日本の誇るロックユニット、B'z

日本が世界に誇るロックユニット、B'z

日本の音楽シーンにおいて圧倒的な存在感を放ち続ける稀有な存在です。

特にハードロックの分野においては右に出るものはないのではないか、と思われるほど。

レスポールの絶妙に歪んだサウンドを聴けば、松本孝弘の音だとわかります。

歌い出しのワンフレーズで、その声は稲葉浩志のものだと認識できるでしょう。

そしてその二人の出す音が合わさると、無敵のB'zサウンドとなって私たちの胸に響いてくるのです。

今は「ロックは死んだ」といわれるような時代。

現在のB'zのスタイルのようなハードロックはメジャーシーンにあまり登場しなくなりました。

ですが実はB'zもデビュー時には当時の音楽の流行を取り入れ、打ち込みを多用した曲がほとんどだったのです。

年月を経て徐々に2人はルーツであるロックのスタイルに傾倒していくようになります。

そして1999年に登場したアルバム「Brotherfood」で、それは決定的なものになりました。

以降はアルバムごとに傾向は異なるとはいえ、ハードロックという基本スタイルから揺るがない音楽づくりを行っています。

昭和の時代にデビューし、平成を駆け抜けてもなおとどまるところを知らないB'z。

ここではそのB'zの2019年版最新人気ランキングをご紹介しましょう。

ライブの定番曲やカラオケ人気曲、そして時代が変わっても語り継がれるであろう不変の名曲も登場します。

膨大な曲の中から選ばれた珠玉の音楽をお楽しみください。

2019年最新版人気曲ランキングを発表!

では、さっそくB'zの2019年版人気ランキングベスト10の発表です。

10位 LOVE PHANTOM

B'z【2019版】人気曲ランキングTOP10!おすすめ曲をファンが厳選!カラオケで人気のあの曲も!の画像

10位から早くもライブ定番の名曲の登場です!

1995年に発表されたこの曲はドラマ「Xファイル」の主題歌としても使用され、大ヒットを記録しました。

90年代のB'zを象徴する曲だといえるでしょう。

壮大なストリングスの調べから始まるこの曲は、他のバンドにはないB'z独特の世界観がよく表現されています。

煌びやかな打ち込み、松本孝弘が当時愛用していたYAMAHAのシグネチャーモデルから発せられるギターサウンド。

その2つサウンドの融合がB'z独特のサウンドとなって迫ってきます。

キャッチーなサビの部分は一度聴いたら耳から離れません。

当時、カラオケで盛り上がる曲としても非常に人気がありました。

9位 TIME

B'z【2019版】人気曲ランキングTOP10!おすすめ曲をファンが厳選!カラオケで人気のあの曲も!の画像

ファンに高い人気を誇るこのバラードはイントロのアルペジオがとにかく印象的。

歌詞からも曲調からも全体的に強く雨のイメージを感じさせる曲となっています。

松本孝弘のギターから零れ落ちるアルペジオの一音一音がまるで雨粒のよう。

稲葉浩志の描く悲しい愛の世界と相まって、鮮やかにその情景が目に浮かぶような臨場感を持って迫ってくる曲です。

恋を失ったことがある人なら、この曲に涙せずにはいられないでしょう。

1992年に「BLOWIN'」の2nd Beatとして登場しましたが、人気が高く複数のベストアルバムに収録されています。

1:30ごろからTIMEが流れます。

8位 イチブトゼンブ

B'z【2019版】人気曲ランキングTOP10!おすすめ曲をファンが厳選!カラオケで人気のあの曲も!の画像

B'zの曲には人間愛を謳ったものも多く、2000年代以降は特にその傾向が強くなってきています。

この曲はそういった時期の真っ最中である2009年に発表された、恋愛関係を描いたシングル曲です。

歌詞内容が多くの若者の支持を集め長い間チャートに登場するヒット曲となりました。

この曲を聴いて愛するということは何か、考えさせられた方も多かったといいます。

「イチブトゼンブ」の発表当時、松本孝弘は48歳、稲葉浩志は44歳。

ひと通りの恋愛経験、人生経験を経た40代だからこそ達した境地なのかもしれません。

恋人や身近な人に不満を感じている方は、一度じっくりとこの曲を聴いてみてください。

自分が相手に何かを求めすぎてはいないか、改めて考えるきっかけになるかもしれません。

7位 MOTEL

B'z【2019版】人気曲ランキングTOP10!おすすめ曲をファンが厳選!カラオケで人気のあの曲も!の画像

1994年に発表されたブルースの雰囲気が強く漂う異色のバラードです。

この時期のB'zは全体的な傾向としてブルースを意識したものが多く登場していました。

1作前のシングル「Don't Leave Me」もブルースロック、といえる雰囲気の作品です。

「MOTEL」は洗練された、というよりもどちらかといえば泥臭さや無骨さを感じさせる大人のバラード

歌詞内容も非常にシリアスです。ここまで重厚なバラードはあまりB'zでは類を見ないといえるかもしれません。

曲全体に漂う重苦しさはまるで人生そのものの辛さを表現しているかのようです。

この迫力はB'zでしか表現できないもの。

思わず息を呑む音圧、人間の本質を突いた痛みを感じさせるような歌詞、その世界観は圧巻です。