Official髭男dism「115万キロのフィルム」

「エスカパレード」収録曲

「115万キロのフィルム」は、1stフルアルバム「エスカパレード」に収録されている楽曲です。

アルバムの顔ともいえる、1曲目に収録されている楽曲です。Official髭男dismを象徴するような楽曲でもあります。

”これから歌う曲の内容は僕の頭の中のこと”という歌詞から始まります。

アルバムの1曲目でもあるので、ちゃんと歌詞を聞こうという気持ちにさせてくれる、良い出だしとなる楽曲だと思います。

【115万キロのフィルム】Official髭男dismのアルバム収録曲!歌詞に込められた想いとは?の画像

これぞOfficial髭男dism!

音楽番組がきっかけとなり代表曲になった「Tell Me Baby」や、月9ドラマ主題歌となった「ノーダウト 」とは全く違った楽曲です。

それらの曲は歌詞重視ではなく、曲だけで楽しめるようなノリやすい曲調です。

「115万キロのフィルム」はそれらの曲とは違い、テンポもゆったりしているし、体を動かすのではなくゆっくり聴きながら楽しみたい曲です。

音源がYouTubeで先行公開!

「エスカパレード」がリリースされる前に、アルバム楽曲の中から「115万キロのフィルム」と「発明家」がYouTubeで先行公開されました。

フルサイズの曲が無料で聴けるなんて、とてもありがたいですね。

早い段階で曲を聴けるようになったのはとても嬉しいのですが、残念なことにMVは制作されていません。

ですが、「115万キロのフィルム」は結婚式にピッタリなラブソングです。この音楽に映像が乗って流れている姿がとても想像出来ます。

今後発表されることもあるかもしれません。石崎ひゅーいさんの「花瓶の花」のような、結婚式が題材となった壮大なMVを期待しています!

歌詞解説

出だしの歌詞に注目!

これから歌う曲の内容は僕の頭の中のこと
主演はもちろん君で
僕は助演で監督でカメラマン
目の奥にあるフィルムで作る映画の話さ Ah

出典: 115万キロのフィルム/作詞:藤原聡 作曲:藤原聡

Official髭男dismはボーカルの藤原聡さんが全曲の作詞を行っています。当たり前ですがどの歌詞も主観で書かれており、主人公がいます。

ですが、この曲は空想上の話です。音楽という物語の中に更に物語が入っているような感覚です。

かなり気取った、格好付けた男が主人公の曲です。

”目の奥にあるフィルムで映画を作る”なんてこと、筆者は一生口にすることはないでしょう(笑)。

くだらないなと笑ったんなら掴みはそれで万事OK!
呆れていないでちょっと待って
きっと気に入ってもらえると思うな
ここまでのダイジェストを少しだけ見せるよ

出典: 115万キロのフィルム/作詞:藤原聡 作曲:藤原聡

格好付けだと思ってもらえたのならそれで十分です。評価は悪くても、無関心に思われてしまうよりはマシだからです。

少しだけど興味を持ってもらえたところで、2人が出会ってから今日までを振り返ってみるのです。

”フィルム””ダイジェスト”など、普段映像などで使われる聞き慣れない歌詞が出てくるので、とても印象に残りやすいです。

初めて喧嘩した夜の涙
個人的に胸が痛むけれど
そのまま見続けよう
ごめんねと言って仲直りして手を握って…

出典: 115万キロのフィルム/作詞:藤原聡 作曲:藤原聡

長い間過ごしていると嫌な思い出だって出来てしまいます。

ですが、嫌な思い出だって2人にとっては大事な思い出です。

きっと、あの時の喧嘩が2人の絆を強くしてくれました。だから苦い思い出からも目を逸らしません。

喧嘩している2人を客観的に見て、自分の大人気なさにも気付けたかもしれません。

ほら、ここで君が笑うシーンが見どころなんだからさ Ah
写真にも写せやしないとても些細なその仕草に
どんな暗いストーリーも覆す瞬間が溢れてる
どれかひとつを切り取って
サムネイルにしようとりあえず今の所は

出典: 115万キロのフィルム/作詞:藤原聡 作曲:藤原聡