ONE OK ROCKの初心者に贈るランキング

閉塞したロックの現状に新風を吹き込む

【ONE OK ROCK(ワンオク)】の2019年版おすすめ人気曲ランキングTOP10!初心者必見☆の画像

ONE OK ROCK(ワンオク)が今日まで遺してきた業績。

それは閉塞して行き場を見失っていたロック・ミュージックに絶えず新風を送り込むこと。

ロック・ミュージックはONE OK ROCKのもとで蘇生し息を吹き返します

新時代を予見させる彼らの音楽は国内外を問わず絶大な支持を得るに至りました。

決して平坦な容易な道ではなかったはずです。

2019年2月13日に発表されたアルバム「Eye of the Storm」は3作連続のオリコン・チャート1位を獲得。

今や押しも押されもしない支持を得るに至りました。

そんな彼らの2019年版おすすめ人気ランキングTOP10をお届けします。

初心者向けに抑えておきたい10曲を厳選いたしました。

2019年に選ぶランキングですから「今日性」も重視いたします

また、初心者の方への配慮のため個人的な思い入れなどの主観よりもデータの方を重視しました。

元来、ONE OK ROCKの魅力はわずか10曲だけで語れるものではありません

様々な名曲を選外に漏らすことは心苦しいものです。

また音楽というものは本質的にランキングという形式と相性が悪いところがあります。

それでも初心者の方に向けて開けた記事にしたく想うのです。

記事を読んで「私ならこんなランキングにした!」と皆さん自身がTOP10を編んでいただけたら嬉しいです

それでは2019年版ONE OK ROCKおすすめ人気曲ランキング第10位から第1位までお楽しみください。

第10位 「Taking Off」

【ONE OK ROCK(ワンオク)】の2019年版おすすめ人気曲ランキングTOP10!初心者必見☆の画像

2016年9月16日発表、ONE OK ROCKの通算4作目の配信シングル

このランキングはデータを重視しています。

それでも「離陸」を意味する「Taking Off」がランキングの開幕を飾るのが嬉しいです

ただし歌詞では地獄の果てまで行ってもいいという内容なので注意しなくてはいけません。

Tomoyaのドラムの録音処理が効果的かつ印象的な曲です。

ビートを刻むだけではない効果をドラムが担っています。

Takaの歌唱を含めてあらゆる楽器が歌詞の世界観を表現するために懸命になっている姿

これがONE OK ROCKの魅力です。

歌詞を見ていきましょう。

ロック・ミュージックに必須のテーマ

We're taking off together
Even though we always
Crash and burn
Tonight you and I
Will fall from the sky
Drag me all the way to hell
'cause I'm never gonna let it go

出典: Taking Off/作詞:Taka Dan Lancaster Nick Long 作曲: Taka Dan Lancaster Nick Long

サビの英詩を抜粋しました。

簡単な和訳を添えます。

「僕らはともに離陸する

いつだってだめになろうとも

今夜、君と僕は空から落下する

僕は手放したりしないから

地獄の果てまで連れてゆけ」

洗練されていますがロック・ミュージックらしい歌詞です。

地獄との対峙というのはロック・ミュージックにとって重要なモチーフ

墜ちてゆくこともまた同じです。

思いのままにならなくても信念を貫いて挑戦してゆくイメージがリスナーの心を高揚させます

第9位 「Re:make」

【ONE OK ROCK(ワンオク)】の2019年版おすすめ人気曲ランキングTOP10!初心者必見☆の画像

2011年7月20日発表、ONE OK ROCKのメジャー通算6作目のシングル

ハード・コアやグランジ・ロック以降のロック・ミュージックの在り方を伝える名曲

冒頭のToruによるギターのパワー・コード・カッティングから気分が高まります。

歌詞はズレた世間との闘いを表現。

怒りに任せる印象でサウンド・プロダクションもハードにエッジを立てて一気に攻めてゆくスタイルです

自身の内にある初期衝動こそを大事にしたかったのでしょう。

歌詞を見ていきましょう。

ロック・ミュージックに託された任務

自己暗示虚しく 気付けば Oh when I'm me
履き違えはなはだしくてもう doubt
行き違い out there?

I can't believe in you
羅列した無数の選択はNo!!
勝ち誇りバカばかりでじゃもう doubt
行き違い out there

出典: Re:make/歌詞:Taka 作曲:Taka

ラストの畳み掛けるようなラインからの抜粋です。

Takaの苛立ちとの葛藤。

学園や職場で同じような心境に立たされているリスナーにとってこの曲は爽快に響く福音です

世の中との折り合いがつかなくなることで追い込まれる自分にも苛々する日々。

そういった鬱憤を晴らすことはロック・ミュージックに託された任務のようなもの。

ONE OK ROCKはその任務を迷わず全うしてくれます。

第8位 「We are」

2017年1月11日発表、ONE OK ROCKの通算8作目のオリジナル・アルバム「Ambitions」収録曲。

教会での録音かと思わされる厳かな合唱から始まる壮大な曲です。

18歳の若者たちへ贈る歌として制作されました

ジャンルの垣根を無効化するONE OK ROCKだけの世界。

ドラマチックなサウンドの展開とその根拠となる歌詞。

僕たちは暗闇の中の色彩なのだから

非常に詩的センスに優れています。

歌詞を見ていきましょう。

18歳にチカラを授けるロック・ミュージック