4人組ロックバンド「sumika」


神奈川発、ロックのグルーブとポップなメロディで独自のサウンドを作りあげる4人組ロックバンドsumika

2013年に結成後、若年層を中心に認知を広め、特に女性層から絶大な人気を誇る、筆者イチオシのロックバンドです。

sumikaは、ドラムギター・キーボード・ボーカルという少し珍しいメンバー構成のバンドです。

ロックらしい激しいビートや力強さはあまり見られませんが、ノリの良いおしゃれなグルーブとポップミュージックらしい軽やかなメロディで、聴く人の心を掴みます。

”sumikaサウンド”の魅力

sumikaバンドサウンドには、「ピアノ」が欠かせません。ピアノが入ることで軽やかな耳当たりになり、sumikaらしい爽やかなサウンドに昇華されているのだと思います。

「ロックなのにライト、ポップなのにグルービー」!

楽曲によって様々な表情を覗かせ、アルバム1枚をとってもそのバラエティの多さに驚かされます。

爽やかで心地良いメロディ描写力の高い歌詞バラエティに富んだ楽曲。たくさんの魅力にあふれた、2018年も目が離せないバンドと言えるでしょう。

筆者はsumikaが大好きなのですが、一番に感じる彼らの魅力は「居心地の良さ」と「安心」が感じられるという点です。

バンド名である「sumika」の由来は、「住処」という言葉です。「住むところ」「家」という意味の言葉ですね。

その名の通り、彼らが奏でる音楽には、”家に帰ってきたときのような安心感”や”心地よさ”というものがあるように思います。

それは明るいメロディであったり、着飾らない歌詞であったり。何より、ボーカルの柔らかい歌声と優しいコーラスには、そういったものを感じさせるパワーがあるのではないでしょうか。

いつどんな時に聴いても、ほっと落ち着ける。そんな不思議な魅力を持つバンドです。

CMに起用された楽曲は?

CMがきっかけで、sumikaという存在を知った!という方も多いのではないでしょうか。

オーディオテクニカ × Summer Vacation・アネモネ

ヘッドホンやイヤホンを扱うオーディオメーカーとのコラボレーションでは、sumikaの楽曲2曲が起用されています。

第1弾では、ジャズィーなメロディがクセになるナンバー「Summer Vacation」が起用。ちょっとビターな大人な恋愛を描いた、とってもおしゃれな1曲です。

第2弾では、自身初となるフルアルバムに収録された楽曲「アネモネ」が起用されています。こちらも失恋を描いたちょっと切ないナンバー。

ユニクロ × オレンジ

有名ファッションブランド「ユニクロ」から発売された「ふんわりルームウェア」とのコラボレーション。

このキャンペーンムービーのために書き下ろされた「オレンジ」という楽曲が起用されました。他にも、「ステテコ&リラコ」とのコラボレーションでは、唱歌「夏は来ぬ」をカバー。

sumikaカラーに染めて歌い上げています。見ているとついついほっこりしてしまうムービーですので、ぜひご覧ください♪

sumikaの人気曲「ソーダ」

爽やかなsumikaらしいナンバー

今回ご紹介する楽曲は、sumikaの楽曲の中でもとびっきり爽やかな人気曲「ソーダ」です。

「ソーダ」と韻を踏んだ歌詞が心地よく、つい口ずさんでしまう1曲ですね。爽やかでライトなメロディとは対照的に、その歌詞を見てみると少し悲しげなストーリー…。

その対比もまた楽曲に深みを出していて、ギャップが魅力的なナンバーでもあります。筆者的には、「夏に聴きたいsumikaの楽曲No.1」として推したい1曲です。

PVをチェック!

歌詞に注目!

2人と1匹のストーリーには
岩井俊二作品ぐらいの彩は無く
開始1年で見るも無残に
気が抜けちゃって
夏の魔法みたいに弾けて消えた

出典: ソーダ/作詞:KENTA KATAOKA 作曲:KENTA KATAOKA