ロビンソン

【スピッツ】歌詞の意味が実は怖い?!「ロビンソン」「楓」「スパイダー」の画像

1995年4月にリリースされたコチラの楽曲は、スピッツ11枚目のシングル

初のオリコンチャートトップ10入りを果たした思い出深い楽曲でもあります。

1996年に放送された大ヒットドラマ「白線流し」の挿入歌にも選ばれました。

【スピッツ】歌詞の意味が実は怖い?!「ロビンソン」「楓」「スパイダー」の画像

MV

シンプルな白黒の映像の中、レトロなバスに乗るメンバー

光の入るスタジオで、演奏しているシーンも重なります。

そして辿り着いたのは、冬の海でしょうか。

後姿が、まるで映画「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」のようです。

【スピッツ】歌詞の意味が実は怖い?!「ロビンソン」「楓」「スパイダー」の画像

歌詞

それでは、なぜこの歌詞が「こわい」のか見ていきましょう。

新しい季節は なぜかせつない日々で 河原の道を自転車で 走る君を追いかけた

出典: ロビンソン/作詞:草野正宗 作曲:草野正宗

新しい季節、この楽曲がリリースされた4くらいでしょうか。

新生活で、河原を走るわけですから学生さんが連想されます。

前には、彼女の後姿が見えているのでしょうか。

しかし「せつない」のはなぜでしょう。

新生活に憂鬱なことが多いのは世の常ですが、「会社に行きたくないなー」「学校に行きたくないなー」という憂鬱は「せつない」ではないような気がします。

続きを見ていきましょう。

思い出のレコードと 大げさなエピソードを 疲れた肩にぶらさげて
しかめつら まぶしそうに

出典: ロビンソン/作詞:草野正宗 作曲:草野正宗

大げさなエピソード、といえば新年会の自己紹介かなんかでしょうか。

疲れた方、で一気に新社会人が連想されますね。

同じセリフ 同じ時 思わず口にするような  ありふれたこの魔法で つくり上げたよ
誰も触われない 二人だけの国 君の手を離さぬように
大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の風に乗る

出典: ロビンソン/作詞:草野正宗 作曲:草野正宗

そんな帰り道、彼は愛しい彼女を思い出します。

日常のありふれた瞬間の幸せを思い出し、空想の翼を広げるのです。

君と僕だけの国。

仕事も、嫌な人付き合いもない幸せな妄想。

疲れた日々にはありがちなものですが、「空に浮かべる」必要はあるでしょうか。

妄想の舞台はふたりの部屋とかでいいような気もします。

さて、続きを読んでいきましょう。

片隅に捨てられて 呼吸をやめない猫も どこか似ている
抱き上げて 無理やりに頬よせるよ

出典: ロビンソン/作詞:草野正宗 作曲:草野正宗

「呼吸をやめない猫」、物騒ですね。

たしかに幼いころに捨てられれば、子猫は自力では生きていけません。

拾う神がいなければ、遠からず、その子は死んでしまうでしょう。

「どこか似ている」とは、誰に似ているのでしょうか。

5月病が末期の彼は、自暴自棄になってしまっているのかもしれません。

しかし最愛の彼女がいるはず…?

いつもの交差点で 見上げた丸い窓は うす汚れてる ぎりぎりの 三日月も僕を見てた
待ちぶせた夢のほとり 驚いた君の瞳 そして僕ら今ここで 生まれ変わるよ

出典: ロビンソン/作詞:草野正宗 作曲:草野正宗

いつもの交差点の丸い窓、つまりはカーブミラーのことでしょう。

写るか映らないかの位置、つまり「僕」の後ろの低い空に、三日月が浮かんでいるのでしょうか。

さて、次の歌詞が不穏です。

待ち合わせたのは「夢のほとり」なのです。

現実世界で待ち合わせて、彼女に愚痴でも何でも聞いてもらえばいいじゃないですか。

なんなら猫だって一緒に飼えばいいのに。

そう、彼女はこの世のひとではないのです。

そして彼は、そんな彼女に会いに行ってしまったのです。

彼が立っていたのは交差点です。

不運な、それとも故意の交通事故は、彼を彼女のもとへ連れて行ったのかもしれません。