“NUMBER GIRL”が再結成を表明!

オリジナルメンバーが集結!

【NUMBER GIRL】人気曲ランキングTOP10を発表!古参ファンのおすすめソングはこれだ…!の画像

2019年のある日の騒(さわ)やかな午後。

とんでもないビッグニュースが日本中を震撼させました。

2002年に解散した伝説のバンド、NUMBER GIRLが再結成を表明したのです

しかもオリジナルメンバーの4人がまさかの集結。

居ても立っても居られなくなった筆者は(勝手に)決意します。

若い世代の皆さまにNUMBER GIRLの魅力を伝えなければならないと...。

そこで今回はNUMBER GIRLの歴史を振り返りつつ、人気ランキングTOP10を発表いたします。

古参ファンが自信を持っておすすめするNUMBER GIRLの名曲10選。

それではさっそく発表です!

第10位『EIGHT BEATER』

EIGHT BEATER/NUMBER GIRL

NUMBER GIRLの人気ランキング第10位は『EIGHT BEATER』です。

「エイト・ビーター」とは「8ビートを刻む者」を意味する造語。

向井秀徳はその他にも「東京」を意味する「冷凍都市」など多くの名造語を発明しています。

初期NUMBER GIRLのオープニングナンバーとしても知られる『EIGHT BEATER』

おすすめするのは単に格好いい曲だからではないのです。

あの名フレーズが初めて世に放たれた楽曲!

【NUMBER GIRL】人気曲ランキングTOP10を発表!古参ファンのおすすめソングはこれだ…!の画像

繰りかえされる諸行無常
よみがえる性的衝動
まよっている
さすらっている
EIGHT BEATER JAPANESE STYLE

出典: EIGHT BEATER/作詞:MUKAI SHUTOKU 作曲:MUKAI SHUTOKU

後期NUMBER GIRL~ZAZEN BOYZで重要なピースとなるあの名フレーズ

実は『EIGHT BEATER』の歌詞に登場していたのです。

メジャーデビュー作であり90年代を代表する『SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT』

そのラストナンバーとして、またライブ『シブヤROCK TRANSFORMED状態』の1曲目としても有名です。

90年代のオルタナティブロック直系のサウンドに痺れてください!

第9位『URBAN GUITAR SAYONARA』

URBAN GUITAR SAYONARA/NUMBER GIRL

続きましてNUMBER GIRLのおすすめ人気曲第9位の発表です。

第9位には『URBAN GUITAR SAYONARA』を挙げさせていただきます。

現代音楽のように実験的なピアノの不協和音と変拍子のリズムを大胆に取り入れた早すぎた傑作

初出は2000年、メジャーからの3枚目のマキシシングルとしてリリースされました。

メンバーが謎過ぎる怪演を見せるMVは向井秀徳が自らメガホンを取り撮影されたものです。

余談ですが田渕ひさ子演じる通称“バット女”はより狂気を帯びた姿で『CIBICCOさん』のMVにも登場

新宿駅構内を金属バットをカラカラ鳴らしながら練り歩いています。

よく逮捕を免れたものです...。

ニューウェーブ色を打ち出した『SAPPUKEI』へと繋がる作品

【NUMBER GIRL】人気曲ランキングTOP10を発表!古参ファンのおすすめソングはこれだ…!の画像

『URBAN GUITAR SAYONARA』が前面に打ち出したのはニューウェーブの持つ実験性

後に『SAPPUKEI』という怪作を生み出す原点ともなった重要な楽曲です

リリースから19年経った現代に聴き直してみてもかなり異色な作品であったことに気付かされます。

メンバーが解散後によりぶっ飛んだ活動を経験したことでどんなアレンジにされるのかが楽しみです。

第8位『TOKYO FREEZE』

コンピレーションアルバム『極東最前線』に収録!

【NUMBER GIRL】人気曲ランキングTOP10を発表!古参ファンのおすすめソングはこれだ…!の画像