いいねして最新情報を受け取ろう!
引退前に絶対に聞きたい!安室奈美恵の曲ランキング

2017年11月17日更新

【皆殺しのメロディ/THE BLUE HEARTS】気になる歌詞の意味を徹底解釈!TAB譜あり♪

ザ・クロマニヨンズとして活躍する甲本ヒロトと真島昌利が在籍した伝説のパンクロックバンド「THE BLUE HEARTS」。そんな彼らの衝撃的な問題作が「皆殺しのメロディ」です。メディアや時代すらも批判するその歌詞の意味を徹底解釈します。

「皆殺しのメロディ」について

まず、THE BLUE HEARTSの「皆殺しのメロディ」が収録されているアルバム動画など、基本情報について紹介します。

5htアルバム「HIGH KICKS」収録

1991年12月発売の5thアルバム「 HIGH KICKS」に収録されている衝撃的な曲が「皆殺しのメロディ」です。タイトルですでにインパクトがありますよね。


「HIGH KICKS」は前作までのアルバムと比較して、さまざまな音楽性を感じさせる内容です。ボーカルの甲本ヒロトは「すごく力の抜けたリラックスした自分を置いてみようとした」と語っています。


収録曲であるインディーズ時代から演奏されてきた「TOO MUCH PAIN」や、抽象的でキャッチーな雰囲気の「あの娘にタッチ」はシングルとして発売されました。


また、THE BLUE HEARTS史上で一、二を争う最高のバラード「泣かないで恋人よ」もこのアルバムに収められています。

ライブ動画を紹介

「皆殺しのメロディ」のライブ動画を紹介しました。イントロから高揚感に包まれますよね。


「バカ」という歌詞がとてつもないパワーを持っていて、キャッチーなメロディーと合わせて頭に残ります。


甲本ヒロトの独特なパフォーマンスのキレは、今も昔もまったく変わりません。

カバーも話題に

「皆殺しのメロディ」は他のアーティストからカバーされたことでも話題を集めました。その詳細について紹介します。

マキシマムホルモンのカバーが神曲

マキシマム ザ ホルモンの「皆殺しのメロディ」のカバーは、ファンの間で「神曲」と話題になっています。


原曲の雰囲気を残しつつも、彼らならではのカバーという仕上がりです。速くて太いベースラインとサビでの解放感が最高ではないでしょうか。


このカバーは、2005年11月発売のシングル「ざわ・・・ざわ・・・ざ・・ざわ・・・・・・ざわ」のカップリングとして収録されています。

トリビュートアルバムにも

THE BLUE HEARTSのトリビュートアルバムはこれまでにいくつも発売されています。


それだけでも、THE BLUE HEARTSが日本の音楽シーンに与えた影響の強さがよくわかるのではないでしょうか。


その中の1つ「THE BLUE HEARTS “25th Anniversary” 」に、ビジュアル系バンドMerryによる「皆殺しのメロディ」がカバーが収録されています。


このアルバムには、他にもさまざまなジャンルのアーティストによるカバーが収録されています。


THE BLUE HEARTSの曲の違った一面に気付けるかもしれません。

THE BLUE HEARTS “25th Anniversary” TRIBUTE(初回限定盤)
オムニバス
徳間ジャパンコミュニケーションズ

歌詞の意味を紐解く

「皆殺しのメロディ」の歌詞の意味を紐解いていきたいと思います。シンプルでわかりやすい言葉ばかりですが、そこには深い意味が隠されています。

人類は「バカ」

我々人類は バカ 過去・現在・未来 バカ
正義はあったのか バカ 正義は勝ったのか バカ
くり返し くり返し くり返し うたう

出典: https://twitter.com/BLUE_HEARTS_com/status/914101032283643908

皆殺しのメロディが 切り裂きジャックを呼んでいる
マシンガンのリズムだぜ 皆殺しのメロディだ

出典: https://twitter.com/BLUE_HEARTS_com/status/914101032283643908

はじめは、激しい歌声と連呼される「バカ」という歌詞に目が行ってしまうと思います。しかし、「皆殺しのメロディ」にはシンプルな言葉の中に深い意味があるのです。


なぜ、こんなに「バカ」と繰り返すのかというと、それほどまでに「バカ」だと思っているからです。「歴史は繰り返す」とはよく言います。


果たして、これまでの歴史の中で本当に正義はあったのでしょうか。正義が勝ってきたのなら、なぜ争いはなくならないのでしょう。


そのような怒りや悲しみをすべて「バカ」に込めているのです。もちろん、その中には自分も含まれています。


「皆殺しのメロディ」は鳴り止みません。誰かにとって都合の良い正義のために使われるのです。


それが、「切り裂きジャック」を呼び寄せるのです。「切り裂きジャック」が未だに誰かわからないように、それは象徴なのだと思います。


そして、マシンガンのリズムで消されていく存在ではないと、叫びたいのは誰なのでしょう。

真実を伝えないメディアも「バカ」

TVが待ってるぜ バカ
ラジオが待ってるぜ バカ
新聞紙が舞ってるぜ バカ
彼女も待ってるぜ バカ
くり返し くり返し
くり返し うたう

出典: https://twitter.com/Bluehearts85_95/status/854333855167164419

皆殺しのメロディが
切り裂きジャックを呼んでいる
マシンガンのリズムだぜ
皆殺しのメロディだ

出典: https://twitter.com/Bluehearts85_95/status/854333855167164419

その当時はまだインターネットが普及していませんので、テレビ・ラジオ・新聞はメディアの代表的な存在でした。


ヒット曲を生み出すためには、メディアへの露出が必要不可欠です。今以上にその役割が大きかったことを想像してください。


それを、真っ向から否定しています。これこそが、「パンク」ですよね。また、「バカ」の有無を言わせない力も感じられます。


真実を伝えようとせずに都合の良い正義を垂れ流すメディアよりも、「彼女」の方がずっと真実に近いのではないでしょうか。


「青空」という曲でも、人種差別やそれを肯定するようなメディアをTHE BLUE HEARTSは批判しています。変わらないスタンスを貫いています。


また、「皆殺しのメロディ」をけっして肯定しているわけではありません。


ただ、その「皆殺しのメロディ」が負の連鎖を生み出していると言いたいのです。それをこんなにも軽やかに表現する甲本ヒロトのセンスは唯一無二だと思います。 

悲鳴をあげた少年は

夜の闇に悲鳴をあげた少年が今
狼になる なる なる

出典: https://twitter.com/sonnyboychan/status/860448167191388161

この最後の歌詞とメロディーがたまりません。


夜の闇の中で、「皆殺しのメロディ」に耐え切れなくなった少年は悲鳴を上げるのです。そして、それはいつしか力強い叫びを響かせるオオカミへと変わっていきます。

ギターTAB譜を紹介

刺激的な歌詞とメロディの「皆殺しのメロディ」を、ギターで弾きたいと感じた方も多いと思います。


そのような方のために、ギターのTAB譜を紹介します。これを、参考にぜひ「皆殺しのメロディ」をマスターしてみてください。


コード自体は初心者でも問題ないものばかりです。リズムを意識して格好良く弾きましょう。

まとめ

今回は、THE BLUE HEARTSの「皆殺しのメロディ」について紹介しました。


シンプルでありながら社会や人類に問題を投げかけるような深い歌詞と、バウンドサウンドが絶妙にマッチしています。


甲本ヒロトと真島昌利は、ザ・クロマニヨンズとして現在も精力的に活動を行っています。


この記事を読んで、THE BLUE HEARTSに興味を持った方は、その中心人物である2人の今の活躍もチェックしてみてください。

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

音楽をはじめ、幅広いジャンルのライティングを行う。また、音源制作や楽曲提供など、自身もミュージシャンとして活動中。
独自の目線でジャンルレスにアーティストの魅力を伝えている。

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索