レミオロメンの楽曲「粉雪」について

レミオロメンの名曲「粉雪」の歌詞の知られていない本当の意味とは!?PVが切なくて泣ける…!の画像

それではまず初めに、今回紹介するレミオロメンの曲である「粉雪」についてお話ししていきます。

おそらく、一度はあなたも「粉雪」をどこかで聴いたことがあるかもしれません。

この曲は冬をイメージとした名曲として、これまでに数多くのアーティストからもカバーされた曲になっています。

そんなレミオロメンの曲である「粉雪」は、2005年11月16日にリリースされたレミオロメンの中でも通算8枚目となるシングル「粉雪」に収録された曲です。

この曲はフジ系ドラマ「1リットルの涙」の主題歌に起用され、これまでにレミオロメンがリリースしてきた数多くの作品の累計売上を大幅に上回り最終的には85万枚以上もの売上を達成した名曲となっています。

レミオロメンはこれまでに紅白歌合戦に出場していますが、彼らが第60回紅白歌合戦に初登場した時は「粉雪」が披露されました。

そしてこの曲は季節を表す「冬」や「雪」、また「氷」などといったキーワードで作られた曲においてカラオケリクエストランキング1位を獲得しました。

また「粉雪」はオリコンチャート・ランキングにもランクインしており、週間オリコンチャート・ランキングでは2位にランクインしました。

そのほか2005年11月度月間オリコンチャート・ランキングでは8位、2005年度年間オリコンチャート・ランキングでは109位を獲得しました。

しかし、実際にこの曲がリリースされたその次の年の2006年度年間オリコンチャート・ランキングでは2位にランクインしました。

「粉雪」は、これまでに多くのアーティストがカバーしてきただけでなくカラオケにおいても未だなお数多くの人々に歌われる人気曲となっています。

「粉雪」には知られていない本当の意味があった?

レミオロメンの名曲「粉雪」の歌詞の知られていない本当の意味とは!?PVが切なくて泣ける…!の画像

そんな国内でも超有名な曲である「粉雪」ですが、この曲は多くの人々にドラマ「1リットルの涙」の世界観が表現された曲であるとして捉えられています。

しかし実際には、まだ知られていない本当の意味があったのだとか…。

ではその本当の意味というのは一体どのようなものなのかというと、実はこの曲は別れを惜しむ気持ちが表現された歌詞になっているだけでなく、失ったモノに対して"近づきたい"という意味があるのではないかと考えられています。

「1リットルの涙」は、女性が病気によって亡くなってしまうというあらすじになっており、一見この曲は男性の女性との永遠の別れを惜しむ歌詞になっているのではないかと思われがちです。

しかし実際には、この曲の歌詞にはそれ以外にも失ってしまった女性に近づきたいという気持ちが歌詞で表現されているのではないかというのです。

それにしても、やはり切ない歌詞ですよね。

「粉雪」の歌詞を読み解く

レミオロメンの名曲「粉雪」の歌詞の知られていない本当の意味とは!?PVが切なくて泣ける…!の画像

ではここで、そんな切ない歌詞になっている「粉雪」の歌詞を読み解いていきたいと思います。

失ってしまったモノを惜しむ想い、またそれに近づきたいと嘆く気持ちが表現されたこの曲の歌詞は一体どのようになっているのでしょうか。

粉雪舞う季節はいつもすれ違い

粉雪舞う季節は いつもすれ違い
人混みにまぎれても 同じ空見てるのに
風に吹かれて 似たように凍えるのに

出典: 粉雪/作詞:藤巻亮太 作曲:藤巻亮太

ではまず初めに、こちらの歌詞から見ていきましょう。

ここでは、毎年訪れる冬の季節はいつもすれ違いが起こっていたねという過去を振り返っていることが歌詞で表現されています。

歌詞の意味としては、"毎年訪れる冬は、人混みの中で同じ空を見て風に吹かれながら同じように凍えていたのにすれ違っていたね"というようになります。

本気で君のことを思っているんだ

僕は君の全てなど 知ってはいないだろう
それでも一億人から 君を見つけたよ
根拠はないけど 本気で思ってるんだ

出典: 粉雪/作詞:藤巻亮太 作曲:藤巻亮太

次に、こちらの歌詞です。

ここでは、曲中の"僕"の気持ちが真っ直ぐに表現された歌詞になっていることがわかります。

なのでこの歌詞の意味としては、"僕は君の全てをまだ知りきれていないかもしれない。でも1億人もの中から君を見つけることができたんだ。本気でそう思っているよ"というようになります。

些細な言い合いも、もう無いんだね

些細(ササイ)な言い合いも無くて(La la lai la la lai)
同じ時間を 生きてなどいけない
素直になれないなら 喜びも悲しみも虚しいだけ

出典: 粉雪/作詞:藤巻亮太 作曲:藤巻亮太

そして、こちらの歌詞を見ていきます。

ここでは、すでに失ってしまった彼女に対してまるで囁いているような歌詞になっているのがわかります。

この意味は、"もう些細な言い合いも無くなってしまったんだね。僕らはもう、同じ時間を生きてはいけないんだ"というようになります。

粉雪が心まで白く染めてくれたら…