以上、自分の弱さを歌にしながらもその弱さに思いっきり抵抗しまくるアニキ節全開の「BLACK TRAIN」をご紹介しました。

昔のアニキはもういないかもしれませんが、歌の間に垣間見える「青春のきらめき」を感じていただけたらと思います。「青春時代なうだけど長渕剛は聴いてねーよ」というヤング世代も、ヤングなうちに聴いておいて将来大人になって懐かしむ準備をしておきましょう。