クリスマスは洋楽で決まり!人気&定番曲10選!

2017年12月07日更新

山崎まさよし【セロリ】を○○と宣言?!歌詞の意味に迫る!収録アルバム&PVもチェック!コード譜あり♪

「セロリ」は1996年にリリースされた山崎まさよしの3枚目のシングルです。初期の代表作としても名高いこの楽曲。そんなこの楽曲に対して宣言した山崎まさよしの想いに触れながら、「セロリ」を紹介していきます。

山﨑まさよし「セロリ」

1996年リリース

「セロリ」は1996年9月1日にリリースされた山崎まさよしの3枚目のシングルです。


初期の代表作としても名高いこの楽曲は、アコースティックギターの音色が心地よく、ノリの良いリズムに、山崎まさよしが紡ぐ独特のセンスの詰まった歌詞が印象的な楽曲に仕上がっています。


1996年には8センチシングルの形態でリリースされましたが、その後、2000年5月31日にはマキシシングルとしても再リリースされました。


ちなみに現在は、シングルは生産を終了しています。


さらにはフジテレビ系「気らくに行こう」のエンディング・テーマにも起用され、幅広い層の人の耳に入りました。


そんな「セロリ」はオリコンチャートでは68位を記録しています。

多数のアルバムやシングルに収録

そして、「セロリ」は多数のアルバムやシングルに収録されています。



  • 「BLUE PERIOD」


「BLUE PERIOD」は、2005年9月21日にリリースされたベストアルバムです。


「セロリ」は、このアルバムDisc1の3曲目に収録されています。


デビュー10周年記念としてリリースされ、シングルのA面曲が収録された2枚組になっています。


  •  「HOME」


 「HOME」は、1997年5月21日にリリースされた2枚目のアルバムです。


このアルバムでは、Album Versionとして3曲目に収録されています。


またシングル曲としては、他にも「One more time, One more chance」や「アドレナリン」が収録され、初期のヒット曲やライブでの定番曲が多く収録されています。


  • 「ステレオ」


「ステレオ」は、1996年11月4日にリリースされた初のプライベート・アルバムです。


プライベート・アルバムという括りの通り、山崎まさよし自身が作詞・作曲・編曲・演奏・ヴォーカルを全て行なうスタイルで制作されたアルバムになっています。


「セロリ」は、このアルバムの2曲目にPrototypeとして収録されています。


  • 「ONE KNIGHT STANDS」


「ONE KNIGHT STANDS」は、2000年9月25日にリリースされた初のライブ・アルバムです。


アルバムと同タイトルのツアーから厳選されたライブテイクが収録されており、「セロリ」はDisc2の7曲目にLive Versionとして収録されています。


  • 「心拍数 (通常盤)」


「心拍数 (通常盤)」は、2002年5月29日にリリースされた13枚目のシングルです。


「Transit Time」ツアーの中から厳選されたライブテイクが収録され、その内容の異なる全国9エリアに分かれた地域盤がリリースされました。


その中でも「セロリ」は通常盤の3曲目に収録されています。

PV

また、「セロリ」はPVも制作されています。


その内容は、山崎まさよしが扮する青年の何気ない日常が描かれていますが、突如途中で水着の女性と戯れるシーンが割り込んできます。


これは青年の妄想であり、普段の生活とのギャップを面白おかしく描いた内容になっています。


さらに、このPVは「動く山崎 VIDEO CLIPS 1995-1998」に収録されています。

○○と宣言?!

SMAP版「セロリ」

そして、「セロリ」はリリースした次の年である1997年の5月14日にSMAPがシングル「セロリ」としてカヴァーしたことで、話題になりました。


山崎まさよしの「セロリ」よりも先にSMAPの「セロリ」で、この楽曲を知った人も多いのではないでしょうか。

「歌い続けます」と宣言!

そんな「セロリ」ですが、この先どうなってしまうのか、という事態が訪れます。


それはSMAPの解散です。


この解散は色んなところに影響を与えています。


例えば「夜空ノムコウ」という楽曲。


彼らの解散に伴って、作詞提供していたスガシカオは「夜空ノムコウ」を封印すると宣言しました。


では、山崎まさよしはどうでしょう?


以下の記事を見てみてください。

自身が所属する事務所であるオフィスオーガスタの主催イベントである「オーガスタキャンプ」で、「僕は歌います」と宣言したのです。


あくまで提供曲ではなく、カヴァーであることを伝え、これからも歌い続けていくことを宣言した山崎まさよしに、ファンはホッとしたことでしょう。

「セロリ」の歌詞に迫る!

それでは、そんな「セロリ」の歌詞を見ていきましょう。

育ってきた環境が違うから好き嫌いはイナメナイ
夏がだめだったりセロリが好きだったりするのね
ましてや男と女だからすれちがいはしょうがない
妥協してみたり多くを求めたり なっちゃうね

出典: https://twitter.com/orange_wordsbot/status/931510317498056704

まずは導入部分です。


単純な人それぞれの好き嫌いの違いや、男女の恋愛観の違いが描かれた歌詞から始まっていきます。


そこに「夏」や「セロリ」など身近なフレーズを盛り込むことで、聴き手にグッと寄り添ってくれます。

何がきっかけでどんなタイミングで二人は出逢ったんだろう
やるせない時とか心許ない夜
出来るだけいっしょにいたいのさ

出典: https://twitter.com/Massakasi/status/931904728530788352

そんな違いだらけの2人なのに、私たち人間は一緒にいるのは、なぜなのでしょうか。


1人でいると孤独を感じたり、気持ちが落ち込んだりしてしまいます。


そんな時に、そばに誰かがいてくれることで、人は救われたり、気持ちが晴れたりするものです。


そんな風に、誰かと共に過ごす理由を提示しているような歌詞になっています。

がんばってみるよ やれるだけ
がんばってみてよ 少しだけ
なんだかんだ言っても つまりは 単純に
君のこと好きなのさ

出典: https://twitter.com/Massakasi/status/931904728530788352

結局のところ、難しいことを言っても、気持ちは実はシンプルなものです。


君が好きだから一緒にいる。


一番大切な気持ちはそれであり、だからこそ日々を頑張れるのだと歌っています。

もともと何処吹く他人だから価値観はイナメナイ
流行が好きだったりそのわり古風なとこあったりするのね

出典: https://twitter.com/smap_kashi_bot/status/932385572215185408

そして、2番に入ります。


ここでもお互いの違いについて語ります。


しかし、軽快に歌い上げるその歌詞からは、その違いも楽しんでいるように感じます。

性格曲げてまで気持ちおさえてまで付き合うことないけど
一人じゃ持ち切れない素敵な時間に
出来るだけいっしょにいたいのさ

出典: https://twitter.com/smap_kashi_bot/status/932385572215185408

そして、その違いで衝突したり、喧嘩したりしてまで一緒にいることはなく、無理はしないようにという注意喚起を促します。


しかし、1人はやはり孤独なので、それでも無理のない範囲でなるべく一緒にいたいという、一貫した想いが語られます。

がんばってみるよ やれるだけ
がんばってみてよ 少しだけ
なんだかんだ言っても つまりは 単純に
君のこと好きなのさ

出典: https://twitter.com/masayoshi_kashi/status/935348834426798080

そして、最後はまたサビを繰り返します。


シンプルな想いを再び繰り返すことで、そのまっすぐさや想いの強さが際立った締めくくりになっています。

最後に

いかがでしたか?


「セロリ」の歌詞は、すれ違いは当然のことで、それでも無理なくお互いを想って、そばにいれたらいいよねという男女の恋愛における距離感を表現した歌詞になっていました。


また「セロリ」という言葉自体に特に意味は持たせているわけではなく、単純に好き嫌いを表現する時にそれを代表するような野菜として比喩的に使用されているそうです。

コード譜

また、この山崎まさよしの「セロリ」は、YouTubeなどでとても多くの人にカバーをされています。


そこで気になるのがコード譜の情報ですが、インターネット上のコード譜検索サイトに掲載されているので、これから「セロリ」をカバーしたい、そんな人は以下を参照してみてください。

まとめ

卓越したギターテクニックと、グルーヴィーな楽曲、そして、何よりも印象的なその声が魅力的な山崎まさよし。


ベテランとしての風格もどんどん増し、これからもアコースティックシーンを牽引していくことでしょう。


ぜひ「セロリ」、聴いてみてください。

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

山梨→東京。
調理師,栄養士,歌,ギター,BeatBox,ループマシン。
LOVE ムーミン,本,映画。
自身の音楽活動と並行して文筆業もこなす駆け出しライター。

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索