【募集】日本最大級の音楽メディアotokakeの運営メンバーを大募集!

2018年05月16日更新

【MAN WITH A MISSION】2018年版!おすすめ人気曲ランキングTOP10☆歌詞アリ

その見た目のみならず、彼らの生み出すカッコいい楽曲に注目が集まっているオオカミバンド、「MAN WITH A MISSION」。今回は、2018年おすすめの人気曲を歌詞とともに紹介していきます!

究極の生命体!?「MAN WITH A MISSION」とは?

オオカミの頭以外は私たちと変わらない見た目の彼ら、MAN WITH A MISSION(通称マンウィズ)。


ボーカルのトーキョー・タナカ、ボーカル&ギタージャン・ケン・ジョニーベース&コーラスのカミカゼ・ボーイ、DJのDJサンタ・モニカドラムスペア・リブの5人組ロックバンドです。


究極の生命体という設定(?)も気になるところですが、オオカミが持つ人間よりも発達している聴覚によって音楽活動を始めたのだとか…。


では、謎に包まれているマンウィズの、2018年おすすめ人気曲について、歌詞も含めてじっくり見ていきましょう!!


今回は、音楽ダウンロードサイト「レコチョク」ランキングを参考にしました。

10位、「Dead End in Tokyo」

She's got a suitcase full of big dreams
She's in a city full of bigger lies
He's Shinjyuku James Dean
Keep on living but you never leave alive

出典: Dead End in Tokyo/作詞:Kamikaze Boy・Jean-Ken Johnny・Patrick Stump 作曲:Kamikaze Boy・Jean-Ken Johnny・Patrick Stump

まずは映画「新宿スワンII」主題歌「Dead End in Tokyo」がランクイン。


出だしからライブで盛り上がりそうなハードさがたまりませんが、サビで変化するメロディアスな曲調が夜の街・歌舞伎町特有の妖艶さを引き出しています。


歌詞には、新宿スワンの舞台を連想させるドンペリ歌舞伎町なども含まれており、同時に大人のディープな世界感も描かれている楽曲です。

9位、「Memories」

くだら無いことで笑い
くだら無いことで泣いた
今だってそうだろう
We had to say good bye

出典: Memories/作詞:Kamikaze Boy・Jean-Ken Johnny 作曲:Kamikaze Boy

9位はJR「SKISKI」のCMソング、「Memories」です。


語りかけるような歌い方が特徴的なこの曲。


特に英語の歌詞の部分は、その余韻が雪景色とともに、白い息を吐いて佇んでいるようにも思わせてくれるでしょう。

8位、「Dog Days」

Yeah Yeah Can I seize it to
Yeah Yeah And reveal it to
Yeah Yeah Breaking out out from the boring days
Calling up the dog days to live again

出典: Dog Days/作詞:Kamikaze Boy・Jean-Ken Johnny 作曲:Kamikaze Boy

8位は「アサヒドライゼロ」のTVCMソング、「Dog Days」です。


これからストリートファイトでも起こるのかのような電子音との掛け合いがカッコいいですね!


「Yeah Yeah~」と続いていく歌詞も気持ちよく、ライブで盛り上がること間違いなしの楽曲になっています♪

7位、「FLY AGAIN」

Find what is the truth, life just seems so cruel
Winner, loser never know who’ll finally be the fool
Just release your heart
Light it on, Alert
The one and only matter that’s the story and the start

出典: FLY AGAIN/作詞:Kamikaze Boy・Jean-Ken Johnny 作曲:Kamikaze Boy

7位はテレビ東京系列「ゴッドタン」6月のエンディング・テーマ及びテレビ神奈川「Mutoma」6月度のオープニング&エンディングテーマ、「FLY AGAIN」です。


サビの「Fly Again~」の部分が最高に気持ちよく、マンウィズといえばこの曲のイメージが強い方も多いのではないでしょうか。


また、「Just release your heart」(ただ心を解き放とう)などのように、人生観についても考えさせられる歌詞にもぜひ注目してみてくださいね!

6位、「database feat.TAKUMA(10-FEET)」

咲き乱れた花のように 鮮やかな痛み抱き
佇む街を抜けて 迷いのセリフは捨て
還らない声よ響け
We say Wow Wow Wow Wow

出典: database feat.TAKUMA(10-FEET)/作詞:Kamikaze Boy・Jean-Ken Johnny・TAKUMA 作曲:Kamikaze Boy

6位はNHKEテレアニメ「ログ・ホライズン」のオープニングテーマ曲、「database feat.TAKUMA(10-FEET)」です。


タイトルにもあるように、TAKUMA(10-FEET)とのコラボ曲になっています。


マンウィズのリズミカルかつハードなロックとTAKUMAのラップが上手く溶け合ってるところも最高です!


ここで紹介している歌詞は、ガンガン煽っていくような歌い方で始まってから訪れるので、一行目の歌詞からワクワクしてしまいますよ♪

5位、「Seven Deadly Sins」

5位はTVアニメ「七つの大罪」のオープニングテーマ、「Seven Deadly Sins」です。


伸び伸びと歌い上げていくところが魅力的なこの曲ですが、程よい重低音とのバランスでしっかりと熱いロックも聴かせてくれています!

罪を越えて叶えたい願いとは…

People falling into the seven deadly sins
彷徨い続け 辿り着いた
光を求め 願いよ叶え
あらゆる罪を越えて

出典: Seven Deadly Sins/作詞:Kamikaze Boy・Jean-Ken Johnny 作曲:Kamikaze Boy

「One~」・「Two~」とカウントしていく流れから、ここで紹介している歌詞に入っていくことで、情景がガラッと変わっていく感じが幻想的でいいですよね♪


アニメの世界観も感じられるラストの部分にも、未来への希望が感じられ、胸が熱くなるでしょう!

4位、「Emotions」

4位は映画「HK 変態仮面」の主題歌及びテレビ朝日系「お願い!ランキング」の2013年2月度エンディングテーマソング、「Emotions」です。


この曲は最初から最後までとにかくカッコいい!!


疾走感のあるドラムが心地良く、透き通った歌声とのバランスがたまりません!!

自分の感情を貫いてゆけ!!

手を広げ高く 空へ飛ぶだけ
目を閉じ心の 声を叫ぶ

出典: Emotions/作詞:Kamikaze Boy・Jean-Ken Johnny 作曲:Kamikaze Boy

タイトル「Emotions」(感情)にあるように、歌詞には感情で動くことの大切さが描かれています。


ここで紹介している歌詞の部分では、自分の感情を吐き出すことによって得られる開放感のように、ボーカルとコーラスが生み出す神聖な歌声が素敵です♪

3位、「My Hero」

3位はフジテレビ“ノイタミナ”アニメ「いぬやしき」のオープニングテーマ、「My Hero」です。


フル・オーケストラでのレコーディングでも注目されたこの曲。


マンウィズのロックに弦楽器の小刻みに奏でる音で生まれる緊迫感や、フルートなどの管楽器が生み出す柔らかさ。


ハードなロックがこんなにも曲中で表情を変えていくなんて…と、素直に聴き入ってしまいます!

この戦いを終わらせるにはどうすれば良いのか…

信じ 喜び 叶え 巡り会い
きっとまたいつか そう君に会う
Hit me on the ground Hit me on the ground

出典: My Hero/作詞:Kamikaze Boy・Jean-Ken johnny 作曲:Kamikaze Boy

「Hit me on the ground」と何度も繰り返すことにより、地面に叩きつけられても諦めない強い意志を感じられますね。


ヒーローの存在を信じることで、たとえ終わりの見えない戦いの中でも、立ち向かうことが出来る。


このように、男らしくて熱い戦いを連想させる歌詞になっていますよ!

2位、「Raise your flag」

2位はMBS/TBS系TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のオープニングテーマ、「Raise your flag」です。


ガンダムのスピード感のあるバトルを連想させる音楽と、太い声で歌い上げていくサビのバランスが非常にカッコいい曲になっています。

何度でも這い上がって進め!!

Raise your flag
声の限り
声の限り
声の限り叫んで

出典: Raise your flag/作詞:Kamikaze Boy・Jean-Ken Johnny 作曲:Kamikaze Boy

「声の限り」と繰り返していくこの曲。


伸びやかに歌ったり、「か・ぎ・り」と刻むように歌っていくことで、ギリギリの状態でも踏ん張って這い上がっていくイメージがわいてきますね!

1位、「Freak It! feat.東京スカパラダイスオーケストラ」

1位は東京スカパラダイスオーケストラとのコラボ曲、「Freak It! feat.東京スカパラダイスオーケストラ」です!


ドラマ25「MASKMEN」のオープニング及び「JFL presents FOR THE NEXT supported by 日本セーフティー」「スーパーラグビーサンウルブズ」のテーマとしても注目されています。

思いっきり盛り上がれる!!

You got the perfect vibe
Freak it! Freak it!
憂さを晴らし
Kick it! Kick it!

出典: Freak It! feat.東京スカパラダイスオーケストラ/作詞:Kamikaze Boy・Jean-Ken Johnny 作曲:Kamikaze Boy

東京スカパラダイスオーケストラとのコラボだけあって、スカバンドの弾けるサウンドがより攻撃的な歌詞を引き立ててくれています。


ここで紹介している歌詞の、ラスト二行の流れもオシャレかつカッコよく決まってますね!!

おまけ

1位がコラボ曲というのはちょっとマンウィズファンの方に申し訳ないので、10位の「Dead End in Tokyo」つながりで映画「新宿スワン」の主題歌、「Dive」を紹介します♪


MVには映画の主演俳優、綾野剛も出演しており、音楽だけではなく映像も最高に楽しめますよ!!

まとめ

ここまで、マンウィズの2018年おすすめの人気曲について、歌詞とともにランキング形式で紹介してきましたが、究極の生命体が生み出す楽曲はどれもカッコいいですね!!


1位は発売日の影響か、コラボ曲になっていますが、おまけの曲&イケメン俳優綾野剛でどうか癒されてくださいませ♪


まだまだ計り知れない才能を秘めたオオカミバンド、マンウィズからは、今後も目が離せませんね!!

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

音楽に限らず、その時自分が「キュン!」と感じたものにのめり込んでいく、本能型ライターのおからです。

最近はイケメンに飢えてるので、イケメンに癒されたい願望が強く、イケメン+メンテナンスで「イケメンテナンス」(行け!メンテナンス)を実行しようと、近所のイケメン歯科に予約しようか悩み中…
虫歯あるから早く行け!と誰か背中を強く押してやってください(涙)

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索