲:Rachel,Mamiko,ryo takahashi

君と夏の夜を過ごしたかった、輝く唇を自分のものにしたかった。

思い出すように求めているのでしょう。

強気になりつつもいつものシャイな自分は隠しきれないようですね。

言いたいけれどやっぱり君には言えなかった欲望

平仮名の「あつい」は気温の暑さと身体の中で感じている熱さでしょう。

収まりきらない思いは日常を脱出することで解消できるのでしょうか。

心の中で輝き続ける唇が退屈な毎日を変えてくれれば…。

今できるのは、どこかでまた会えることを願うことだけなのでしょう。

最後に

chelmico【Highlight】歌詞を解説!退屈な日常…たまにはいいんじゃない?ハメを外してもの画像

海辺の恋の出会い・駆け引き・すれ違いがラップになったchelmicoの『Highlight』。

海で始まった恋は海だけで輝くことができる。

海を離れたら輝きが消えてしまうのが分かっていたのでしょうね。

日常を離れたバカンスの恋は心を惑わせます。だからハメを外して楽しむのでしょう。

退屈な日常に戻っても暑い恋を思い出せば切り替えることができるかもしれません。

だからこそ夏の恋は夢中になる価値があります。この夏も思い切り輝きましょう。

女子のラップで上がりましょう

次も女子ラッパーの記事をご紹介します。

アーティスト名は「あっこゴリラ」。

あっこちゃんでもなくゴリラさんでもなく女子ソロラッパーのアーティスト名です。

可愛さの中の強さを言葉にしてラップにのせます。

今回は個性派シンガーソングライターの向井太一さんとコラボ。

楽曲タイトルは「ゲリラ×向井太一」。異色コラボはバトルに発展…と思わせるタイトルですね。

歌詞MVと豊富な内容も記事のおすすめポイント。

新しいけれど基本に忠実な女子ラップは要チェックです♪

新時代の女性ラッパー・あっこゴリラ。 そんな彼女がキラーチューンをリリースしました!迫っていきましょう!

言葉遊びで非日常

続いてご紹介するのは「きゃりーぱみゅぱみゅ」が歌った摩訶不思議な楽曲です。

タイトルは『のりことのりお』。新しいお笑いコンビの名前…では無いのでご安心を。

ラップではありませんが彼女が歌う歌詞1つの解釈にとどまらない小気味よさを持つものばかり。

気が付けば言葉の中を浮遊する感覚に陥ります。

今回の楽曲のキーワードは「乗り換え」です。日常生活の中で度々しなければいけない乗り換え。

乗り換えをしないと目的を達成できないことだってあり得ます。

上手くいくのか、失敗してしまうのかが心配ですね。

『のりことのりお』をぜひチェックしてみてください。スムーズな乗り換えがイメージできますよ♪

2013年に発表されたきゃりーぱみゅぱみゅによるCMソング「のりことのりお」はMNPの促進のために大きな役割を果たしました。中田ヤスタカによる洗脳ソングのようなサウンドも魅力です。この曲の歌詞を解説しましょう。