07. 飛行艇

「飛行艇」の音楽性

ANA 国内版テレビCM『ひとには翼がある』篇CMソング

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/CEREMONY

2幕の始まりを告げる歌もの楽曲は、CMソングの「飛行艇」。

大きなライブ会場で鳴り響く音作りというアルバムのテーマを牽引する、巨大スケールのロックナンバーです。

ヒップホップ感あふれる4つ打ちビートですが、テンポはゆったり遅いというギャップが魅力。

ギター、シンセベースエレキベースはシンプルながらもエフェクトによりダイナミックな音色になっています。

左右のチャンネルを駆け巡るASMR(自律感覚絶頂反応)みたいなギターソロ、オートワウのかかったベース

超ハイトーンでロック魂を炸裂させる井口理さんの歌声も聴きどころです。

「飛行艇」の物語性

King Gnu【CEREMONY】アルバム収録曲解説!これは新たな幕開け?バンドの物語に触れようの画像

過去を祝え
明日を担え

出典: 飛行艇/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

この歌詞を見る限り、これまでのバンド活動の功績を喜んでいる様子です。

これからもKing Gnuらしい音楽を生み出す気概も感じられます。

8. 小さな惑星

「小さな惑星」の音楽性

Honda「VEZEL」『PLAY VEZEL 昼夜』篇 CMソング

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/CEREMONY

「小さな惑星」もCMソングとしてもおなじみ。

メンバー4人中唯1人のJ-POP育ち、井口理さんの優しい歌が響きます。

耳なじみのいいメロディと、歪んだギターソロの掛け合わせが絶妙です。

ライブ感あふれるロック寄りのサウンドですが、ベースドラムでブラックテイストも醸し出しています。

「小さな惑星」の物語性

King Gnu【CEREMONY】アルバム収録曲解説!これは新たな幕開け?バンドの物語に触れようの画像

結局何処へも行けやしない僕らは
冬の風に思わずくしゃみをした

終わらない歌を 歌っているんだ

出典: 小さな惑星/作詞:Daiki Tsuneta 作曲:Daiki Tsuneta

常田大希さんは米津玄師さんの「爱丽丝」(アリス)という楽曲をプロデュース・編曲しました。

アルバム「BOOTLEG」の収録曲です。

日本ではしっかりサビのある歌もの楽曲でないと幅広く聴いてもらえない。

そんな「日本のサビ文化」について教えてくれたのは米津玄師さんだったと常田大希さんは感謝されています。

さて「どこにも行けない」という歌詞が多いと話題の米津玄師さん。

その点も見習ったのでしょうか。

King Gnuまでどこにも行けなくなったようです。

それでも歌い続けている状態。

さらにこの歌詞からザ・ブルーハーツの曲名を連想した方もいるのではないでしょうか。

井口理さんがリスペクトするザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトさんはKing Gnuと同じレーベルに所属。

長く音楽活動を続ける大先輩です。

しかし、どれほど音楽的才能にあふれていても音楽を生み出すモチベーションが下がると継続は難しくなります。

King Gnuは大丈夫なのでしょうか。

9. Overflow

「Overflow」の音楽性