HYのこれまで

2000年の結成以来、ずっと沖縄での活動を大切にしながら、数々の名曲を生み出してきたHY

まずはHYについて、おさらいをしていきましょう!

結成はいつ?

HY『Song for…』実は不倫の歌だった?!気になる歌詞の意味を徹底解釈!!の画像

HYが結成されたのは2000年

デビューアルバムは『Departure』で、2001年にリリースされました。

HYは所属レコード会社が自主レーベルだったので、インディーズデビューであり、2017年10月現在も自主レーベル所属のインディーズアーティストを続けています。

2003年に発表された『Street Story』が、4週連続オリコン1位を獲得するヒットになり、全国的に名前が知られることとなりました。

メンバーは?

A post shared by Ayumi Dai (@ayumi_da_) on


HYのメンバーは結成以来変わることなく5人です。

ボーカル兼キーボードの仲宗根 泉(なかそね いずみ)、ボーカル兼ギター新里 英之(しんざと ひでゆき)。ギター宮里 悠平(みやざと ゆうへい)、ベース許田 信介(きょだ しんすけ)、ドラム兼ラップの名嘉 俊(なか しゅん)で活動を続けてきました。

5人とも1983年度生まれの同学年(宮里のみ生まれ年が1984年だが、早生まれのため学年は同じ)で、メンバー同士の仲が良いのもHYの魅力の一つになっています。

HYはシングルリリースしない?

HYは日本のアーティストとしては珍しく、デビュー以来ずっと、ほぼシングルをリリースしないバンドとして活動をしています。

デビューもミニアルバムであり、その後もずっとアルバムでの楽曲発表を行ってきました。

2017年10月現在で、HYがリリースしているアルバムは12枚ありますが、シングルは10年目に発表したレンタル専用シングルの『レール』(2009年リリース)のみとなっています。

『Song for…』ってどんな曲?

さて今回の本題である『Song for…』は、聴いているだけだと“もしかして不倫の曲なんじゃ?”と思われやすいのだそう。

ではこの『Song for…』とは一体どんな楽曲なのでしょうか?

まずは動画楽曲をチェックしてみてください♪

ライブで『Song for…』が歌われた時の動画です。

『Song for…』の歌詞を徹底分析!

さきほど『Song for…』の動画をご紹介しましたが、楽曲を聴いてあなたはどんな感想を抱きましたか?

聴いただけではやはりハッピーな恋の曲には思えませんので、やはり何らかの「許されざる」恋の歌に思えます。

その真相を突き止めるべく、ここからは歌詞で楽曲を分析してみましょう!

全編にわたり苦しい恋心が吐露されている

ふたりが出会った事に もしも意味があるとするなら
こんなに苦しいのは今だけだよと自分に言い聞かせて

胸の傷みがアナタをどれだけ好きか伝えているよ
愛する事が怖くなっても アナタなら大丈夫だよね?

出典: https://twitter.com/billie_lov/status/920292395178008576

上記は曲の冒頭部分です。

たとえ両想いであっても、結ばれることが難しい恋をしている場合、人は「2人が出会ったことの意味」を考えたくなります

この曲でも「なぜ私たちは出会ったのか」ということを綴っているので、この時点では、この恋が周囲から祝福され、応援されるような恋ではないと想像できます。

抑えきれない気持ちは ドコへ行く事もなく
戻る事なんて出来ない時計のように ホラッ
今アナタへ
アナタだけに向かって 私は恋をしている

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B07204