テレビアニメ「七つの大罪」とは

【七つの大罪】OP・ED曲まとめ!いきものがかりなど超豪華!歌詞&PVも紹介♪の画像

「七つの大罪」は、鈴木央が作者で、週刊少年マガジンで現在も連載中の漫画です。

その人気は高く、累計発行部数200万部を突破している大人気作品です。

その物語は、カトリック教で用いられる思想の一つである悪魔「七つの大罪」をモチーフにしたもので、主人公のメリオダス率いる7人の戦士と一人の王女が繰り広げるファンタジーアクション漫画です。

テレビアニメ1期は、2014年10月から2015年3月まで放送されました。

また、テレビスペシャルとして4週連続で2016年8月から9月まで特別放送されました。

そして、2018年1月より第2期の放送が決定しています。

『七つの大罪』オープニング曲♪

まずは、オープニング曲をご紹介します。

歌詞の一部とPVも一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみて下さいね!

「熱情のスペクトラム」いきものがかり

【七つの大罪】OP・ED曲まとめ!いきものがかりなど超豪華!歌詞&PVも紹介♪の画像

鳴りやまぬ愛をさけぶよ
ぶつかりあって わかりあうんだ
ひかりをつくりだすよ

出典: https://twitter.com/oresenn_bot/status/941935683270144000

いきものがかりの「熱情のスペクトラム」は、2014年10月発売の28枚目のシングル

アニメでは、2014年10月から12月までの第2話から第12話に起用されました。

「さくら」や「ありがとう」など大ヒットの絶えない、いきものがかりが初代アーティストに抜擢されました。

躍動感のあるメロディと力強い歌声は、冒険をしながら希望や愛を見つけ出す少年の気持ちを歌っています。

ポップな曲が多いいきものがかりですが、七つの大罪のために書き下ろしたこの曲は、これまでのイメージを払拭する楽曲となっています。

「Seven Deadly sins」MAN WITH A MISSION

【七つの大罪】OP・ED曲まとめ!いきものがかりなど超豪華!歌詞&PVも紹介♪の画像

The pain and the pleasure
All come together
There is no reason wey

出典: http://www.kasi-time.com/item-75059.html

MAN WITH A MISSIONの「Seven Deadly sins」は、2015年2月発売の4枚目のシングル

第3話から第23話まで起用された曲です。

MAN WITH A MISSIONと言えば、やはりオオカミの顔が特徴的なバンドですよね!

 英語の歌詞が多いMAN WITH A MISSION楽曲ですが、個人的な解釈をしてみると以下のようになります。

「苦しみとプレッシャーが同時にやってくる

 理由など何もない」

これは、七つの大罪の主人公であるメリオダスの気持ちを歌った歌詞

秘められた暗い過去を持ちながらも、いつも明るく振舞うメリオダス。

その体には、魔人という悪魔が住み着いているとされ、自らの悪魔と葛藤している心情を表しています。

サビの部分でこの表現を用いるのは、七つの大罪という作品の本質を見抜いているのかもしれませんね。

「CLASSIC」MUCC

【七つの大罪】OP・ED曲まとめ!いきものがかりなど超豪華!歌詞&PVも紹介♪の画像

君が泣く様な世界なら
どんな罪にも手を伸ばそう

出典: https://twitter.com/maple2261/status/802141071828320259

MUCCの「CLASSIC」は、2016年9月発売の35枚目のシングル

テレビスペシャル版のオープニング曲として起用されました。

この曲は、L'Arc~en~Cielギター担当でもあるKenがプロデュースしていることでも話題になりました。

元々、「七つの大罪」に向けて制作された曲ではなかったそうですが、アニメで使ってもらえるような曲として書き下ろした曲だそうです。

そして見事、「七つの大罪」のオープニング曲として起用されたいきさつがあります。

歌詞に登場する”罪”という単語と、その世界観がアニメの世界とばっちり融合しています!