究極の友情ソング!

「リユニオン/RADWIMPS」は究極の○○ソング?!歌詞の意味を解説!アルバム『×と○と罪と』収録の画像

映画『君の名は。』の音楽を担当し、一躍有名となったRADWIMPS

一時はテレビやラジオで名前を聞かない日はないほどでした。

それまでテレビ出演はしないスタンスで活動していたので、お茶の間での知名度はまだ高くありませんでした。

しかしこの映画をきっかけに、 RADWIMPSの名前を知った方も多いのではないでしょうか?

ロック好きからは十年以上前から愛されている彼らの魅力は、何と言っても歌詞の奥深さです!

燃え上がるような恋愛をテーマにしたものや、社会派な重たいものまで、驚くほど広い世界観を有しています。

今回はその中でも「友情」をテーマにした『リユニオン』の世界を紹介します!

リユニオンとは?

リユニオン(reunion)にはこのような意味があります。

  • 再会
  • 同窓会
  • 再結合

 一度離別してからもう一度再び集まる、という意味なのですね。

「出会った日からずっと友達」みたいな友情ソングは多いです。

しかしこの歌のタイトルは違うようです。

離ればなれになってもいいじゃん。また会えるのが友達だろ?

もしかして、そんな意味合いが込められているのでしょうか?

Xと○と罪と

「リユニオン/RADWIMPS」は究極の○○ソング?!歌詞の意味を解説!アルバム『×と○と罪と』収録の画像

この曲は2013年12月11にリリースされた7thアルバム『×と○と罪と』に収録されています。

前作『絶体絶命』がリリースされたのが2011年3月9日でした。

実に2年9ヶ月ぶりで、当時としてはこれまでのリリースペースより最も遅かったです。

ソロ活動から得たもの

「リユニオン/RADWIMPS」は究極の○○ソング?!歌詞の意味を解説!アルバム『×と○と罪と』収録の画像

先に『Xと○と罪と』は最も遅いペースのリリースであることを紹介しました。

実はその間、ボーカルの野田洋次郎はソロプロジェクトの「illion」を始動させました。

始めるきっかけはもちろん2011年に起こった東日本大震災です。

そしてバンドではなく、個人としての夢である海外進出を果たすためにも始めたものです。

そのためライブ活動もイギリス・ロンドンや、ドイツ・ハンブルクで行われました。

日本での初公演は2016年のFUJI ROCK FESTIVALでしたから、驚きですね!

RADWIMPSの活動にも必要なもの

野田洋次郎曰く、 RADWIMPSの活動は「起きている時間」なのだそうです。

一方のillionは「寝ている時間」と喩えています。

バンド活動とソロ活動はまったく別のところにありながら、表裏一体と捉えているのかもしれませんね。

実際に作風も、 RADWIMPSとは大きく異なるのです。

 RADWIMPSでの歌詞は含蓄ある言葉が並びます。

しかしillionではもっともっとシンプルな表現が目立ちます。

こちらは映画『東京喰種 トーキョーグール』の主題歌に抜擢された『BANKA』です。

ストレートな歌詞

同じ酸素を吸ってるのに もう同じ息は吐けない
枯れるまでが花なのなら 最後まで ちゃんと燃やすよ
声で交わすよりも手を握る方が わかることがあるよ
だから僕らは その手を離すの お喋りが好きなの

出典: BANKA/作詞:illion 作曲:illion

人間のうちに秘められた二面性や、相反する様子が描写されています。

野田洋次郎が得意とするアイロニックさが覗く歌詞ですが、それでもストレートな表現ですね。

初見でも分かりやすい表現ながら、聴き込むほど新たな発見があるのが RADWIMPSの魅力です。

しかしillionでは、その分かりやすい部分がより強調されている気がしませんか?

ソロ活動を経て……

「リユニオン/RADWIMPS」は究極の○○ソング?!歌詞の意味を解説!アルバム『×と○と罪と』収録の画像