不安で目の前が見えない時

時に不安がまた君を駆り立てる
曇り空隠したように見えぬ明日へ
離すな と 差し出した手
握ったならばいいか?言うぜ?

出典: http://j-lyric.net/artist/a050e51/l01fdb6.html

不安な時は何を言われても、どうにもこうにも心が否定の方向にしか向きません。

自分で立ち直ろうとしても、未来が見えずに心がざわめく時、差し出してもらう手を見逃さず、しっかりと握ること。

世界中に否定されても

※俺が「大丈夫」って言えば君はきっと大丈夫で
もし世界中が君の否定をしても
俺が「大丈夫」って言えば君はきっと大丈夫で
俺だけが世界中の否定をしていよう※

出典: http://j-lyric.net/artist/a050e51/l01fdb6.html

自分が言うよりも、他人に言ってもらった方が説得力があって効果が強いことは多いです。

特に心が弱っている時は、客観的な見方ができませんから、そんな時に誰かに大丈夫だと励ましをもらえると、少しずつでも自然と力が湧いてきます。

周りから見たら大丈夫だということがわかっているのです。本人だけが不安の深みにはまりすぎているのです。

どうしても自分を信じることができない時こそ、何人の批判者がいようとも、たった一人でも誰かが自分の力を信じてくれると、自信が溢れてマイナスパワーをはねのけてくれるのです。

その使い方、合ってる?

君もよく使うその言葉は
間違えて使っているようだな
本当は辛いのに辛くないふりを
して言うの まるで相槌みたいに

出典: http://j-lyric.net/artist/a050e51/l01fdb6.html

誰かに心配してもらう時、「大丈夫?」と声をかけられることでしょう。

その時、辛い状況でも「問題ないよ、大丈夫!」と返しませんか?

おそらく、誰もが「大丈夫」という言葉を相槌のように軽く使っている場合が多いでしょう。本当は大丈夫ではない時でも。

本音を隠す為に使うのは、「魔法の言葉」の使い方ではないということなのです。

強がっても心は泣いている時

心配、迷惑をかけたくないと
無理をしてる君を見るのは辛いよ
積み重なったそれが顔に見えた時
張りつめた糸が切れた

泣き崩れてしまったあの夜も
辛い過去の思い出は窓の向こう
抱き寄せてまた耳元で囁こう
いいか?言うぜ

(※くり返し)

出典: http://j-lyric.net/artist/a050e51/l01fdb6.html

相手に迷惑をかけないように、また、自分の苦しみを気づかれないように、無理をしながら、「大丈夫!」と空元気でいう人の姿を見るのは、心苦しいもの。

隠そうとしても、口から発する「大丈夫」からは大丈夫ではないものが伝わってきてしまいます。 

相手の表情に苦悩が滲み出ていて、「本当に大丈夫?」と聞いたら、我慢していた糸が切れてしまったように、ワッと泣き出す。

そんな姿の人を実際何人も見てきました。

「大丈夫」という言葉は相槌のように使い易くて誰もが多用していますが、時には本人の我慢に反して心を開かせるほどに力強い魔法の力を持っているのでしょうね。

なんとかなるさ!

everythings gonna be alright

出典: http://j-lyric.net/artist/a050e51/l01fdb6.html

英語では「大丈夫」「全て上手くいく」「なんとかなるさ」という意味として、軽いシチュエーションでも深刻な話の時でも、頻繁に使われるセンテンスです。

何かに対して不安になり悩んでいる時、「心配しなくても大丈夫、ちゃんと上手くいくよ」と明るい未来を示唆して色んな意味を包括して言ってくれます。

まさに「何があっても大丈夫!」ということですね。

荷物は二人で持とう