クリスマスは洋楽で決まり!人気&定番曲10選!

2017年10月15日更新

【アルエ/BUMP OF CHICKEN】は超有名キャラAに贈られた曲だった?!隠された意味に震撼!

アニメやゲームとのタイアップ曲も多いBUMP OF CHICKENの楽曲。 あの名曲「アルエ」にも、実はそんな彼ららしい秘密があったのです…!

BUMP OF CHICKEN

幼馴染4人が結成したJ-ROCKバンドBUMP OF CHICKEN(通称バンプ)。


アニメやゲームとのタイアップ曲も多く、デビューから15年以上経った今も、若い世代から愛され続けている稀有なアーティストでもあります。

本人たちもゲームやアニメ好き

タイアップとして担当した『ファイナルファンタジー零式』(テーマソング『ゼロ』を担当)などの特集インタビューでも多く語られているとおり、メンバー全員ゲームやアニメ好きを公言するBUMP OF CHICKEN


「モンスターハンター」は全員でプレイするなど、仕事の待ち時間や空き時間などに遊んでいるようです。

新世紀エヴァンゲリオン

1995年10月より放送がスタートしたSFアニメーション。


原案及び監督は、スタジオジブリに在籍していた経歴も持つ庵野秀明さんです。


2016年に公開され、大ヒットした「シン・ゴジラ」も記憶に新しいところですね。


一部のファンの間では、カメラワークやBGMの使い方などが「ヱヴァっぽい!」と熱狂されました。

最終回

貞本義行によるコミカライズ(漫画化)もされており、アニメに先行する形で『月刊少年エース』にて1995年2月号から連載開始。


この時代の傑作アニメーションの多くがそうですが、こちらも長く完結せず、1995年から17年の時を経て、やっと完結と相成りました。


(2013年6月4日発売の『ヤングエース』7月号で最終回を迎え、その号は完売が続出し社会現象にまでなりました。)


ですが、映画版は未完。


マンガと類似した結末なのか、それともまったく別の新しいエンディングを迎えるのか、多くのファンが今か今かとその時を待っています。

終末世界で戦う少年少女たち

未曽有の大災害「セカンドインパクト」が起きた直後の世界(2015年)を舞台に描かれる物語。


主人公のシンジは、そんな世界に現れた謎の敵「使徒」と戦う兵器「ヱヴァンゲリヲン」のパイロットという使命を持った14歳の少年。


世界を救うために戦う一面(大きな使命)と、自分を捨てた父親との確執や、女性に対する気恥ずかしさなど思春期らしい一面(小さな悩み)の対比が作品の大きな魅力のひとつ。


後の爆発的なアニメ人気に多大な影響を残したといわれています。

綾波レイ

そんな物語の絶対的ヒロインとして登場するのが、シンジと同じくヱヴァンゲリヲンのパイロットであり、ショートカットとクールな表情が印象的な美少女、綾波レイ。


口数が少なく生い立ちも不明でミステリアスな一方、戦いに対しては無鉄砲で、放っておけない魅力にあふれた彼女は、世界中に多くの男性ファンを持っています。


多くの有名人が彼女への愛を語っており、BUMP OF CHICKENのボーカル藤原もそんなひとり。

アルエ

2004年3月にリリースされた7枚目のシングル


カップリングは約7分間の大作Ever lasting lie」(Acoustic Version)です。


(もちろん、毎度おなじみ隠しトラックもあるよ!)

タイトル

タイトルの「アルエ」とは、綾波レイのイニシャルR・A(アールエー)”をもとにしたもの。


曲中に登場する愛しの女の子”アルエ”も、綾波レイそのもの。


それもそのはず、この曲は藤原が彼女に本気で恋をして生み出したものなのです。


詳しく見ていきましょう。

歌詞

白いブラウス似合う女の子 なぜいつも哀しそうなの
窓際に置いたコスモスも きれいな顔うなだれてる
青いスカート似合う女の子 自分の場所を知らないの
窓ぎわに置いたCOSMOSも 花びらの色を知らないの

出典: http://j-lyric.net/artist/a000673/l0025a9.html

白いブラウスと青いスカート。


綾波レイが直用していることの多い、学校の制服の配色ですね。


「花びらの色を知らないの」とは、彼女が自分の美しさについてまるで無頓着なことを意味しているのでしょうか。

ハートに巻いた包帯を 僕がゆっくり解くから
日なたに続くブリッジを探しておいで
哀しい時は目の前で 大声出して泣いてよ
そんな寒いトコ今すぐ出ておいで アルエ…

出典: http://j-lyric.net/artist/a000673/l0025a9.html

「ハートに巻いた包帯」とは、傷だらけの心、と取れそうです。


劇中でも綾波レイはよく怪我して包帯まみれになってますしね。


心に布と書いて「怖い」と読みますが、怖がっている彼女の心に、そっと包帯を巻いてあげたい、そんな気持ちが伝わってきます。


「ブリッジ」、橋や船の甲板という意味ですが、わたしには「橋」に読めました。


「日向に続く橋」、なんとなく、ヱヴァンゲリヲンから降りてほしいって言っているようにも聞こえますね。


「そんな寒いトコ」はヱヴァンゲリヲンの中にも聞こえますし、まるで生活感のない彼女の部屋、あるいは独りで生き続ける人生そのものかもしれません。

君は人より少しだけ 無器用なだけの女の子
「ウレシイトキドンナフウニ ワラエバイイカワカンナイ…」

出典: http://j-lyric.net/artist/a000673/l0025a9.html

この部分は、作品の中の綾波レイの名ゼリフ、


「こういう時、どんな顔すればいいのか分からないの」


からきていますね。


あのシーンで綾波レイにノックアウトされたファン、多いんだろうなあ…。

ハートに巻いた包帯も もうすぐ全部ほどけるよ
怖がらないで素顔を見せてごらんよ
「ウレシイトキニワラエタラ」「カナシイトキニナケタラ」
そんな寒いトコ今スグ出て こっちにおいで
ハートに咲いたコスモスが 枯れないように水をやろう
青空の下でゆれていてスゴクきれいさ
ブリッジで撮ったスライドは 君が生きてるって証拠さ
暖かい日溜りの中で一緒に 手を叩こう

出典: http://j-lyric.net/artist/a000673/l0025a9.html

なんでコスモスかというと、作品の中で綾波レイの部屋にもコスモスが置いてあるシーンがあるから。


余談ですが、コスモスの花言葉は「乙女の純潔」。


うーん、ぴったり。

終わりに

いかがでしたでしょうか?


2014年にリリースされた楽曲rayもまた、綾波レイっぽく聞こえる!と話題になっていますが、真相はどうなのでしょう?


聴き比べも楽しいかもしれません。

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索