おすすめ人気曲ランキング:第2位

キラー・クイーン(Killer Queen)

【Queen(クイーン)】おすすめ人気曲ランキングTOP10!代表曲から隠れた名曲まで…マニアが厳選の画像

3枚目のアルバムシアー・ハート・アタック』に収録。

指を鳴らすフィンガースナップから始まり、フレディ・マーキュリーのボーカルに綺麗なコーラスが重なります。

ところどころファルセットボイスを交えた特徴のあるフレディの声と何とも例えようのないメロディー。

これまでに聴いたことのないロックに衝撃を受けた人も多かったのではないでしょうか。

この曲で「ボヘミアン・ラプソディ」に繋がるクイーンのオリジナリティが確立されたように思います。

誰にも真似のできない彼らだけに可能な曲が生まれたのです。

この曲も3分ほどの短い曲なのですが、その中にありったけのクイーンが詰め込まれているようですね。

雰囲気から想像がつくかもしれませんが、フレディ・マーキュリーが書いた曲です。

メンバーにもそろそろ自信が生まれてきたのか、次のアルバム『オペラ座の夜』は大ヒットを記録します。

おすすめ人気曲ランキング:第1位

ボヘミアン・ラプソディ(Bohemian Rhapsody)

【Queen(クイーン)】おすすめ人気曲ランキングTOP10!代表曲から隠れた名曲まで…マニアが厳選の画像

全世界で大ヒットを記録した名盤『オペラ座の夜』に収録。

冒頭でご紹介した映画のタイトルにも使われた曲ですね。

凝りに凝った多重録音を駆使して、4人編成のバンドにもかかわらず重厚感のある仕上がりです。

美しいコーラスで始まるこの曲を聴いているとなんだか物語を見ているような不思議な感覚が生まれてきます。

静かなオープニングからバラエティ豊かなコーラス、そしてハードな後半へと続いてまた静かなエンディングへ。

ドラマチックな展開が聴くものを飽きさせません。

他のバンドには真似できないクイーンの完成形を見せたのが「ボヘミアン・ラプソディ」だと思います。

この曲はピアノを弾きながら歌うフレディ・マーキュリーの作品です。

イギリス生まれではない彼自身がボヘミアン(放浪者)でもあったのでしょうね。

居場所を見つけられないマイノリティだった彼の唯一の居場所がクイーンだったのではないでしょうか。

強力なボーカルと他の誰にも真似できないパフォーマンスは聴衆を圧倒しました。

短い生涯でしたが彼は3人の仲間とともにクイーンというバンドで幸せな時間を過ごしたのだと思います。 

最後に

クイーンの人気ランキングTOP10を楽しんでいただけたでしょうか?

名曲がたくさんある中から10曲だけ選ぶのはなかなか難しいものですね。

この記事をきっかけにクイーンの曲をもっと聴いてみたいという人が少しでも増えたらいいなと思っています。 

昔からのファンだという人は、あらためて彼らのアルバムを聴き直してみてはいかがでしょうか。

最後に「ボヘミアン・ラプソディ」について深く掘り下げた記事をご紹介します。

和訳で歌の内容が理解できるので是非読んでみてくださいね。

同名映画も大ヒット!クイーンの代表曲「ボヘミアン・ラプソディ」の意味を知っていますか?歌詞を和訳して改めて解釈してみました!オペラ×ロックが紡ぐ物語とは?