Mama mia,mama mia,mama mia let me go-
Beelzebub has a devil put aside for me,for me,for me-

出典: Bohemian Rhapsody/作詞:Freddie Mercury 作曲:Freddie Mercury

“マンマミーア、マンマミーア、マンマミーア、解放してよ

ベルゼブブよ 僕の中から悪魔を片づけて僕のためにさ

僕のために 僕のために”

 

「mamma mia(マンマミーア)」はイタリア語で「私のお母さん」という意味で、英語で言うと「oh my God(オーマイガー)」。

「oh my God」は直訳すると「おお神よ」という意味。

冒頭で主人公が「母」と呼びかけていたのは実は「神様」なのかもしれない…

というのは深読みのしすぎでしょうか。

悪魔の王とも呼ばれるベルゼブブに「手下に自分から手を引くように言ってくれ」と頼んでいます。

もしかしたら罪を犯したのは悪魔のせいだと考えているのかもしれませんね。

ロックパートへ

歪んだ愛情から逃れた

So you think you can stone me and spit in my eye-
So you think you can love me and leave me to die-
Oh baby-cant do this to me baby-
Just gotta get out-just gotta get right outta here-

出典: Bohemian Rhapsody/作詞:Freddie Mercury 作曲:Freddie Mercury

“それで僕に石を投げつけて つばを吐こうとしてる

それで愛して死なせようとしている

ねえベイビーそんなこと僕に対してできないよベイビー

今すぐ出ていこう 今すぐここを出ていこう”

 

ここでロックパートになり、オペラパートとはガラッと歌詞の内容も変わります。

受け身な態度だった主人公は戦う意思を見せるのです。

「石を投げつける」というのは「罰する」という行為を表しています。

そして、「つばを吐く」は相手を「侮辱」する…プライドを傷つける行為を表したものでしょう。

その上で、「愛して死なせようとする」とはどういう意味でしょうか。

罰して侮辱しながらも愛する…とても歪んだ愛情ですよね。

主人公はそんな愛情を受けると、自分が死んでしまうような…心が不自由な状態になるんじゃないでしょうか。

そんな状態にはなりたくないと主人公は出て行ったのです。

著者は自分を理解してくれない家族との関係を表したような印象を受けました。

本当の歌詞の意味は現在まで明かされていないので、あくまで推測になりますが…

再び放浪へ

Nothing really matters,
Anyone can see,
Nothing really matters-,nothing really matters to me,

Any way the wind blows….

出典: Bohemian Rhapsody/作詞:Freddie Mercury 作曲:Freddie Mercury

“何にも問題ない

ご覧の通り

何にも問題ない

僕にとっては何にも問題ないのさ

どんな風が吹いても…”

 

辛い出来事を乗り越えた主人公は再び、放浪する「ボヘミアン」へと戻ります。

ここでまた最後に「風」が登場しました。

ひどい目にあったはずなのに、「何にも問題ない」と言いきる主人公。

どんな「運命」や出来事も受け止める「しなやかな強さ」が感じられますね。

最後に

罪を犯した少年が主人公の曲!

クイーン「ボヘミアン・ラプソディ」の意味を知ってる?歌詞を和訳して解釈!オペラ×ロックが紡ぐ物語の画像

「ボヘミアン・ラプソディ」についてご紹介しました。

罪を犯した少年が主人公の曲ではありましたが、心の葛藤も表しているように感じました。

今回、ご紹介した和訳歌詞の意味はあくまで著者が独自に行ったものです。

聴く人によってきっと歌詞の解釈は異なることでしょう。

6分弱という長さを感じさせないドラマティックな曲なので、改めて聴いてみてはいかがでしょうか。

関連記事のご紹介

「ボヘミアン・ラプソディ」以外にもクイーンには名曲が沢山あります!

こちらの記事では隠れた名曲まで網羅していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ボーカルのフレディ・マーキュリー亡き後も根強い人気を誇るイギリスのロックバンド、Queen(クイーン)。映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットで、彼らを知らない若い世代にまでその人気が広がっています。いつまでも色褪せない人気曲ランキングTOP10をご紹介しますので是非お楽しみください!

クイーンの新たなボーカリストに…という話も一時期あったレディー・ガガ

彼女の名前はクイーンの曲『RADIO GA GA(レディオ・ガ・ガ)』が由来なのはご存知ですか?

こちらの記事では彼女の代表曲『Born This Way』についてご紹介しています。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました♪

2011年にリリースされたこの曲は、まさにレディー・ガガの生き様そのもの。歌詞の解説とパフォーマンスの紹介をします。