このように、「主人公が何度も同じ日のループを繰り返す」という点で、「コノハの世界事情」には「カゲロウデイズ」との共通点があります。

そして、じん(自然の敵P)のファンの間では『「コノハの世界事情」の主人公が救おうとした少女こそ、「カゲロウデイズ」の主人公ではないか?』と噂されています。

つまり、同じ時間軸に存在しているものの、2人はお互いに相手を救えない日を繰り返しているということです。

絶望的な状況ですが、いつか終わりが来ることはあるのでしょうか?

その鍵は、「コノハの世界事情」に現れた「目」にあるのかもしれません。

まとめ…じん(自然の敵P)の世界観を深く知ろう

どうやら、じん(自然の敵P)の「コノハの世界事情」は「カゲロウデイズ」と何らかの繋がりがあるようです。

ですが、この2曲を含めた「カゲロウプロジェクト」の物語を知るためには、じん(自然の敵P)の小説やアニメをより深く研究する必要があります。

MVを見て興味を持った方は、じん(自然の敵P)の作品にもっと触れてみて、解釈を試みてはいかがでしょうか?

カゲロウデイズ -in a daze- (KCG文庫)
Posted with Amakuri at 2017.11.20
じん(自然の敵P)
エンターブレイン