超特急とは?

「超ネバギバDANCE」(超特急)の歌割りと振り付けを覚えたい!歌詞の意味とCD情報も教えます!の画像

史上初のメインダンサー&バックヴォーカルグループ

超特急は、スターダストプロモーション所属の音楽ユニット。

彼らは、ダンサーがセンターとなる「メインダンサー&バックヴォーカル」という珍しい形式をとっています。

もちろん曲ごとにメインとなるダンサーも変わり、キレのあるダンスが披露されます。

デビューは2012年

超特急が結成されたのは、2011年。

当時のユニット名は「超特急☆-BULLET TRAIN-」でした。

そして、2012年にシングル「TRAIN」でメジャーデビューを果たします。

2014年まえに8枚のシングルをリリースし、2014年12月には初のアルバム「RING」を発売しました。

その後も精力的にリリースを続け、2016年には2枚目のアルバム「Dramatic Seven」を発売しています。

これまでにリリースしたシングルアルバム、合わせて13作品はどれもオリコンのウィークリーチャートで連続トップ10入りを果たしました。

また、音楽活動だけに留まらず、テレビやラジオのレギュラー番組を持ったり、ドラマ出演をおこなうなど、メディアへの露出も積極的。

また、彼らのライブファンとの一体感が強い参加型ライブで、チケットもすぐにSOLD OUTしてしまうほどの人気です。

メンバーは電車がモチーフ

超特急のメンバーは、コーイチ(1号車)・カイ(2号車)・リョウガ(3号車)・タクヤ(4号車)・ユーキ(5号車)・ユースケ(6号車)・タカシ(7号車)の7人。

そのユニット名のとおり、メンバー全員を電車になぞらえています

メンバーにはそれぞれイメージカラーがあり、ファンは自分が好きなメンバーのカラーで揃えたコーディネートでライブに挑むそう。

さらに、彼らはファンのことを「8号車」と呼んでおり、メンバーの一員として大切にしていることがわかります。

超特急12枚目のシングル「超ネバギバDANCE」

「超ネバギバDANCE」(超特急)の歌割りと振り付けを覚えたい!歌詞の意味とCD情報も教えます!の画像

ダサカッコ良いダンスチューン

超ネバギバDANCE」は、2017年4月26日にリリースされた、超特急の12枚目のシングル

また、デビュー5周年の記念シングルでもあります。

曲のテーマは「SUPER(超)」。

まさに超特急そのものを表しているかのようです。

そのテーマのとおり、超特急がこれまで貫いてきた「ダサカッコ良さ」が存分に発揮されたエンターテインメント性の強い楽曲に仕上がりました。

ジャケット写真は、ロンドンで撮影ロケを敢行。

有名なビッグ・ベンやアビイ・ロード、キングス・クロス駅などがMVの中にも登場します。

ちょっとレトロな雰囲気も漂うダンストラックです。

大人の事情で歌詞が変更?

2017年3月23日、YouTubeにアップされた「超ネバギバDANCE」の公式動画が、著作権侵害により突如日本レコード協会によって削除されるという事件が起こりました。

噂によると、歌詞の一部が某アイドルグループの曲の歌詞に似ていたからだとか……?

そこでサビの歌詞を一部変更し、4月7日に再び動画が公開されました。

変更後の歌詞も、ファンには好評のようです。

「超ネバギバDANCE」歌詞の意味を紹介!

バリカタな頭じゃカリスマにゃなれない

気付けばいつもSURVIVE
夢中で駆け抜けてきた
リアルとギークのARCHIVE
遥かこの地へ導いた

理不尽な世界に ゴージャスな理想
バリカタな頭じゃ カリスマにゃなれない

出典: 超ネバギバDANCE/作詞:ロマンス倶楽部 作曲:ロマンス倶楽部