平井堅のノンフィクション、歌詞が意味深すぎる。。。

2018年03月06日更新

【DAOKOのおすすめ人気曲ランキングベスト10】初期楽曲から最新シングルまで網羅!あの主題歌も?!

唯一無二の世界観と表情豊かな歌声で人気を集めるラップシンガー「DAOKO」。今回は、彼女のおすすめ人気曲ランキングベスト10を紹介します。初期楽曲から最新シングルまでまとめてチェックしましょう。

DAOKOとは?

独特な質感とリズム感のある歌声で人気を集めるラップシンガー「DAOKO(だをこ)」


彼女はその唯一無二の世界観と抜群の音楽センスによってニコニコ動画で話題を集め、2015年3月にアルバム『DAOKO』でメジャーデビューを果たします。


また、米津玄師岡村靖幸・江島啓一(サカナクション)など、名だたるアーティストとのコラボにも意欲的です。


ラップだけでなくさまざまな音楽ジャンルに取り組み、どのような楽曲であってもDAOKOらしさが感じられることも魅力と言えるでしょう。


2017年12月にリリースしたアルバム『THANK YOU BLUE』は、そんな彼女の成長が感じられる最高のアルバムとなっています。


まだ聴いたことがない方はこの機会にぜひ聴いてみてくださいね。


今回は、今まさにノリにノッているDAOKOのおすすめ人気ランキングを紹介していきます。

おすすめ人気曲ランキングベスト10:第7位〜第10位

まず、おすすめ人気曲ランキングベスト10の第10位から第7位まで紹介します。

第10位:真夏のサイダー

2013年9月にリリースされた『UTUTU EP』収録の『真夏のサイダー』が第10位です。


ポップなサウンドと甘酸っぱい青春時代の恋愛を思わせるような歌詞がたまりません。初期の名曲です。

第9位:かけてあげる

第9位は2015年3月リリースのアルバム『DAOKO』に収録された『かけてあげる』です。


抜群の言葉選びのセンスを感じさせる魔法と恋がテーマになった歌詞と、美しいサビのメロディーがとても印象に残ります。


DAOKOのささやくようなキュート歌声が心地良いおすすめ曲です。

第8位:BANG!

2016年9月リリースのトリプルA面シングル『もしも僕らがGAMEの主役で / ダイスキ with TeddyLoid / BANG!』に収録された『BANG!』が第8位です。


このシングルはどれも良い曲ばかりなので、『BANG!』が気に入った方は他の曲も聴いてみてください。


ダンサブルなサウンドとキャッチーなサビがこの曲の魅力と言えるでしょう。「ズキュン」にやられます。


それまでのDAOKOのイメージとは違ったセクシーで大人っぽいMVは必見です。

第7位:ないものねだり

DAOKOの独特な世界観が堪能できる『ないものねだり』が第7位です。


美しくてちょっぴりメルヘンなサウンドと表情豊かな歌声が不思議な雰囲気を醸し出しています。


ポップでありながらも鋭い切れ味を持った深い歌詞も魅力です。アルバム『DAOKO』に収録されています。

おすすめ人気曲ランキングベスト10:第4位〜第6位

次に、おすすめ人気曲ランキングベスト10の第6位から第4位までを紹介します。

第6位:Fog

2014年に公開された映画『渇き。』の挿入歌に使われた『Fog』が第6位です。


DAOKOが15歳の時の楽曲で、触れたら壊れてしまいそうな繊細な雰囲気があります。メロウで美しいラップは彼女にしかできない音楽と言えるでしょう。


2012年12月リリースのアルバム『HYPER GIRL -向こう側の女の子-』に収録されています。

第5位:ShibuyaK

渋谷を舞台にした初の顔出しMVが話題となった『ShibuyaK』が第5位です。


2015年10月にリリースされた両A面シングル『ShibuyaK/さみしいかみさま』に収録。


90'sテイストを感じさせる曲調が懐かしく感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

第4位:拝啓グッバイさようなら

2017年4月発売の配信シングル『拝啓グッバイさようなら』が第3位です。


この曲は、アニメ『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』のエンディングテーマに使われました。


DAOKOの鮮やかな歌声とエモーショナルなサビが胸に刺さる名曲です。


不安や迷いを感じながらも前に進もうとする希望に溢れた歌詞が、聴く人の背中をそっと押してくれます。

おすすめ人気曲ランキングベスト10:第1位〜第3位

いよいよ、おすすめ人気曲ランキングベスト10のトップ3を発表します。

第3位:水星

アルバム『DAOKO』のリード曲である『水星』が第3位です。tofubeatsの名曲をリアレンジした曲で、彼女の歌声が新たな魅力を引き出しています。


再生回数は、なんと600万回を越えている人気曲です。この曲を聴いてDAOKOを知ったという方も多いのではないでしょうか。


流れるようなメロウなサウンドは何度も聴きたくなる中毒性があります。


ちなみに、この曲の元ネタは『ブロウ ヤ マインド〜アメリカ大好き』です。


KOJI1200こと今田耕司とテイ・トウワがタッグを組んで生み出した素晴らしい曲ですので、『水星』が気に入った方はこちらも聴いてみてください。

第2位:ステップアップLOVE

岡村靖幸とコラボした『ステップアップLOVE』が第2位です。Mステでの2人の共演も「かっこよすぎる!」と話題を集めました。


両方のファンにとってとても新鮮なコラボだったと思います。


歌詞が岡村靖幸とDAOKOの共作になっていて、2人の個性が生かされている素晴らしい内容です。


MVでも、キレキレで踊りまくる岡村靖幸にDAOKOも負けていません。このMVも最高で、何回も観てしまう魅力がありますよ。


『ステップアップLOVE』は2017年10月にシングルとしてリリースされ、アニメ『血界戦線 & BEYOND』のエンディングテーマに使われました。

第1位:打上花火

2017年8月にシングルとしてリリースされた米津玄師とのコラボ曲『打上花火』が第1位です。


アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌に採用されて、大ヒットを記録しました。


RADWIMPSのアニメ映画『君の名は。』に使われて大ヒットした曲『前前前世』。


それに匹敵する「アニメ映画のアンセム」と、『打上花火』を高く評価する声も上がっています。


過ぎ去る夏の切なさや花火の儚い美しさを感じさせる歌詞がたまりません。エモーショナルサビに思わず涙がこぼれそうになりますよね。


また、DAOKOと米津玄師の歌声の相乗効果がこの曲に深みを与えています。


『拝啓グッバイさようなら』『ステップアップLOVE』『打上花火』は、アルバム『THANK YOU BLUE』にすべて収録されています。


これだけの素晴らしい曲が揃っていたら、このアルバムが話題を集めるのは必然ではないでしょうか。

日本人ではじめてBECKとコラボ

番外編としてBECKがDAOKOとコラボした『UP ALL NIGHT x DAOKO』を紹介します。


BECKと言えば世界のロックシーンのトップをひた走る偉大なアーティストです。実は、BECKが日本人とコラボするのはこれが初なのだとか。


DAOKOすごすぎますよね。動画をご覧いただくとわかりますが、まったくBECKの存在感に引けを取っていません。


彼女がこれからどんな活躍を繰り広げていくのかとても楽しみです。DAOKOの最新情報が知りたい方は、公式サイトをチェックしましょう。


今回はDAOKOのおすすめ人気曲ランキングについて紹介しました。

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

音楽をはじめ、幅広いジャンルのライティングを行っています。
音楽を自分でもやっていることで生まれる独自の目線で、ジャンルレスにアーティストの魅力を伝えています。

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索