槇原敬之さんについて

「彼女の恋人」(槇原敬之)は僕の友達…!難しい三角関係を描き切った名曲!歌詞の意味を徹底解釈!の画像

槇原敬之さんと言えば、「どんなときも。」や「もう恋なんてしない」がとても有名ですよね。

ソフトで耳障りのよい声は、いつ聴いても癒やされます。あれほどの美声の持ち主はなかなかいないのではないでしょうか。

マッキーの相性で親しまれる槇原さんは、1969年生まれの48歳です。

この年齢であの美声とは・・・さすがという他ありません。

槇原 範之
1969年5月18日(48歳)

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/槇原敬之

高校生の時からすごかった

槇原敬之さんは、まだ高校生だった1985年、坂本龍一さんが担当していた番組『サウンドストリート』で楽曲が流された経験があります。

デモテープコーナーの中で、槇原さんは「C・M・C」(コンプレッサーズ・ミュージック・クラブ)という名前で「HALF」という曲を応募し、坂本さんから言う事なし、と褒められたのです。

そして応募した曲がフルコーラスで流されるという異例の事態となりました。

まだ16歳ながら、すでに才能の片鱗をうかがわせるエピソードですね。

それだけでなく、この曲は企画内での優秀作品をまとめたコンピレーション・アルバム『Demo Tape-1』にも収録されました。

ラジオに応募した曲があの坂本龍一さんに絶賛された上、フルオンエアされ、しかもアルバムにも収録されてしまうなんて、さすがすぎるエピソードです。

5年後にはデビュー

5年後の1990年には「AXIA MUSIC AUDITION '89」でグランプリを獲得し、音楽ファンの投票で「一万人審査員賞」にも選ばれています。

その年の10月には、シングル「NG」、アルバム『君が笑うとき君の胸が痛まないように』でデビューを果たしました。

ラジオで選ばれた時からは5年が経っていますが、若い才能を感じさせる、素晴らしいエピソードですね。

「AXIA MUSIC AUDITION '89」で、グランプリを獲得。デモテープを聴いた一般の音楽ファンからの投票で選ばれる「一万人審査員賞」とのダブル受賞であった。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/槇原敬之

「彼女の恋人」について

「彼女の恋人」(槇原敬之)は僕の友達…!難しい三角関係を描き切った名曲!歌詞の意味を徹底解釈!の画像

構想は数年前からあった

「彼女の恋人」は、1993年4月25日にリリースされた、7枚目のシングルです。実は、イメージしていた曲はデビューシングル「NG」の頃からあったそうです。

しかし、プロデューサーの木崎賢治さんから、「NG」にも取り入れられているブラックミュージックに対して禁止令が敷かれたため、そのタイミングでは制作できなかったそうです。

なぜ禁止されたのかは分かっていませんが、結果としてこのタイミングでリリースすることとなったわけですね。

「彼女の恋人」の歌詞が切ない?

「彼女の恋人」(槇原敬之)は僕の友達…!難しい三角関係を描き切った名曲!歌詞の意味を徹底解釈!の画像

こうして、数年越しにリリースすることとなった「彼女の恋人」ですが、その歌詞が切ないと言われています。

では、実際にどのような歌詞なのか、個人的な解釈も交えてご紹介します。

好きな人は親友の彼女

僕の車にそんな風に かんたんに乗れるんだね
確かにちゃんと家まで 送るつもりだけど
僕とあいつの間にいつか 入り込んできた君を
最初に好きになったのを 二人は知らない
雨続き終わった今夜 星がたくさん見える
あいつの前でならどんな
顔できれいねと言うの?

出典: 彼女の恋人/作詞:槇原敬之 作曲:槇原敬之

好きな人が自分の車に乗り込んでくる・・・本当なら、とても幸せなことのはずです。しかし、彼女は親友の恋人なんですね。

警戒もされないのが、それだけ信頼されている証でありながら、可能性がゼロであることを証明してもいます。

誰も知らないけれど、本当は自分が先に好きになった人。その人が自分ではなく親友と付き合っているというのは、とても複雑で苦しいですよね。