平井堅のノンフィクション、歌詞が意味深すぎる。。。

2016年10月01日更新

KANA-BOON【ないものねだり・step to you・生きてゆく】の3部作ラブソングを徹底解釈

人気邦ロックバンドであるKANA-BOON。 今回はそんな彼らの知られざる恋愛長編ストーリーについて考えてみました。

KANA-BOONとはどういったバンドか

KANA-BOONとはどういったバンドか軽く説明!


大阪の三国ヶ丘Fuzzで育った谷口 鮪(Vo,Gt)、古賀 隼斗(Gt,Cho)、飯田 祐馬(Ba,Cho)、小泉 貴裕(Dr)からなる四人組のバンドです。


KANA-BOON」のバンド名の由来は、当時、Gtの古賀の中で流行っていた「ブーン」というネットスラングからとったもの。ちなみに、ハイフンを真ん中に入れた理由は「KAT-TUNみたいでかっこいいから」


キャッチーで踊りだしたくなるようなサウンドとVoの谷口のハイトーンボイスが特徴で聞くと元気になるバンドです。

KANA-BOONの紡ぐ長編ラブストーリー

KANA-BOON楽曲の特徴は、先述の通り元気の出る曲だと思います!


だけどそんなKANA-BOONの作るラブソング、ラブストーリーがとても良い!!
PVの中で泣けるところも笑えるところもあって、短編映画を見ているような感覚でPVを見てしまいます。


3部作に分かれてるので1つ1つ、紹介していきたいと思います。

1作目 ないものねだり

この作品はKANA-BOONの人気の火付け役ともなった作品ですね!
「ないものねだりゲーム」と名付けられ、PVを真似するカップルがTwitter上にたくさん出現しましたね、ちょっと羨ましいです。。。


この曲の特徴としては、キャッチーな音楽に乗せて、男女の恋愛のすれ違いあるある的なものを歌詞に使っていることです。

冒頭は中華料理屋で、2番は公園の遊具に座って、喧嘩になりそうなカップルを描いています。


ラストのサビ、力強く歌い上げるVoと歌詞のアンバランスさに僕は違和感を感じました。


ここからは僕の考えですが、ここには彼女の“決別”が現れていると思いました。
「なぜ僕のことをわかってくれないんだ」といった強引な彼の愛の形も見え隠れしました。
彼らの演奏を見る様子が映る彼女の表情は戸惑いで溢れていました。
そのあとの早足でその場を去る彼女。これで彼女にとって彼との恋愛は終わりを迎えたということでしょう。


彼はそのことを真剣に捉えておらず、彼女のことを友人に自慢しているところが最後にありました。

2作目 1.2. step to you

ないものねだりのアフターストーリーであるこの曲は彼らのメジャー1stアルバム「DOPPEL」に収録されています。
もちろんこの曲にもPVがあります。


この作品は2人が別れ、そして互いの境遇も変化しています。
彼氏はバンドマン、そして彼女は就職をしています。


歌詞を見てもらうとわかるようにこの歌の一人称である彼氏は、彼女を引きずっていますね。
一方彼女は、目力で破裂させてしまうほど嫌いだったタバコを吸い始め、今の生活に追われていて、彼氏のことなどすっかり忘れ去ってしまったかのように思えます。


しかし、彼女にも彼氏の面影が浮かんでくるなどどこかで忘れられてない様子ですね。


そしてラストのサビに突入します、かつてのあの場所。かつての2人が重なります。
しかし彼は1人で、ギターをかき鳴らし歌いだします。
力強く、彼の想いをまっすぐ歌います。


そういう彼を見て、彼女はまっすぐ彼を見つめます。
そして、微笑みます。


2人は二人乗りをしてかつての彼らの関係を取り戻そうと始めたかに思えました。


しかしそこで前作同様、警察官の登場です。そこで彼女は「付き合ってない」とハッキリ伝えます。
未練のある彼氏、彼女の心はわかりませんね。
この先が気になる終わり方です。。。

3作目 生きてゆく

懐かしいあの日のこと
むずかしいふたりのこと
恥ずかしい台詞をそっと下書き保存して

愛おしいあなたの顔と
くるおしい無邪気な声と
懐かしいあの日ときっと
今日でお別れなのです

支えきれない重さになったから
それが正解なんだよな

最後に君に一目会いたかったな

そして翌朝、旅に出るよ
いつだっていつだって
僕は憧れと生きてゆく
いつだっていまだって
君はあの日のままです

僕は右、君は左に
それぞれに生きてゆく
振り返れど陽炎
揺れる君が笑う

いつか会えればいいな
言葉を交わしたいな
なんてこと思わないさ
自分の道を生きる

伝えきれない想いになったから
これで正解だったんだよな

いつだっていつだって
僕は強がって生きてゆく
いつだっていまだって
日々はあの日のままです

街灯にあぶり出された影が僕を睨んでる
誰の声もしない真夜中に目が覚めて
僕らはなにかを失い生きてゆくと気づいたんだ

いつだっていつだって
僕は後悔と生きてゆく
いつだっていまだって
君はあの日のままです

いつだっていつだって
僕は君と過ごしたあの日々を
いつまでもいつまでも
忘れずに生きてゆく

生きてゆく

出典: http://j-lyric.net/artist/a05808c/l03279b.html

上が歌詞になっています。
いままでの二曲とは違った感じになっています。
バラードの曲調、直球の恋愛ソングになっています。


歌詞は、彼氏が彼女のことを忘れようとする未練を歌った恋愛ソングとなっています。
PVは二組の恋愛を現していて、いままでを知らなければただの恋愛ソングになっています。
ここらへんが続いているストーリーを追いかける楽しさですね。


彼女は勤めていた会社を辞めたのか、スーパーで働いています。新しい彼と付き合い始め、新しい幸せを掴もうとしています。
彼も新しい彼女を作り、バンドを続けながら幸せな日々を送っています。


でも彼らは心のどこかでお互いを探しているのでしょう


この曲のPVは時間軸の複雑な絡みがあると思います。
だけど、
「僕らは何かを失い生きてゆく」
この一言の重さはすごく心に残るリリックだと思います。

元カノ元カレを思い浮かべながら聞くとすごく心に染み渡ります。

まとめ

以上で三部作になります。

ここで終わりなのか、ここからまた続いていくのかも気になります。
皆さんも曲を聴いてPVを見て、別の考え方をしてみるのも良いのではないでしょうか。
この三曲は様々な解釈をさせてくれる名曲だと思います。


KANA-BOONと聞くと、皆さんは元気なサウンドを思い出すかもしれないですが、こんなラブソングもあるという一面をこの記事を見て知っていただければ幸いです。


そしてこれを見てKANA-BOONにハマったら、いい曲だらけなので是非聞いて欲しいと思います。

KANA-BOONをもっと知りたいあなたへ

まだあまりKANA-BOONを聞いたことのない人はこれ

人気曲の歌詞解釈記事

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索