青空とは

aiko【青空】歌詞の意味を徹底解説!主人公の空はどうなってしまった?失恋して薬指を縛った理由を考察の画像

等身大の恋心を、すっと駆け抜けていくそよ風のような声で歌い上げるシンガーソングライターaiko

日本の音楽のメジャーシーンの第一線で、時に甘く時に切ない恋愛ソングを歌い続けています。

青空は彼女が2020年2月に発売した39作目のシングル。全作から約1年9ヶ月ぶりの、ファン待望の一曲です。

晴れ渡る青空のように軽快な曲調とは裏腹にその歌詞は主人公の悲痛な心境をまっすぐに綴ったものとなっています。

聴いていて胸を締め付けられるような歌詞に込められた思いを考察していきましょう。

あなたとの恋

禁じられた関係

触れてはいけない手を 重ねてはいけない唇を
あぁ知ってしまった あぁ知ってしまったんだ

出典: 青空/作詞:AIKO 作曲:AIKO

ささやくようなaikoの声は許されない恋を歌います。

おそらく、浮気や不倫のような禁じられた関係に落ちてしまったのでしょう。

恋い慕った人には相手がいるにもかかわらず、唇を重ねてしまいます。

進んではいけない一歩を踏み出してしまった主人公の後悔と負い目。

けれどもう知らなかった頃には戻れない。後戻りはできないという気持ちが表れています。

身を裂くほどの別れ

あなたにもう逢えないと思うと 体を 脱いでしまいたいほど苦しくて悲しい
あなたに出逢う前の何でもなかった 自分に戻れるわけが…

出典: 青空/作詞:AIKO 作曲:AIKO

そうして始まった恋も、月日を経て終わりが訪れます。

もう会うことは出来ない。二人は禁じられた関係に別れを告げたのでしょう。

この別れは主人公にとって身を掻き毟るほど辛く苦しいものでした。

その人と過ごした時間、重ねた経験は主人公の価値観すら変えてしまうものだったのでしょう。

出会いの前と後で、主人公の世界は大きく変わってしまいました。

それだけ大きな存在で離れがたい人だったのですね。

間違いを引き返せない目の奥まで苦い
だけど無しに出来ないよ ずっと背けてた

出典: 青空/作詞:AIKO 作曲:AIKO

あなたと一緒にいた頃の回想でしょう。

二人の関係が間違いだと分かっていても、もう感情に歯止めが利かなかったのです。

彼の本当の相手への罪悪感や謝罪の念を常に感じていたとしても。

彼への気持ちと隣にいられる時間を失いたくなかった主人公はその現実から目を背け続けていたのです。

ですが、その時間は長く続きません。

禁じられた関係が正される時が来てしまったのです。

呆然と見上げた空

振り返る思い出

ちょっと唇に力入れて
何にでも頷いてって今思い返すと馬鹿みたいだな
ボーッとした目の先に歪んだ青い空

出典: 青空/作詞:AIKO 作曲:AIKO

辛い思いを噛みしめながら、楽しかったあの頃を思い返します。

あなたの言うこと、すること全てをなんの疑いもなく肯定していた主人公。

それくらい自分にとっての全てであり、彼を信じていたのですね。

ぼんやりと青空を眺めながら、その純粋でまっすぐだった自分の心をバカみたいだと笑います。

歪んだ空が示すもの

この時眺めているのは歪んだ空。

空がなぜ歪んでいるのか。主人公はまだその理由に触れようとしません。

ここでの空の歪みは、主人公の抱える悲しみの象徴です。

あまりに大きな悲しみは、目に映る景色や主人公自身の心すら歪めてしまったのでしょう。