Official髭男dism

A post shared by りょーくん (@rrr_rkn) on


Official髭男dismは2015年4月に、ミニアルバム「ラブとピースは君の中」でデビューを果たした4人組バンドです。

デビューしてから2年以上経っていますが、まだそこまで名が知れ渡っているバンドとはいえないかもしれません。

ライブハウスを中心に活動しているため、テレビでもあまり取り上げられていない気がします。

ですが、あまり知られていないだけで、実力も備わっており良い曲が沢山あります。そんなOfficial髭男dismの魅力を知っていただければ幸いです。

Official髭男dism「コーヒーとシロップ」

【Official髭男dism/コーヒーとシロップ】社会人の辛さを歌う歌詞に共感!歌詞の意味を解釈!の画像

「コーヒーとシロップ」Official髭男dismの2ndミニアルバム「MAN IN THE MIRROR」に収録されているアルバム楽曲です。

弱気になってしまいそうな心を支えてくれる楽曲になっています。社会人になったばかりの方にオススメしたい1曲です。

気になるMVは?

MVには女優の小川あんさんが出演しています。高畑充希さんに似ているという声もありますね。

小川あんさんは他に[Alexandros]の「ムーンソング」、井上苑子さんの「だいすき。」のMVにも出演しています。

Mr.Childrenの「彩」の歌詞にも、「コーヒーを相棒にして」という言葉が出てくるように、仕事にはコーヒーが付き物ですよね!

社会人の辛さが悔しさがよく描かれていて、見ている人に元気を与えるようなMVになっています。

藤原聡さんは元銀行員!

A post shared by yoko (@gb_yoko) on


ボーカルであり、楽曲の作詞作曲を務める藤原聡さんは大学卒業後、約2年間地元の銀行で働いていました。

その頃の実体験が生かされた歌詞になっているのでしょう。追い込まれた時の心境が上手く書かれています。

近年AIの普及が著しく、〇〇のような楽曲を作って欲しいと頼めばAIが作ってくれるような時代はすぐそこまで来ています。

ですが、歌詞に関しては、作者の考えや生き方が全面に出てくるものなので、人が書いたものでなければ伝わりません。

藤原聡さんも銀行で働いていた間、きっと辛い思いをしていたのでしょう。

似た思いをしている沢山の方を救ってくれるような歌詞になっていると思います。

歌詞解説

辛い時は誰かにそばにいてほしい

今会いたいな 嫌なことあったから
そういって僕は真夜中 君を起こした
寒い夜だった ため息が白くなった
カップに注いだコーヒーは憂いを映した

出典: コーヒーとシロップ/作詞:藤原聡 作曲:藤原聡

嫌なことがあった時、それを話したいわけじゃ無くても、誰かにそばにいて欲しいと思う時がありますよね。

会社での失敗は引きずってしまうものです。失敗を慰めてくれる人が近くにいれば楽ですが、職場の関係は思っていたよりシビアだと感じる人もいるでしょう。

藤原聡さんも元銀行員ということで、数字が求められる世界だったと思うので苦労したことでしょう。

MVでは、ポストイットがコーヒーに溶けていくシーンがありますが、そこに映っていたように名刺交換、寝不足、電話対応、など苦労することは山ほどあります。

辛い時ほど口角を上げないと、と思っていても簡単なことではありません。知らぬ間に落ち込んでいたことをコーヒーに映った自分の顔が教えてくれるのです。

たとえば何十年先に偉くなれたなら
そしたらこれでよかったと笑えるんだろうか
たとえば明日僕が会社を休んだなら
そしたら代わりはいるさと笑いだすのか

出典: コーヒーとシロップ/作詞;藤原聡 作曲:藤原聡

辛い時ほど、誰にも打ち明けられず一人で抱えて、考え込んでしまうこともあるでしょう。

入社してすぐの新人だと、上手くいかないことが続くとネガティブな感情に陥ってしまうものです。

会社に入った時はビジョンを持って、何年後にはこんな人になっていたいと語っていたはずなのに、働き続けることに対して疑問を持ってしまいます。

何十年後のことなんて、その時になってみないと分かりません。

同じように思っている人だっているでしょう。ですが、その分自分と同じような代わりだっているのかもしれません。

社会人はストレスとの戦い

やなこと全部飲み干して その場をただただやり過ごして
カップの底に詰め 不甲斐なさのシロップ落として
とにかく全部飲み干して いつかは全部吐き出して
それで笑って歌ってられたらな

出典: コーヒーとシロップ/作詞:藤原聡 作曲:藤原聡