井上陽水のこれまでの活動

福岡生まれのシンガーソングライター

「リバーサイドホテル」(井上陽水)川ってまさか死後の世界のアレ!?歌詞の意味に隠された真相とは!?の画像

井上陽水は、1948年8月30日生まれ。福岡県出身のシンガーソングライターです。

本名は同じ井上陽水と書いて「いのうえ・あきみ」。

この芸名になるまでは「アンドレ・カンドレ」という名前で活動していました。

井上陽水としてデビューしたのは、1972年。デビュー曲は、シングル「人生が二度あれば」でした。

同年5月には、衝撃的な歌詞で話題となった「傘がない」を収録したアルバム「断絶」をリリース。

その後、「少年時代」「夢の中へ」など、誰もが知るヒット曲を次々と世に送り出しました。

また、1999年に発表した2枚組ベストアルバム「GOLDEN BEST」は、堂々のミリオンセラーを記録しています。

他アーティストへの楽曲提供も多数

「リバーサイドホテル」(井上陽水)川ってまさか死後の世界のアレ!?歌詞の意味に隠された真相とは!?の画像

井上陽水といえば、他のアーティストに提供してヒットした曲も数多くあります。

安全地帯「ワインレッドの心」歌詞)、中森明菜「飾りじゃないのよ涙は」歌詞・曲)、PUFFY「アジアの純真」「渚にまつわるエトセトラ」(歌詞)などが有名ですね。

ちなみに、安全地帯は元々井上陽水のバックバンドを務めていました。

また、1996年には奥田民生と共に「井上陽水奥田民生を結成。

シングル「ありがとう」をリリースしています。

大ヒット曲「リバーサイドホテル」とは?

「リバーサイドホテル」(井上陽水)川ってまさか死後の世界のアレ!?歌詞の意味に隠された真相とは!?の画像

田村正和主演のトレンディドラマ主題歌

「リバーサイドホテル」は、井上陽水が1982年7月5日にリリースしたシングル曲です。

その年の12月5日発売のアルバム「LION&PELICAN」の先行シングルとして発売されました。

発売当初はオリコン54位とあまり奮いませんでしたが、田村正和主演のフジテレビ系ドラマ「ニューヨーク恋物語」主題歌に起用されたことで人気を呼び、最高11位まで急上昇しました。

ドラマ第1シリーズと続編の2作でこの曲が使われ、多くの人の耳に残りました。

イーグルスの名曲「ホテルカリフォルニア」から発想を得た?

「リバーサイドホテル」(井上陽水)川ってまさか死後の世界のアレ!?歌詞の意味に隠された真相とは!?の画像

この「リバーサイドホテル」は、アメリカのロックバンド「イーグルス」の名曲「ホテルカリフォルニア」と世界観がよく似ているため、ここからヒントを得て作られたのではないかという説があります。

「ホテルカリフォルニア」にはモデルは存在せず、ファンの間では「このホテルがあるのは死後の世界ではないか?」という少しホラーな解釈もなされています。

「リバーサイドホテル」の歌詞には隠された意味がある?

「リバーサイドホテル」は三途の川だった!?

「リバーサイドホテル」は、逃避行的な旅を続ける男女を描いた楽曲です。

しかしタイトルの」「リバー」が、実は死後の世界の「三途の川」ではないかという説がまことしやかに流れているのをご存知ですか?

「リバーサイドホテル」が「ホテルカリフォルニア」を下敷きにして作られた曲であるならば、もしかするとその世界観も共通しているのでは?と考えられているのです。

「リバーサイドホテル」の曲中に登場する男女は、既に命を落としていて、三途の川を目指して死後の世界をさまよっているのでしょうか?

そこで、「リバーサイドホテル」の1番と2番の歌詞を見ながら、少しホラーな観点から考察していきたいと思います!

1番の歌詞