いいねして最新情報を受け取ろう!
ドロドロ不倫の歌特集【誰にも言えない禁断の恋】

2017年08月11日更新

スピッツ「運命の人」の歌詞詳細と動画ランキングを検索!

スピッツ「運命の人」は1997年に発売された17作目のシングルです。1999年に公開された映画「月光の囁き」の主題歌にもなったことで話題となったこの曲。歌詞の内容を詳しく見ていくとともに、動画ランキングも検索してみます。

スピッツ「運命の人」ってどんな曲?

運命の人

スピッツの「運命の人」は1997年にリリースした17枚目のシングルですが、1995年発売のアルバム「ハチミツ」の頃に本当は曲自体はできていたそうです。


しかし、選曲の際に毎回出すものの、メンバーから不評で、草野さんがシングルとして出すことを諦めかけていた頃、やっとメンバーが乗り気になってレコーディングを始めたそうです。


そんな「運命の人」が、スピッツの大ヒット曲となったことを考えると、草野さんが粘ってくれてよかったという感じですね。

「運命の人」が発売されたのは「愛はコンビニでも買える」時代!?

歌詞に関してはあとで詳しく触れますが、「愛はコンビニでも買えるけどもう少し探そうよ」という歌詞もインパクト大の「運命の人」。


この曲がリリースされたのは1997年なので、コンビニ24時間営業が始まってから20年以上がたち、やっと若者たちの間で当たり前になった時代と言えるでしょう。


「愛がコンビニでも買える」かどうかは別にして、コンビニが若者にとって何でも買える身近な存在になった時代であることは間違い無いでしょう。


こんな風にいうと、ずいぶん古いような気がしますが、まずはMVから見てみましょう。

気になるスピッツ「運命の人」のMVは?

遺体収納袋に入れられて病院の処置室のような空間に運ばれてきたメンバー4人の顔面は蒼白。


死んでいるという設定なのがわかりますが、歌っているボーカルの草野さんはいたって笑顔です。


死んでも音楽は手放さないというロック魂を表現しているのでしょう。


しかし、途中血の演出も入るので、シュールな世界観といい、苦手な人はただ苦手なMVかもしれませんね。

「運命の人」のMVの動画ランキングは?

発売から20年も経っているため、曲がリリースされてすぐにYou Tubeで後方が始まる今の曲と違って動画ランキングに入るほどの注目度はありませんが再生回数は3,763,130 回(2017年8月10日現在)と、多くの人が再生していることがわかりますね。


他にも「運命の人」への注目度がわかるランキングを見てみましょう。

「運命の人」はスピッツのシングル売り上げランキングでは9位!

空も飛べるはず

今もカラオケで定番曲となっている「空も飛べるはず」や「チェリー」など、名曲ぞろいのスピッツのシングル曲ですが、ORICON NEWSのサイトによると、「運命の人」はスピッツシングル売り上げランキングでは9位とメジャーレーベルで発売した曲だけでも200曲以上あるとされているスピッツの曲の中ではかなり人気の曲ということになりますね。

身近なものから深いテーマに発展する歌詞も人気の鍵に?

以前のインタビューで、ボーカルの草野さんは、バスに揺られながらなんとなく人生について考えた経験から「バスの揺れ方で人生の意味がわかった」という歌詞が生まれたというようなことを言っていました。


コンビニやバスなど、身近なものから人生や愛というテーマへと広がるこの曲の歌詞は当時も今も若者たちにテーマを投げかけるものとなっており、そうした点も、未だに人気の曲であることに繋がっているのかもしれませんね。


ではそんな「運命の人」の歌詞を一部抜粋してその意味を考えていきます。

「バスの揺れ方」から 「人生の意味」へ

バスの揺れ方で人生の意味が解った日曜日
でもさ 君は運命の人だから 強く手を握るよ

出典: https://twitter.com/bot_spitz/status/893617909041217536

歌い出しの歌詞はいろんな解釈があると思いますが、バスに揺られながらなんとなく人生の意味を考えていたら、自分の人生がなんとなく過ぎて終わっていくような感覚に陥ってしまいます。


しかし、そんな時に隣に座る彼女を見て、「運命の人」だと思うことで、前向きな気持ちになったというような歌詞では無いでしょうか。


なんとなく生きていくこともできるけど、自分の力で見つけた「運命の人」と生きる人生の方がずっといい、というような歌詞ではないでしょうか。

便利になった時代でも自力で探さなければいけないもの

愛はコンビニでも買えるけれど もう少し探そうよ

出典: https://twitter.com/bot_spitz/status/892425048861966336

コンビニで思いついたものが大概買えるようになった時代。


何を探すにも便利になった時代に、いろんなことに対してつい受動的になってしまいそうになるけど、愛は自分の力で探そうと呼びかけているのでしょう。


出会い系や、結婚相談所、婚活パーティーなど、愛がビジネスになった2017年には余計にこの言葉が響く気がしますね。

自分の信じるものは「自力で見つけよう」というメッセージ

走る遥かこの星の果てまで 悪あがきでも呼吸しながら君を乗せてゆく アイニージューあえて無料のユートピアも 汚れた靴で通り過ぎるのさ 自力で見つけよう神様

出典: https://twitter.com/spispht1235/status/200746059570495488

先ほどの歌詞と同様、今の時代にこそより刺さる歌詞になっているのがこのサビです。


便利になったことに加え、無料で「ユートピア」とも呼べるような快適な場所が見つけられるようになった時代。


今に置き換えて考えると、ソーシャルゲームやSNSの中のゆるい繋がりは無料ですし、とても居心地がいいですよね。


しかし、「無料」で差し出される「ユートピア」よりも、靴が汚れるくらいに色んな失敗もしながら自分の足で見つけた運命の人や、友人、信じるべきものはとっても価値のあるものだというメッセージが込められているのがこの歌詞だと思います。

スピッツ「運命の人」は今だからこそ聴きたい歌詞の曲だった!

「自力で見つけよう神様」という歌詞に象徴されるように、スピッツの「運命の人」はあまりにも急激に便利になっていく社会に対して、時間がかかっても自力で見つけなければならないものがあるんじゃないかという問題提起をしている歌詞という解釈ができることがわかりました。


ぜひ、今の自分の状況を思い浮かべながらこの曲を聴いてみてください。


何か見えてくることもあるかもしれませんよ。

関連人気記事ランキング

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

おすすめの記事

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索