川崎をレペゼンする”やんちゃ”なHIPHOPグループ

ゲットーで過ごした日常が彼らの創作の原点に

「BAD HOP」のメンバーまとめ!注目のヒップホップ集団の顔・本名・読み方など気になる情報を紹介!の画像

近年のブームに乗って、各HIPHOPクルーの勢いが増しているのは、音楽好きの皆様には釈迦に説法でしょう。

なかでも特に熱い注目を浴びているのがBAD HOPです。

「高校生ラップ選手権」「フリースタイルダンジョン」などで頭角を現したT-Pablow

その弟のYZERRを中心としたグループで、iTunesランキングでも首位獲得など、シーンを席巻し始めています。

 

メンバーは全部で8人。

そのほとんどが神奈川県川崎市川崎区南部で生まれ育った保育園からの幼馴染です。

 

川崎市の南部は京浜工業地帯。排気ガスが蔓延する、あまりいい環境とはいえない場所です。

風俗店が林立しブルーシートで暮らす人間にあふれた町で育った彼ら。

幼いながらに盗みや喧嘩に明け暮れていましたが、驚きなのは行為を「犯罪だと思わなかった」という点。

周りの人間がみなやっていたから、常識化してしまったそうなのです。

まさに「日本のスラム」。いわば「ゲットー」で過ごした日常が彼らの創作の原点になっています。

HIPHOPのルーツを体現したキャラクター

「BAD HOP」のメンバーまとめ!注目のヒップホップ集団の顔・本名・読み方など気になる情報を紹介!の画像

そんな彼らのリリックには、川崎で過ごした日常がリアルに描かれています。

 

「実家にやくざの取り立てが来た」

「小二でたばこを吸いはじめた」

 

こうした描写はあくまで”普通のこと”だったそう。

警察に捕まったり普通の女の子と交際したりして、ようやく自らの「ずれ」に気づいたのです。

 

こうした背景はHIPHOPのルーツにかなり近いものがあります。

HIPHOPはもともと1970年代に生まれた黒人の音楽。

当時のアメリカは中産階級と低階級に二分化されており、中産階級はディスコミュージックを愛していました。

HIPHOPはディスコへの対抗のために生まれたサブカル。権力に対抗するための「ゲットー」の音楽なのです。

BAD HOPも同じようなルーツをたどって、この音楽にたどり着きました。

彼らがHIPHOPの起源を知っていたかどうかは分かりませんが、カルチャー自体を体現している存在だといえます。

 

ちなみにHIPHOPに打ち込むことで、非行を繰り返す日々を抜けたとのこと。

YZERRはインタビューにこう答えています。

「普通の仕事は絶対に続かなかった。HIPHOPはやっぱり楽しいから打ち込めた」。

グループ名の由来とは

「イレギュラー」を意識したグループ名

メンバーのイメージもありBAD HOP」というグループ名は「悪いHIPHOP」と思われがち。

しかし実は全く違います。

 

「BAD HOP」とは「野球のイレギュラーバウンド」という意味。

芝生の不調などでバウンドが変わってしまい、大きく跳ね上がってしまうことを指します。

「誰にもう動きを予測できないイレギュラーな存在でありたい」というメッセージを込めているのです。

今となってはピッタリな名前ですよね。いい意味で期待を裏切り続けてほしいHIPHOPグループです。

 

では、メンバーそれぞれのプロフィールを紹介していきましょう。

T-Pablow

グループが躍進したきっかけを作った男

「BAD HOP」のメンバーまとめ!注目のヒップホップ集団の顔・本名・読み方など気になる情報を紹介!の画像

1995年11月3日生まれの23歳。読みは「ティーパブロウ」。本名は岩瀬達哉。

abemaTVが仕掛けた番組に出演し、全国に名を広めたBAD HOPの中心メンバーです。

 

「高校生ラップ選手権」ではクールなライムと独特のフロウを見せ2度も優勝。

「フリースタイルダンジョン」でモンスターとして抜擢され、圧巻の強さでチャレンジャーを次々と倒しました。

 

そのセンスを日本HIPHOP界のレジェンド「ZEEBRA」が見出して自身のレーベルにスカウト。

BAD HOPが躍進するきっかけを作ったといってもいいでしょう。

弟のYZERRとは「TWO WIN」というラップグループを組んでいます。

YZERR

BAD HOPのブレーン

「BAD HOP」のメンバーまとめ!注目のヒップホップ集団の顔・本名・読み方など気になる情報を紹介!の画像

1996年生まれの22歳。本名は岩瀬雄哉で、T-Pablowの実弟にあたります。読みは「ワイザー」。

 

実質「BAD HOP」全体の指揮を執っているブレーン的な存在だといっていいでしょう。

「高校生ラップ選手権」にも出場経験があります。

 

彼の言動から感じるのは、非凡なプロデュース能力

ただ単に遊びでHIPHOPをしているわけではありません。

業界のトレンド市場の動向リスナーの心理などがきちんと頭に入っています。

そのうえでBAD HOPの音楽性を決めて「金を得る」ための戦略までできている。

ここまで名が広まったのも彼のプロデュース能力があってこそでしょう。

 

また海外のトップアーティストを引き合いに出してさらなる高みを見据えているのも特長。

言動の1つひとつから高い向上心を感じます。

彼がグループをリードしながら音源を作ることで、ここまでのヒットにつながったのでしょう。

Vingo