THE BLUE HEARTSとは?


THE BLUE HEARTSは、ボーカルの甲本ヒロトさんギターボーカルの真島昌利さんベースコーラスの河口純之助さんドラム梶原徹也さんの4人からなるパンクロックバンドです。
1985年に結成、1987年にリリースした「リンダリンダ」でメジャーデビューを果たし、シンプルかつダイナミックなメロディと文学的な歌詞で若者から絶大な人気を集めました
しかし、1995年に「バンドを続けるための演奏技術がこのメンバーでは出せない」として解散。THE BLUE HEARTSは約10年の活動に終止符を打ったのです。
解散から約22年。彼らの曲は時を経ても全く色褪せることなく、今でも多くの人の心を掴んで離しません。
ここからは、パンクでかっこいいTHE BLUE HEARTS人気と、メッセージ性が強いTHE BLUE HEARTSの名曲をご紹介していきます。

THE BLUE HEARTSの人気曲

まずは、「まさにTHE BLUE HEARTS!」というようなパンクでかっこいい人気の曲をご紹介していきます。

ここで紹介する曲はドラマやCMのタイアップソングとして使用されたものも多いので、THE BLUE HEARTSのことをよく知らない方でも口ずさめる曲があるはずです。

人にやさしく

気が狂いそう やさしい歌が好きで
ああ あなたにも聞かせたい
このまま僕は 汗をかいて生きよう
ああ いつまでもこのままさ
僕はいつでも 歌を歌う時は
マイクロフォンの中から
ガンバレって言っている
聞こえてほしい あなたにも
ガンバレ!

出典: https://twitter.com/BLUE_HEARTS_com/status/917181294932406273

1987年2月に自主制作にてリリースされた「人にやさしく」は、THE BLUE HEARTSの原点とも言える1曲です。

2002年に放送されたフジテレビ系ドラマ「人にやさしく」の挿入歌として起用されたことで、当時の若者にもTHE BLUE HEARTSというバンドが知られるようになりました。

歌詞の内容はいたってシンプルで難しい言葉などは一切入っていません。しかし、そのシンプルさゆえに、「ガンバレ!」という言葉が直に心に響いてきませんか?

あなたは1人じゃないよ、僕たちの歌があるじゃないか!と言ってくれているかのよう。聴いているだけで勇気付けられます

人にやさしく/ハンマー
THE BLUE HEARTS
トライエム
販売価格 ¥855(2017年10月12日10時42分時点の価格)
売上げランキング: 21897

リンダリンダ

1987年5月にメジャーデビューシングルとしてリリースされた「リンダリンダ」は、THE BLUE HEARTSの楽曲の中で1番有名な曲として知られています。
THE BLUE HEARTSが活躍していた時代を知らない、若い世代の人でも1度は聴いたことがあるのではないでしょうか。
 

ドブネズミみたいに美しくなりたい
写真には写らない美しさがあるから

出典: https://twitter.com/new_music_80s/status/893974053832097792

ドブネズミという忌み嫌われる動物を歌詞の初っ端から登場させ、さらにはドブネズミのように美しくなりたいと歌っており、インパクトとしては絶大。
汚くてもかっこ悪くても、芯を通して生きていけばそれだけで美しい。そんなメッセージが込められているかのようですね。

リンダリンダ リンダリンダリンダ
リンダリンダ リンダリンダリンダ
もしも僕がいつか君と出会い話し合うなら
そんな時はどうか愛の意味を知って下さい

出典: https://twitter.com/1080p60_09q0801/status/913781888279392257

そして、サビで連呼されるリンダリンダという言葉。実はこの言葉に意味はないそう。

作詞を手掛けた甲本ヒロトさんは、インタビューで「リンダリンダという言葉に意味なんかないし、答えなんかない。ただ心に浮かんだ言葉を歌ってくれればいい」と発言しています。

リンダリンダ/僕はここに立っているよ
THE BLUE HEARTS
トライエム
販売価格 ¥855(2017年10月12日10時43分時点の価格)
売上げランキング: 22083

TRAIN-TRAIN