【募集】日本最大級の音楽メディアotokakeの運営メンバーを大募集!

2018年05月16日更新

ため息 shooting the MOON/UNISON SQUARE GARDENの歌詞を徹底紹介

UNISON SQUARE GARDENの4枚目のフルアルバム「CIDER ROAD」の2曲目に収録されている「ため息 shooting the MOON」、今回はこの楽曲の歌詞について紹介したいと思います。

UNISON SQUARE GARDENを軽く紹介

高校時代のライブ仲間だった3人。2004年に斎藤宏介の呼びかけにより、東京都中野区の某スタジオにて結成。


写真左から、田淵智也、斎藤宏介、鈴木貴雄。

ため息 shooting the MOON

UNISON SQUARE GARDENの4枚目のフルアルバム「CIDER ROAD」の2曲目に収録された楽曲


1曲目の「to the CIDER ROAD」から続き、3曲目の「リニアブルーを聴きながら」にバトンを渡す、割と重要な位置にいる曲です。


そんな「ため息 shooting the MOON」、今回はこの楽曲歌詞を私なりの解釈を交えて、徹底紹介したいと思います。


その前に、ちょっと収録アルバムに触れておきましょう。

4thアルバム「CIDER ROAD」について

1. to the CIDER ROAD
2. ため息 shooting the MOON
3. リニアブルーを聴きながら
4. like coffeeのおまじない
5. お人好しカメレオン
6. 光のどけき春の日に
7. クロスハート1号線(advantage in a long time)
8. セレナーデが止まらない
9. 流星のスコール
10. Miss.サンディ
11. crazy birthday
12. 君はともだち
13. シャンデリア・ワルツ

出典: CIDER ROAD/UNISON SQUARE GARDEN

前述の通り、1曲目の「to the CIDER ROAD」から、間髪入れずに始まるのが、今回紹介する「ため息 shooting the MOON」。


3曲目の【劇場版 TIGER&BUNNY -The Beginning-】の主題歌にもなった「リニアブルーを聴きながら」へとバトンを渡す重要な位置に配置されています。


4曲目には、初めてホーンセクションを導入した「like coffeeのおまじない」がきて、魂を削って書いたと言われている「お人好しカメレオン」を5曲目に配置。


6曲目にはバラードになるのかな?という「光のどけき春の日に」。


タイトルを古今和歌集から引用してくる辺り、田淵は頭が良いなぁと思ってしまいますね。知識が豊富というか。


意味は、“日の光がこんなにものどかな春の日に”という意味だそうで、紀友則の詠んだ歌で、小倉百人一首にも収録されているらしいです。


ちょっと話が逸れましたが、続いてラブソング?な感じの「クロスハート1号線(advantage in a long time)」が7曲目に。


そして8曲目には「セレナーデが止まらない」。この曲がまた格好良いのです。9曲目には6thシングルの「流星のスコール」。


10曲目の「Miss.サンディ」は「MR.アンディ -party style-」(メジャー1stアルバム6曲目)を思わせる曲になっていて、ファンにはちょっと嬉しい感じに。


11曲目には「crazy birthday」は詞遊びをしているかのような曲(本当はもっと語りたいんですが、本題から外れ過ぎてしまうので割愛)になっています。


12曲目の「君はともだち」はとても優しい曲になっています。


アルバムの最後を飾るのは「シャンデリア・ワルツ」。ワルツと言いながら4拍子の曲というw


田淵くん曰く「シングルで出したかった曲」であり、このアルバムの「バンドを線で理解してもらうために必要な手札」でリード曲的存在だったそうですよ。


OAD『夜桜四重奏 ~ツキニナク~』エンディングテーマにもなっており、このアルバム自体に(と勝手に解釈しているのですが)「分からず屋には見えない魔法をかけたよ」だそうです。


…とまぁ、こんな感じのアルバムに、今回紹介する「ため息 shooting the MOON」も収録されています。

「ため息 shooting the MOON」を紐解いてみよう!

ハーレムの準備していつまで待ってんの?
ご自慢の酒池と肉林は絶賛逃走中
あまつさえ鼻で笑う沙汰の影響で
上手に0円のスマイルさえ呼び出せないの in you? from you?

Hey, 六拍子は三で割ったら二拍子
小学校ぐらいの僕がある日突然ひらめいちゃって
正解はどれだっていいんだって だって人間はいっぱい
たくさん、大勢、だらけ、ばっか、それだけいれば誰かがやってくれるよ

出典: ため息 shooting the MOON/作詞作曲:田淵智也

いきなり、どう解釈したら良いんだろうか?と悩んでしまう歌詞なんですがw


まぁね、こういう意味の良く分からない歌詞を、カッコイイ曲調に乗せて唄ってしまうのが、この「UNISON SQUARE GARDEN」というバンドだと思ってるんですけど。


いきなり皮肉から入ってますね。


でも、その皮肉を言う相手が「自分なのか、相手なのか、分からなくなってる」んでしょう。


分かりますけどね。私にもそういう時ありますから。


「六拍子は三で割ったら二拍子」っていう歌詞、個人的に大好きなんですよ。


言ってしまえば「だからどうした」というのを歌詞にできちゃう田淵くんがすごいな、と。


で、次の歌詞に続くわけですね。


私も共感するところがあって。人任せというか、他力本願というか。

僕は僕が知ってる つーかむしろ no one no one know that way
お叱りは嫌いですけど やむを得ず得ず

運命を知ってしまう僕らの想いは はじける
満月を欠けさせたため息 朝を待つ

出典: ため息 shooting the MOON/作詞作曲:田淵智也

英語の部分は「僕ですら僕の事知らないのに」と解釈できるかな、と。


お叱りって何だろうと思ったんですが、恐らく先に歌詞に出ていた「誰かがやってくれる」という他力本願なところで、因果応報で痛い目見るぞ、ってことなのかな?

2番はどうなる??

テレビの中の正義だけが正義と思っていて
最近疑問を呈し 回避したいのよ思考停止
沢山の価値があって 自分サイズのもの選んで
それぞれのイノベート つまり観測データに嵌めてる場合じゃないよ

って内容がもっと培養して代用になって
簡単と思うんだけど何故だかベルリンの壁
途方に暮れちゃって空を仰いだ瞬間に
退屈を駆け回って華々散った長々流れ星

出典: ため息 shooting the MOON/作詞作曲:田淵智也

なんか流されてる時って、思考停止してませんか?それを回避したい気持ちはよく分かります。


でも、今更自分探ししてる場合じゃないよ、と言っているように思います。


そんな事してるから、簡単な事のはずなのに、やたら小難しくなっちゃって、気付けば「何故だかベルリンの壁」のようになっていた、と。


途方に暮れて空を見上げたら、流れ星がすーっと消えてく瞬間だったのかも。


これも次の歌詞に続く大事な布石ですね。

流れ星が生きる希望?

そうか手が届かなくても it's still alive, shiny shiny energy
手を伸ばした少年少女が 街をうろうろ

運命を知ってしまう僕らの想いは はじける
満月を欠けさせたため息 朝を待つ

出典: ため息 shooting the MOON/作詞作曲:田淵智也

英語の部分、ここでは「生きた(もしくは生きる)希望」みたいな意味になると思います(英語は苦手です)。


だから、手が届かないと知っていても、その流れ星に手を伸ばすんでしょうね。そんな少年少女が街をうろうろする、と。


ここで出てくる「運命」ってなんなんでしょうね。

最後が一番難解だったw

離れれば離れるほど 小さくなる世の常です
濃くならず尖りもせず 空気と遜色なく続く
離れれば離れるほど 小さくなる世の常でも
意識を持ち合わせれば 月も貫くらしい

運命を知ってしまう僕らの想いは はじける
満月を欠けさせたため息 朝を待つ

タダで貰える景色を飲み込んで まだ疑うなら
退屈を駆け回れ少年少女 ほら、いっせーの、「」

"Are you ready?"

出典: ため息 shooting the MOON/作詞作曲:田淵智也

ここでは「月を貫いてやろうと思えば、できない事じゃない」と唄っています。


タダで貰える景色=退屈に思えるけど、実は貴重な時間って事なのかな?と私は思うのですが。


そこで、「まだ疑うなら、退屈を駆け回れ少年少女」に繋がるのかな。そうすると、ある程度話の流れができるように思いますね。


「ほら、いっせーの「」」っていう部分は何なんでしょう。。「」が気になりますよね。何を言いたかったんだろうか。


最後に、「“Are you ready?”」準備は良いか?と締めてるんですよね。


いっせーの、で何かを言う準備は良いか?という事でしょうか。

まとめると、どういう意味?

簡潔にまとめると、どういう意味の歌詞なのか、というのが気になるところですよね?


私なりの解釈ですが、以下のような事をメッセージとして受け取りました。


・誰が正解なんてない、みんな違うし、それで良いんだ


・何にしても得意な人が得意な事をやれば良いんじゃない?


・でも、他力本願は良くない。怠けていると痛い目見るよ


・簡単な事なのに高い壁を作ってしまいがちだよね


・たとえ手が届かなくても、生きた希望には手を伸ばしてしまうもの


・どんなに常識だと思う事でも、意識を持ち合わせればできない事はない


・だから、やってやろうぜ、少年少女よ。準備は良いか?


こんな感じじゃないかなぁ、と思いますが。


皆さんの解釈は、どんな感じですか?


難解ではありましたが、結構楽しく解読させて戴きました♪

UNISON SQUARE GARDENの今

意外と前向きな曲だった「ため息 shooting the MOON」。今回自己流とは言え、解読してみて更にこの曲が好きになりました。


「ため息 shooting the MOON」は4枚目のフルアルバム「CIDER ROAD」の2曲目なので、ちょっと古い楽曲になりますね。


UNISON SQUARE GARDENは現在7thアルバム「MODE MOOD MODE」を出していて、そのアルバムを引っ提げての全国ツアーを廻っています。


これからの時期はフェスやら何やらイベント出演も予定されているようなので、三人の体調などが心配になりますが。


そして、NEWシングルもリリースしてますね。こちらは「3月のライオン」のTVアニメ主題歌となっているようです。

まとめ

いかがだったでしょうか?


私なりの解釈で申し訳ないのですが、こんな感じで歌詞解説させて戴きました。


でも、「正解はどれだっていいんだって」って、田淵くんに言われてしまいそうですねw


あなたは、どう読み解きましたか?きっとそれが正解の解釈です。


普段からUNISON SQUARE GARDENが言っている、「好きなように楽しんで欲しい」という言葉と、伝えたい事は同じなんだと思います。


どんな感じで受け止めても、あなたがそう思うならそれが正解なんです。きっと。


今回の私の解釈を読んだ上で、あなたがどう思うのか。詞には、必ず意味があります。意図も。


日頃何となく聴いている曲も、あなたに何か訴えかけているかもしれません。


ほんのちょっと、歌詞カードを手にとって、少し考えてみるのも、面白いかも知れませんよ。


では、今回はこの辺で。。


また他の記事でお会いしましょう♪

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

横浜出身横浜在住のハマっこ。好きなアーティストは「ゆず」「UNISON SQUARE GARDEN(以下USG)」「打首獄門同好会(以下打首)」です。特に「ゆず」のファン歴は長く、「USG」「打首」は最近ハマりました。「ゆず」「USG」はFC会員。最近は何をするにも「USG」を聴いています。

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索