長きに渡り愛される曲「ホームにて」

【ホームにて/中島みゆき】気になる歌詞の意味を徹底解釈!手嶌葵や高畑充希もカバー♪の画像

中島みゆき「ホームにて」は、1977年6月にリリースされた3rdアルバム『あ・り・が・と・う』に収録されている楽曲です。

このアルバム「初めてアレンジャーとの共同作業のもとに制作したアルバム中島みゆきが語っています。

また同曲はNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」や「過保護のカホコ」(日本テレビ)の高畑充希や、槇原敬之らがカバーしています。

知ってるようで実は知らない中島みゆきのプロフィール

シンガーソングライターとして、ラジオパーソナリティとして絶大な人気を誇る中島みゆき。あまりにも大御所過ぎて、中島みゆきのプロフィールを知らないという方、実は多いのではないでしょうか。

ここではそんな中島みゆきのデビューから現在までの経緯を、ざっくりとご紹介しましょう。

北海道出身

1952年生まれ、北海道出身の中島みゆきは、1975年リリースした1stシングル「アザミ嬢のララバイ」でデビューしました。

数々のコンテストに出場して「コンテスト荒らし」の異名を持つほどとなり、デビュー前にすでに100曲以上ものオリジナル曲を制作していたそうです。

1975年開催された第9回ポピュラーソングコンテストつま恋本線会にて、中島みゆきは「傷ついた翼」で入賞

それを機にキャニオン・レコード(現ポニーキャニオン)からメジャーデビューしたのです。

「中島みゆきのオールナイトニッポン」スタート

【ホームにて/中島みゆき】気になる歌詞の意味を徹底解釈!手嶌葵や高畑充希もカバー♪の画像

1979年、ニッポン放送のラジオ番組「中島みゆきのオールナイトニッポン」がスタートしました。

歌のイメージとは180度異なる中島みゆきの軽快なしゃべりは、瞬く間に大人気に。同番組は1987年までの8年間も続く長寿番組となりました。

ドラマ主題歌が大ヒット

【ホームにて/中島みゆき】気になる歌詞の意味を徹底解釈!手嶌葵や高畑充希もカバー♪の画像

1990年代には、数々のドラマ主題歌を手がけた中島みゆき。

1992年放送ドラマ「親愛なる者へ」(フジテレビ)主題歌に起用されたのが「浅い睡り」は105.7万枚を突破。

1994年にリリースした「空と君のあいだに」は安達祐実主演大ヒットドラマ「家なき子」の主題歌に起用され、146.6万枚を売り上げました。

この他にも「旅人の歌」(1995)が103.6万枚「地上の星/ヘッドライト・テールライト」(2000)が111.6万枚といくつもミリオンセラーをたたき出しています。

チケット入手困難な「夜会」

【ホームにて/中島みゆき】気になる歌詞の意味を徹底解釈!手嶌葵や高畑充希もカバー♪の画像

1989年から開催している「夜会」は、言葉の実験劇場をコンセプトとし、演劇でもないミュージカルでもない、中島みゆきの世界観を凝縮したライブです。

1998年までは毎年開催していましたが、その後は不定期開催となっています。

2016年上演された「夜会VOL.19 橋の下のアルカディア」(18回公演の再演)まで毎回チケットは即SOLD OUT。極めて入手困難なライブとして有名です。

2013年から、それまでの夜会で歌われた楽曲を披露する「夜会工場」というガラコンサートが開催されています。

最新「夜会工場VOL.2」が2017年11月26日府中の森芸術劇場どりーむホールを皮切りに、2018年2月18日まで全国5箇所、18公演が開催されます。

「ホームにて」歌詞徹底解釈!

「ホームにて」作詞・作曲:中島みゆき

ここからは「ホームにて」の歌詞から、歌の真意を紐解きたいと思います。

ふるさとへ向かう空色の汽車