Perfume

Perfume「Spending all my time」の和訳&気になる歌詞の意味を紐解く♪の画像

意外と苦労人な3人娘

広島のローカルアイドルとしてデビューしたPerfume、実はデビューに2度失敗しています。

2003年、最後のデビューとして上京した彼女たちとタッグを組んだのが、当時テクノポップ界で名を馳せていたサウンドクリエイター、中田ヤスタカでした。

Perfume「Spending all my time」の和訳&気になる歌詞の意味を紐解く♪の画像

テクノポップとの出会い

Perfume「Spending all my time」の和訳&気になる歌詞の意味を紐解く♪の画像

彼と出会い、初めてテクノというジャンルに触れ「スウィードドーナツ」をリリースした彼女たち。

しかしアクターズスクール時代に教えられた歌い方とは全く違う彼のプロデュースに、最初は困惑していたそうです。

(この当時はR&B全盛。MISIA浜崎あゆみなど、歌い上げる系の女性シンガーが主流でした。)

近未来型テクノポップユニット

Perfume「Spending all my time」の和訳&気になる歌詞の意味を紐解く♪の画像

2005年、メジャーデビューシングルとして「リニアモーターガール」をリリース。

当時華やかな印象の強かったアイドル路線とは一線を画した、まるでロボットのような佇まいの彼女たちに注目が集まります。

セカンドシングル「コンピューターシティ」以降、作詞中田ヤスタカが手掛けるようになり、本格的にプロデューサーとして携わるようになりました。

木村カエラからのラブコール

Perfume「Spending all my time」の和訳&気になる歌詞の意味を紐解く♪の画像

2007年、まだまだ知名度が全国区ではなかったPerfumeの勝利の女神は木村カエラでした。

彼女のラジオ番組OH! MY RADIOに取り上げられたことをきっかけに、NHKのCMキャラクターとして起用され、一気に知名度を上げたのです。

そうです、「ポリリズム」の大ヒットは、皆さんの記憶にも強く残っているものではないでしょうか?

Perfume「Spending all my time」の和訳&気になる歌詞の意味を紐解く♪の画像

アイドルではなくアーティストとして

Perfume「Spending all my time」の和訳&気になる歌詞の意味を紐解く♪の画像

以降の活躍は皆さまも知っての通り。

アイドルではなく、一組のアーティストとして芯の通ったPerfumeの秘密は、その苦労の多さもあるのかもしれません。